Home > 健康支援センター 健診 > マンモグラフィ装置のご紹介

マンモグラフィ装置のご紹介

この度、当施設では最新のデジタルマンモグラフィ装置を導入しました。新しいマンモグラフィ装置は、フィルムでの撮影ではなく、デジタル撮影となりますので、精度の高い画像が撮影できます。また、検査時の痛みを軽減するため、圧迫板が柔らかい素材になっており、検査時の負担も軽減され、受診者にとってやさしい検査機器となっています。

マンモグラフィ検査をリラックスして受けて頂けるよう、室内にも配慮した改装を施しております。 女性のための検査のため、女性技師の心配りとして、おしぼり、髪留めなども準備しておりますので、検査前後にご自由に利用下さい。

モニタ読影も始まりました

マンモグラフィ装置のデジタル化にともない、高精細5Mモニタによる読影を開始しました。
撮影と当時にマンモグラフィ画像の確認が瞬時にでき、乳腺診察室にも画像が配信され、迅速かつ効率的な読影が可能になりました。

また、胸部・胃部画像と同様、遠隔読影ネットワークを用い、市内基幹病院の専門医による精度の高い読影が行えるようになりました。