いきいき健康メール 2012年8月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2012年8月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「肝機能について」
3 健康レシピ情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎腸管出血性大腸菌(O157)による食中毒に注意しましょう!

 暑い日が続いています。キャンプに出かけてバーベキューをするなど、焼き
肉をする機会が多くなると思います。
 焼き肉をするときは、腸管出血性大腸菌(O157)に注意しましょう。
 腸管出血性大腸菌(O157)が原因で、昨年4月、焼き肉チェーンのユッケを
食べた客181人が食中毒になり、5人が亡くなって、ユッケが禁止になったのは
、記憶に新しいところです。
 
 腸管出血性大腸菌(O157)は、ウシ、ヒツジ、シカなどの、反芻動物の大
腸に常在しています。
 加熱不十分の肉を食べてから、3〜4日の潜伏期のあと、腹痛、下痢、血便
で発症します。菌量に関係なく発症しますので、少し食べただけでも、発症す
ることがあります。

 患者さんの介護をした人の手洗いが不十分で、二次感染をすることもありま
す。また、子ども用簡易プールでの感染、観光牧場での動物への接触などによ
る感染事例も知られています。

 乳幼児や高齢者では、病原性大腸菌(O157)が産生するベロ毒素の作用に
より、溶血性貧血、急性腎不全から、溶血性尿毒症症候群を引き起こし、けい
れん、こん睡、脳症などから、死亡することもあります。

 焼き肉をするときは、包丁、まな板など調理器具の消毒と、肉を十分加熱し
てから食べることを徹底してください。



■2■今月のトピック「肝機能について」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 みなさまは、健診などで「肝臓が悪い」と言われたことはありますか。

 肝機能の結果は、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPでみます。

 AST(GOT)とALT(GPT)は、肝臓の細胞内にある酵素で肝臓の細胞が壊れること
で血液中に出てきます。正常でも古くなった細胞を壊し、新しい細胞と入れ替
わっています。数値が正常値より高くなるということは、普通よりたくさんの
細胞が壊れていることを示しています。

 異常値の主な原因は、B型肝炎、C型肝炎といったウイルス性の肝炎と脂肪肝
です。

 B型とC型の肝炎ウイルスは慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌の原因となり、肝細
胞癌の大部分は、これらのウイルスによって起こされます。

 脂肪肝は最も頻度が高い疾患です。多くの場合体重変化とALTの値が連動し
て変化していまして、食事療法、運動療法で改善できます。

 健診の結果だけでは、ウイルス性肝炎か、脂肪肝か鑑別できません。肝機能
異常といわれたら是非、一度は肝炎ウイルスの検査を受けましょう。

 また、上記以外にも肝障害の原因となる疾患がありますので、2次検査が必
要となった方は、必ず医療機関をご受診ください。

以下のことを心がけ、肝機能に注意しましょう。
○野菜・果物・海草などでビタミン・ミネラルをたっぷり摂る。
○良質のたんぱく質を多く含む食品を積極的に摂る。
 (青魚・大豆製品・乳製品など)
○お酒は控えめに。週に2日は休肝日を設ける。
○必要以上に薬や栄養補給剤を飲まない。
○過激な運動は避け、睡眠を十分にとる。

 冷たいビールがおいしい季節ですが、お酒の飲みすぎは肝臓に負担がかかり
ますので、飲みすぎにはご注意ください。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『茄子(なす)』を使った料理をご紹介します。
 茄子は、へたの部分にあるトゲが硬く、表面につや・はりがあり、少しでも
重いものを選びましょう。
 保存するときは野菜室に入れ、冷やしすぎないようにします。適温は10℃
前後です。また、切ったそばから酵素の働きにより切り口が変色してしまうの
で、調理直前に切り、水にさらして灰汁を抜きましょう。
 茄子はそのほとんどが水分で、栄養的にはわずかなビタミン、ミネラルしか
含まれていませんが、皮に含まれる紫色の成分であるナスニンと、果実に含ま
れるポリフェノールは抗酸化作用があり、注目されています。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/miyasai/nasu.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 暑い日がまだまだ続きます。子どもは夏休みを謳歌しています。
 私たちの小さい頃は宿題もそこそこに外で遊ぶことが中心でしたが、近頃
 は家の中で過ごすことが多いので夏でも色の白い子を見かけます。
 昔ながらの真っ黒い子を見かけると逆に紫外線が気になり、外で紫外線を
 気にせず遊んだ小さい頃を懐かしく感じます。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■