Home > 健康トピックス > 健康レシピ > vol.105 冬キャベツ

vol.105 冬キャベツ

葉野菜

レシピ vol.105


冬キャベツ


       

 冬に出回るキャベツは甘味があり、葉が肉厚なので煮崩れしにくく煮込み料理や温野菜料理にぴったりです。また、水っぽくないので炒め物にもよく合います。

 丸いものはずっしり重みがあり、巻きが固いものを選びましょう。
カットしてあるものは、葉に隙間がなく、芯の長さが全体の半分以下のものを選びましょう。芯が長いと成長し過ぎておいしくありません。 外葉の色が紫がかっているものは、露地で寒さにあたり甘味があります。

 キャベツは、水分をいかに保つかがポイントになります。カットして保存すると、切り口から水分が失われるので丸のままの保存がベストです。 芯から傷みやすいため、芯をくりぬき水で湿らせたキッチンペーパーを 詰めて冷蔵庫に入れて保存するとよいでしょう。

 ビタミンA.B1.B2.C.K.Uのほか、ミネラル分も多くカルシウム、カリウムや食物繊維なども含まれています。特にビタミンUは、キャベツから発見され"キャべジン"と呼ばれました。
胃や十二指腸の胃潰瘍発生抑制効果があると言われています。


 体重増加や血糖値が気になる方にオススメなのが、食前にお皿一杯のキャベツを食べてから食事を食べる。という"キャベツダイエット"です。食物繊維を胃に入れておくことにより、急激な血糖上昇を抑制してくれるという作用が期待できます!ただ、マヨネーズや油たっぷりのドレッシングをかけると、カロリー過剰になってしまうので注意してくださいね。


材料:1人分  1人分40Kcal
キャベツ 1枚
きゅうり 15g
赤ピーマン 10g
黄ピーマン 10g
 
 
だし汁 大さじ1
大さじ1/2
しょうゆ 小さじ1/2
パルスイート 小さじ1/2
オリーブ油 小さじ1/2
作り方
1. キャベツは外側からはがしていき、軟らかく茹でる。
2. きゅうりはせん切りにする。
3. 赤ピーマンと黄ピーマンはせん切りにする。
4. 1.の水気をキッチンペーパーで拭き取り、中央に2.と3.を置きクルクルッと巻く。
5. 4.を食べやすい大きさに切って器に盛る。
6. カッコ内の調味料を合わせてドレッシングを作り、食べる直前にかけていただく。








材料:作りやすい分量 1人分64Kcal
キャベツ 100g
ベーコン 10g
コンソメ 適量(お好みで調整)
黒こしょう 少々
作り方
1. キャベツとベーコンは食べやすい大きさにザク切りにする。
2. 鍋に適量の水と材料すべてを入れ弱火でコトコト煮る。
3. 熱々を皿に注ぎ、黒こしょうを振っていただく。


レシピ集インデックスへ