Home > こどもの健康 > 子どもの病気(内科編) > 3.ホームドクターを持ちましょう

3.ホームドクターを持ちましょう

お母さんが知っておきたい子供の病気
内科編

はじめに

  1. こどもの病気は
  2. こどもをよく観察しよう
  3. ホームドクターを持とう
  4. 救急病院の受診

    よくみるこどもの症状

  5. 発熱
  6. 嘔吐
  7. 下痢
  8. 腹痛
  9. 咳・喘鳴(ぜい・ぜい)
  10. けいれん(ひきつけ)

    こどもの事故

  11. 誤飲
  12. 転落・転倒
  13. 気道異物
  14. やけど
  15. 風呂場での事故

人口呼吸と心マッサージの仕方

予防接種の案内

こどもの病気インターネット案内

あとがき

医師へのかかり方

 こどもは乳幼児期にたくさんの病気にかかり免疫を身につけていきますが、その多くは通院だけで治る軽い病気です。その間に定期健診、予防接種なども受けていかなければいけません。

 成長とともに変化するお子さんの様子をしっかりと把握し、いつでも相談相手になってもらえる身近な医師「ホームドクター」をぜひつくってください。

 ホームドクターは日常的な医療を、総合病院は専門性をいかした医療をと機能分化がなされつつあります。医療機関の適切な利用を行ってください。

NEXT