Home > 健康トピックス > 健康レシピ > vol.31 レモン

vol.31 レモン

果物

レシピ vol.31


レモン



栄養 レモンの酸味の主成分は、クエン酸で体内の疲労物質を分解し、代謝をスムーズにし、疲労回復に役立ちます。
食べ方のポイント 果汁は、肉・魚・野菜料理、いずれにもさわやかな香りと風味を加えます。料理の下ごしらえや仕上げに利用すると、塩分控えめに調味しても酸味によってカバーできます。
調理のポイント レモンのビタミンCは壊れやすく、香りもとびやすいため、切ったり絞ったりは、調理の直前にすること。
選び方 やわらかく、香りのよいもの。濡れたようなつやがあるもの。
表皮がなめらかで、色むらがなく張りがあって重いもの。


レモン風味焼き

レモン漬け

レモン風味焼き 1人分 130kcal

レモン風味焼き
材料1人分
鶏もも肉皮なし 60g
レモン輪切り 2枚
レモン汁 少々
白ワイン 少々
塩コショウ 少々
小麦粉 2g
1g
いんげん 30g
人参 10g
しめじ 10g
コンソメ 1g
(1)鶏肉をレモン汁、白ワインに、つけておく。

(2)(1)に、塩コショウをし、小麦粉をつけて、油をひいて焼く。

(3)いんげんは3cm、人参はせん切り、しめじは小房にして、ソテーし、コンソメで味をつける。

(4)鶏肉を皿に盛り、(3)のソテーを添える。




レモン漬け 1人分 25kcal

レモン漬け
材料4人分
白菜 100g
大根 100g
きゅうり 100g
レモン 50g
少々
(1)白菜はせん切り、大根はいちょうのスライス、きゅうりはスライスにし、塩をして、漬ける。

(2)レモンは、いちょうのスライスに切って(1)に混ぜる。