Home > 健康トピックス > 健康レシピ > vol.77 たちうお

vol.77 たちうお

海藻・魚介類

レシピ vol.77


太刀魚(たちうお)


            
          


本州中部から西にかけて多く生息する回遊魚で、銀白色に輝く細長い魚体がとても美しいことから英語ではサーベルフィッシュやリボンフィッシュとも呼ばれています。スーパーでは切り身のパックで並べられていることが多く、魚一匹を見ることは稀ですが、大きいものでは 1.5mに達するものもあります。




栄養
EPA ・ DHA
肉類にはない栄養素で、血液が血管をスムーズに流れるようにして、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧などの予防が期待できます。あっさりした白身魚よりも、イワシ、サンマ、サバのような青魚に多く含まれていますが、これらの魚は1グラムあたりのカロリーが白身魚よりも高いため食べすぎは禁物です。

*ワンポイントアドバイス*
白身魚のタチウオですが、青魚と同じくらい脂肪を多く含んでいます。30g=1単位を目安に食べましょう。
ビタミンD
体内のカルシウムの出入りを調節する役割をもっています。カルシウムとともに丈夫な骨をつくるために必要な栄養素です。

?豆知識?
タチウオの体の銀色の色素は鮮度が落ちるとはがれおちるため、タチウオを選ぶ際の目印となります。

選び方
切り身を買う場合は銀色がしっかりと着いていて、切り口の肉質が透き通ったピンク色をした肉厚なものを選びましょう。
   



タチウオのカルパッチョ


タチウオのカルパッチョ 材料1人分 110kcal
<わさびドレッシング>
タチウオ(刺身用) 30g 大さじ1/2
赤ピーマン 10g オリーブ油 1g
黄ピーマン 10g 練りわさび 小さじ1/4
玉ねぎ 20g しょうゆ 小さじ1/2
しそ 1枚 少々
レモン 適量
作り方
1.タチウオを焼き網で表面をサッとあぶって冷水にとり、水気を拭き取って食べやすい大きさに切る。
2.玉ねぎは薄くスライスして水にさらした後 ザルにあげ、しそ、赤・黄ピーマンは千切りにする。
3.わさびドレッシングを合わせ、野菜とタチウオを彩りよく盛り付けた上にふりかけていちょう切りにしたレモンを2,3枚ちらす。





タチウオの黒ゴマソース


タチウオの黒ゴマソース 材料1人分 130kcal
<黒ゴマソース>
タチウオ 30g 白味噌 小さじ1
ほうれん草 40g 黒ゴマ(練り) 小さじ1/2
ナス 1本 パルスイート 小さじ1/8
ミニトマト 1個 だし 適宜
1g 塩・こしょう 各少々
作り方
1.タチウオは筒切りにして両面に切れ目を入れ、グリルで焼き色をつける。ほうれん草はゆがいたあと冷水にあげ、水をよくきって3cmの長さに切り、油で炒め、塩・こしょうで味を整える。
2.ナスを焼き網の上にのせ、ナスがやわらかくなるまでしっかりと焼く。
  焼きあがったら扇風機などの前で粗熱をとり、皮をむく。
3.ボウルに黒ゴマソースを練り合わせ、だしを少しずつ調節しながら加える。
4.皿に(2)のソースを敷き、焼きあがったタチウオをのせ、その上に焼きナス、炒めたほうれん草をうず高く盛りつけ、ミニトマトを添える。