いきいき健康メール 2011年12月9日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2011年12月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「肺炎を予防しましょう」
3 健康レシピ情報
4 行事・講演会情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ 12月1日は、「世界エイズデー」です。

 エイズ(後天性免疫不全症候群:Acquired Immunodeficiency Syndrome;AI
DS)は、ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus;HIV)によっ
て引き起こされる感染症です。HIVは、ヒトの免疫機構の中心であるヘルパーT
リンパ球(CD4細胞)に感染し、体を病気から守っている免疫力を破壊します。

 HIVに感染すると、数週間後に、インフルエンザや伝染性単核球症に似た症
状が出現しますが、自然に軽快します。その後、数年間は、自覚症状のない潜
伏期が続きますが、その間にも、ヘルパーTリンパ球の破壊が進み、免疫力の
低下が進行しています。感染から、数年~10年後に、帯状疱疹、カンジダ症、
カリニ肺炎、悪性リンパ腫など、日和見感染症や免疫不全による病気を併発し
、エイズ発症と診断されます。

 現在では、治療薬が進歩し、キチンと服薬すれば、エイズ発症を予防するこ
とができるようになっています。

 HIVの感染経路は、
(1) 性行為による感染
(2) 血液を介する感染
(3) 母子感染
の、3つだけで、現在、日本では、ほとんどが、「性行為による感染」です。

 2011年世界エイズデーの、国内啓発キャンペーンテーマは、『エイズとわた
し~支えることと 防ぐこと~』です。

 福山市でも、JR福山駅やさんすて、まなびの館ローズコムで、エイズ予防の
ための啓発グッズの配布、パネル展、HIV抗体の迅速検査などが行われました。

 日本国内でHIVに感染している人は、エイズ動向委員会の報告では、年間150
0人くらい増え続けており、累積感染者数は、2万人に達しています。福山市で
も、感染者は増え続けており、遠い世界の病気ではなくなっています。正しい
知識と理解で、他人ごとではなく「自分の問題」として考え、感染予防をする
ことが大切です。



■2■今月のトピック「肺炎を予防しましょう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日本人の3大死因が、第1位「悪性新生物(癌)」、第2位「心疾患」、第
3位「脳血管疾患」というのはご存知の方も多いと思いますが、第4位が「肺
炎」というのはあまり知られていません。

 肺炎で死亡する方のうち、95%以上が65歳以上で、肺炎の原因は「肺炎
球菌」が最も多いといわれています。

 乳幼児の細菌性髄膜炎も、原因の約80%は、「インフルエンザ桿菌b型(H
ib ヒブ)」と「肺炎球菌」です。どちらの菌に対しても、ワクチンがあり、
乳幼児(2ヶ月~4歳)については、現在、無料で予防接種が出来ます。

 インフルエンザに罹患した後に、細菌性肺炎を併発すると、重症化しやすい
、と言われています。免疫力の弱いお子様や高齢者、基礎疾患をお持ちの方は
、インフルエンザが流行する前に、「肺炎球菌ワクチン」と「インフルエンザ
ワクチン」を接種されることをお勧めします。

 ワクチンの接種と、「うがい・手洗い」や「せきエチケット」を徹底し、風
邪やインフルエンザの感染を防ぎましょう。

 「肺炎球菌ワクチン」には、成人用と小児用があります。ワクチンの接種に
つきましては、皆様のお近くのかかりつけ医(医院、病院)にご相談ください。

 全国的に「マイコプラズマ肺炎」の流行が話題になっています。
 福山市でも、感染拡大の可能性がございますので、ご注意ください。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『ほうれん草』を使った料理をご紹介します。

 ほうれん草には、βカロチン、鉄分、ビタミンCが含まれています。βカロ
チンは、がん発生や動脈硬化、心臓病の引き金となる悪玉酵素の発生を防いだ
り無害化したり、悪玉酵素に傷つけられた部分を治したりと大活躍する栄養素
です。このβカロチンは、油に溶けた状態でとると、体内での吸収が大幅にア
ップするので、1日に使える油(10g)の範囲内で、油炒めや少量のドレッシン
グ等を使うと吸収がよくなりますよ。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/hayasai/hourensou.html



■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●福山市医師会看護専門学校 出願期間のお知らせ
 第一看護学科(看護師3年課程) 一般入試 一次募集
 12月19日(月)~平成24年1月4日(水)必着

 准看護科 一般入試 一次募集
 平成24年1月16日(月)~1月25日(水)必着
 http://www.fmed.jp/kango/index.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 今年も残すところあと少しとなりました。
 今年は「いきいき健康メール」にご登録をいただき、誠にありがとうご
 ざいました。
 来年も皆様の健康に貢献できる内容をお届けしてまいりたいと思います。
 年末の大掃除、お正月の準備と何かと忙しくなる時期ですが、十分な休
 養と「うがい、手洗い、咳エチケット」で元気に年末年始をお過ごしく
 ださい。来年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■