Home > 健康トピックス > 健康レシピ > vol.125 かいわれ大根

vol.125 かいわれ大根

その他

レシピ vol.125


かいわれ大根


         
    

 かいわれ大根はアブラナ科の食物で歴史は古く、平安貴族が食していた高級食材だったそうです。貝の二枚殻が開いた形に似ていることから、この名前がつきました。貝割菜、摘み菜とも呼ばます。
大根の発芽直後の芽を摘んだものでスプラウト(発芽野菜)食材の先駆けとなった野菜です。植物は発芽するとき最も生長する力を持ち、ビタミンやミネラルなどの栄養を多く合成します。そのため大きくなった野菜よりも発芽して数日後のスプラウトの方が少量でも十分な栄養が摂れるのです。


かいわれ大根を食べた時に感じる辛味成分イソチオシアネート
消化をよくする作用や殺菌作用が期待できます。また、かいわれ大根には葉酸、ビタミンK、ビタミンA、カルシウムも多く含まれます。
〜葉酸〜
  細胞の新生や赤血球の形成に不可欠なビタミンB群の一種。
認知症予防や胎児の神経障害(二分脊椎症)の予防に果たす役割が注目されています。特に妊娠を計画している女性に関しては、胎児の神経障害のリスクを低減させるためにも妊娠の1ヶ月以上前から妊娠後3ヶ月の間、食品からの葉酸摂取に加えて栄養補助食品からも不足分を補うことが推奨されています。また、食事由来の葉酸は、たん白質と結合して存在しているため消化吸収機能が低下している高齢者では体内の葉酸が欠乏することがあります。
〜ビタミンK〜
  出血した時に血液を固めて止血する因子を活性化する役割をします。また、骨の健康維持にも不可欠で骨にあるたん白質を活性化し、骨の形成を促します。血液の抗凝固剤(ワーファリン)を服用中の方は、ビタミンKを多く含む納豆やモロヘイヤなどは避けるように指導されますがこれは、ビタミンKが薬の効きを悪くしてしまうからです。ただし、かいわれ大根を付け合わせ程度に食べるくらいは、問題ありません。








かいわれ大根のさっぱりサラダ 材料        1人分 107kcal
かいわれ大根 30g
紫たまねぎ   20g
オクラ 1本
絹豆腐 70g
うす口しょうゆ 小さじ1
柚子こしょう 好みで
オリーブ油 小さじ1
小さじ1
かつお節 少々
白ごま 小さじ1/2
作り方
かいわれ大根は食べやすく切り、紫たまねぎはスライスして水にさらす。
オクラはさっと茹でて輪切りにする。豆腐と一緒に野菜を彩りよく盛り付ける。
カッコ内のドレッシングをかけ、かつお節と白ごまをふる。



レシピ集インデックスへ