Home > こどもの健康 > 子どもの病気(内科編) > 2.こどもをよく観察しよう

2.こどもをよく観察しよう

お母さんが知っておきたい子供の病気
内科編

はじめに

  1. こどもの病気は
  2. こどもをよく観察しよう
  3. ホームドクターを持とう
  4. 救急病院の受診

    よくみるこどもの症状

  5. 発熱
  6. 嘔吐
  7. 下痢
  8. 腹痛
  9. 咳・喘鳴(ぜい・ぜい)
  10. けいれん(ひきつけ)

    こどもの事故

  11. 誤飲
  12. 転落・転倒
  13. 気道異物
  14. やけど
  15. 風呂場での事故

人口呼吸と心マッサージの仕方

予防接種の案内

こどもの病気インターネット案内

あとがき

 こどもは自分の体調の不良をうまく言葉で表せません。しかし、その時にこどもはいろいろなサインをだしています。

 まず全体の印象は?ご機嫌は、活気は、普段と違いますか?表情をみてください。いきいきしているか、顔色や唇の色はどうか。そして呼吸は苦しそうか、意識はしっかりしているか、皮膚に発疹は出ていないかといった、一目で見てわかる症状を観察してください。

 食欲、睡眠、便、尿の状態も重要です。体温は実際に体温計で測って記録してください。そして全般的に元気そうで、見た目に特に変わりがなければ少し経過を見てよいでしょう。

NEXT