いきいき健康メール 2012年6月8日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2012年6月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「熱中症を防ぐには」
3 健康レシピ情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎風疹が流行っています!

 風疹は、「三日はしか」とも言われ、発熱、発疹、リンパ節腫脹(耳介後部
、後頭部、頚部など)を特徴とするウイルス性発疹症です。麻疹(はしか)と
比べて、症状も軽く、予後は良好です。
 しかし、妊娠初期に感染すると、ウイルスが胎児に感染し、出生児に白内障
、心疾患、難聴などの障害が起こる「先天性風疹症候群」を発症することがあ
ります。

 今年は、昨年同時期の約2倍の患者が報告されており、特に、兵庫、大阪、
京都の関西圏で、患者が、著しく増加しています。

 予防接種が、唯一の予防手段です。
 平成6年度までは、中学3年生の女子だけが、定期予防接種の対象だったため
、20歳代から40歳代の男性患者が、増加しています。

 インフルエンザなどと同じように、咳、くしゃみなどの「しぶき」から感染
します。外出後の手洗い、うがい、「咳エチケット」を守りましょう。
 妊娠女性を感染から守るためにも、風疹に罹ったことがない人や予防接種を
受けていない人は、予防接種を受けることをお勧めします。

 数年前に岡山市で、先天性風疹症候群児出生が数例ありました。
近年、高年齢出産が増加をしていますので、風疹ワクチンによる抗体価が下が
ってきてから妊娠される人が見受けられます。妊娠予定年齢の女性の方は、自
主的にワクチンを受けられることをお勧めします。



■2■今月のトピック「熱中症を防ぐには」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 人は体温を一定に保つため、「熱の産生」と「熱の放出」をバランスよく調
節しています。このバランスが崩れ、体温が上昇すると熱中症になります。

 熱中症は死に至る恐れのある病態ですが、知っていれば予防ができ、適切な
対応で救命もできます。熱中症が増加する時期を前に、熱中症について理解を
深め、予防に心がけましょう。

1.暑さを避けましょう
 屋外では日陰を選び、帽子や日傘を利用しましょう。屋内ではすだれ・カー
テンなどで直射日光を防ぎ、風通しをよくしましょう。

2.服装に工夫しましょう
 熱を吸収しやすい黒色系の素材は避け、吸水性に優れた素材、吸汗・速乾素
材や軽・涼スーツなども活用しましょう。襟元はなるべくゆるめて通気をよく
しましょう。

3.こまめに水分を補給しましょう
 のどが渇く前に水分補給をすることが必要です。単なる水よりも市販されて
いるスポーツドリンクなどのほうが塩分・糖が含まれ水の吸収もよくなります。

4.急に暑くなる日に注意しましょう
 人が上手に発汗できるようになるにはある程度の慣れが必要です。暑くなり
始め、急に暑くなる日、熱帯夜の翌日などは注意が必要です。

5.個人の条件を考慮しましょう
 脱水状態のまま暑い環境に行くことは避けましょう。前の晩に深酒をしたり
、朝食を抜いていないか、睡眠は十分取れたか、発熱していたり下痢していな
いか、など該当するようであれば注意が必要です。

6.集団ではお互いに考慮しましょう
 個人の予防努力とともに集団ではお互いの配慮や注意も必要です。個人の体
調を観察し、体調不良を気軽に相談できる雰囲気を作りましょう。

(参考文献)
環境省熱中症予防情報サイト(http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/)



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『いわし』を使った料理をご紹介します。
 いわしに多く含まれるビタミンB2は成長と細胞の再生を助け健康な皮膚、
髪、爪を作るのに役立ちます。ビタミンDも多く含まれ、カルシウムを有効に
はたらかせてくれます。また、血液をサラサラにしたり、血栓や梗塞を防いで
くれるEPAやDHAという脂肪酸が含まれていますが、塩漬けのものや冷凍
ものでは効果は期待できません。
 においが気になる方は、しょうがと一緒に煮たり牛乳につけておくと気にな
らなくなりますよ。
 青魚は白身魚に比べてカロリーが高いので、一回に食べる量は40g(いわし:
中1尾)程度にしましょう。
 
「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/kaisou_gyokai/iwashi.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 衣替えの季節になりました。
 朝はまだ肌寒さを感じる日もありますが、小中高生の夏服や企業でのクー
 ルビズ実施など涼しそうな姿に夏の訪れを感じます。
 日差しの強い日や梅雨のじめじめした日など天候の変化が多い時期です。
 食事と休養、適度な運動で暑さに負けない体を作り、体調管理に気をつけ
 て夏本番を迎えましょう。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■