Home > こどもの健康 > 子どもの病気(内科編) > 人口呼吸と心マッサージの仕方

人口呼吸と心マッサージの仕方

お母さんが知っておきたい子供の病気
内科編

はじめに

  1. こどもの病気は
  2. こどもをよく観察しよう
  3. ホームドクターを持とう
  4. 救急病院の受診

    よくみるこどもの症状

  5. 発熱
  6. 嘔吐
  7. 下痢
  8. 腹痛
  9. 咳・喘鳴(ぜい・ぜい)
  10. けいれん(ひきつけ)

    こどもの事故

  11. 誤飲
  12. 転落・転倒
  13. 気道異物
  14. やけど
  15. 風呂場での事故

人口呼吸と心マッサージの仕方

予防接種の案内

こどもの病気インターネット案内

あとがき

人工呼吸のしかた

まず、大声で人を呼びましょう。
119番しやすいように電話器の近くで行い、わからなければ電話で指導を受けながらおこないます。

幼 児
幼児は鼻をつまみ口から息を吹き込みます




乳 児
乳児は口と鼻の両方を口でおおうか、または口を閉じて鼻から息を吹き込みます



片手で額を押さえて頭を軽く後方に傾け、他方の手であごを上方に引き上げます。3秒に1回、1分に約20回のペースで胸が軽くふくらむ程度に、ゆっくりと息を吹き込んでください。



心臓マッサージのしかた

呼吸がなく、手足を全く動かさなければ心臓の停止と判断し、心マッサージをします。

幼 児
幼児は手の平の根元で胸骨を圧迫します




乳 児
乳児は二本の指をもちいて胸骨を押し下げます





硬さのある平らな場所に寝かせ、乳首と乳首を結んだ線の上で胸の中央(胸骨)を押します。1分間に100回程度のペースで押してください。一人で行うときは人工呼吸1回に、心マッサージ5回を交互にします。



NEXT