いきいき健康メール 2012年12月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  いきいき健康メール (2012年12月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・
1 感染症情報
2 今月のトピック「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を防ぎましょう」
3 健康レシピ情報
4 行事・講演会情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ノロウイルスが大流行中!

 ノロウイルスが感染すると、1〜2日の潜伏期間ののち、嘔吐、下痢、腹痛
、発熱などの症状を起こします。通常、これらの症状は、1〜2日続いたのち
治癒し、後遺症は残りません。

 100個以下の少量のウイルスでも感染し、小腸で、急激に増えるため、嘔気、
嘔吐がひどく、激しい下痢をすることもあります。子供やお年寄りでは、吐い
たものを、誤嚥して肺炎を起こすことや喉に詰まらせて窒息することがあり、
激しい下痢で脱水症状になることもあります。

 ノロウイルスに対するワクチンや抗ウイルス剤はありません。感染したら、
体力が消耗しないようにして、水分と栄養の補給を十分しましょう。脱水がひ
どい場合は、病院で補液などの治療が必要になります。

 ノロウイルスは、インフルエンザと違って、アルコール消毒では、殺菌でき
ません。水とせっけんで、ウイルスを洗い流すつもりで、しっかり手洗いをす
ることが重要です。調理を行う前、食事の前、トイレに行った後、下痢などの
患者の汚物処理やおむつ交換などの後は、必ず、手を洗いましょう。

 消毒には、ハイタ−などの塩素系漂白剤、次亜塩素酸ナトリウム液が有効で
す。また、85℃以上の熱湯で、1分以上加熱するのも有効です。二枚貝などを
調理するときには、まな板、包丁などの調理器具を、使用の都度、洗浄、熱湯
消毒するなどして、他の食材が汚染しないように注意しましょう。



■2■今月のトピック「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を防ぎましょう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 骨粗鬆症とは、カルシウム不足などにより骨密度が減少し、骨がスカスカに
なり、折れやすくなってしまう病気です。しかし、「骨粗鬆症」がコワイのは
、骨折しやすくなるということだけではありません。

 骨粗鬆症による骨折は、寝たきり原因の第3位でもあります。特に高齢者の
場合、そのまま寝たきりになり、手足を動かさず刺激も減れば、痴呆の原因に
もつながります。

 加齢に伴う骨量の減少の原因には、老化によりカルシウムの消化・吸収能力
が落ちること、種々のホルモンのバランスの変化、女性の場合、女性ホルモン
の分泌の低下(閉経後など)、そして日本人に多く見られるカルシウム不足の食
事などがあげられます。

 生理的な老化現象は仕方のないことかもしれませんが、カルシウム摂取につ
いては、努力次第で増やすことができ、これが丈夫な骨づくりの基本になりま
す。

 若い方は、将来に備えてカルシウムをしっかり摂って十分な預金をしておく
必要があります。また、中高年の方でも、カルシウム摂取や運動によって、骨
量の減少が抑えられたり、増加する可能性もあります。

 骨量が減ってもあきらめず、積極的にカルシウムを摂るよう心がけましょう。

〜 強くて丈夫な骨を作る3原則 〜
 1.1日600mg以上のカルシウムを。
  (カルシウムは、牛乳、乳製品、小魚類、大豆製品、緑黄色野菜、海藻類
   に含まれます。)
 2.運動で骨を強くしましょう。
 3.日光浴でビタミンDを自己生産。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『白ねぎ』を使った料理をご紹介します。
 ねぎ特有の臭いや辛みのもと"アリシン"には血行をよくし、からだ
を温める作用があります。また、胃腸内に入ったビタミンB1をむだなく吸収でき
るようにして、さらに抗菌作用,殺菌作用も期待できます。
 白ねぎは、生で食べると辛みがあり、加熱すると甘味がでていろいろな料理
に幅広く使えます。香味野菜として酢の物に混ぜると、香りよく薄味でもおい
しく調理できます。薬味やなべの具、肉、魚の臭み消しとしての効果もありま
す。焼きびたし、マリネ、ぬた、スープなどに使ってもおいしいですよ。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/konyasai/shironegi.html



■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●福山市医師会看護専門学校 出願期間のお知らせ
 第一看護学科 一般入試
 12月25日(月)〜平成25年1月9日(水)必着

 第二看護学科
 平成25年1月21日(月)〜1月30日(水)必着

 准看護科 一般入試
 平成25年1月15日(火)〜1月24日(木)必着
 http://www.fmed.jp/kango/index.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

  2012年もあと少しとなりました。皆様にはご愛読いただきまして誠に
 ありがとうございました。
 年末の大掃除に年始の準備とお忙しく過ごされている方も多いのではない
 でしょうか。
 ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒が多く発生しており、これから
 はインフルエンザが流行する季節になります。
 「うがい」と「手洗い」で感染症を予防し、充実した年末年始をお過ごし
 ください。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■