Home > こどもの健康 > 子どもの病気(内科編) > 9.咳と喘鳴(ぜい・ぜい)

9.咳と喘鳴(ぜい・ぜい)

お母さんが知っておきたい子供の病気
内科編

はじめに

  1. こどもの病気は
  2. こどもをよく観察しよう
  3. ホームドクターを持とう
  4. 救急病院の受診

    よくみるこどもの症状

  5. 発熱
  6. 嘔吐
  7. 下痢
  8. 腹痛
  9. 咳・喘鳴(ぜい・ぜい)
  10. けいれん(ひきつけ)

    こどもの事故

  11. 誤飲
  12. 転落・転倒
  13. 気道異物
  14. やけど
  15. 風呂場での事故

人口呼吸と心マッサージの仕方

予防接種の案内

こどもの病気インターネット案内

あとがき

 咳はのどから気管支・肺までの空気の通り道に分泌物などが引っかかったときに、それを出そうとする防御反応のひとつです。煙やほこりをすって粘膜が刺激されても咳が出ることがあります。
喘鳴とは狭くなった気道を空気が通る音です

家庭での手当て・・・
★室内を乾燥させすぎないようにしましょう
★水分を十分とるようにしましょう
★湿った咳でたんの切れが悪いときは背中を軽くたたいてあげましょう
★タバコの煙などは禁物です



咳が出る病気

★かぜ かわいた咳
★喉頭炎(クループ) 犬がほえるような咳
★気管支炎・肺炎 湿った咳
★気管支喘息 ヒュー・ヒュー、ぜい・ぜいをともないます
★気道異物 急に咳こみ出し、息が吸いにくくなります
★百日咳 激しく咳きこんだあと大きく吸いこみます
            
急いで受診する必要があるのは

★咳やぜい・ぜいがひどく横になれず、顔色も悪いとき
★犬のほえるような咳がでて、息を吸いにくくなっているとき
★急に咳をしだして、苦しがっているとき
  (のどに何かをつまらせたとき)
などです

NEXT