いきいき健康メール 2013年1月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2013年1月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「逆流性食道炎について」
3 健康レシピ情報
4 行事・講演会情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎インフルエンザにご用心

 県内の西部・北部保健所管内でインフルエンザの流行を認めたため、先日、
広島県にインフルエンザ注意報が発令されました。現在検出されているのは、
A香港型とB型です。

 福山地区も三学期が始まると、職場や学校を中心に早々の流行が見込まれま
す。

 インフルエンザの予防法としては、(1)ワクチン接種、(2)手洗い・マスクの
着用、(3)部屋の換気と湿度の維持、(4)規則正しい生活と十分な休養、が挙げ
られます。

 特に、乳幼児や高齢者のいる家庭では、家族内感染に十分注意して下さい。
 突然の発熱(38℃以上の高熱)、頭痛、関節痛・筋肉痛、全身倦怠感などを
認めた場合は、早めの受診をお勧めします。

 抗インフルエンザ薬は、発症早期(発熱から48時間以内)の服用で効果を
認めます。また、薬の服用の有無に関わらず、発熱している間は、異常行動を
認める可能性があり、周りの方が見守ってあげて下さい。

 今年度より、学校・幼稚園・保育所におけるインフルエンザによる出席停止
期間の見直しがなされ、「発症後5日間、かつ解熱後2日間(幼児は3日間)
を経過すること」となりました。なお、発熱初日は発症0日目と数えます。見
直しの理由は、薬の内服により早期の解熱が得られるようにはなりましたが、
ウイルスの排出は未だ続いているという事実によるものです。


■2■今月のトピック「逆流性食道炎について」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 胃のなかには強い酸性を示す胃酸があり、通常は胃酸が食道に逆流しないよ
う食道と胃の境目部分の下部食道括約筋によって閉じられています。
 しかし、脂肪分や蛋白質の多い食生活・肥満・加齢・ストレス・背中や腰が
曲がっているなどのさまざまな原因により、胃酸が食道に逆流すると食道の粘
膜に炎症を起こします。

 このような状態を逆流性食道炎といい、食生活の欧米化や高齢化により年々
増加傾向にあります。

 逆流性食道炎の主な症状は、みぞおちから胸の下あたりにかけて熱くなるよ
うに感じる「胸やけ」です。そのほかに胸の痛みやげっぷ、のどの違和感など
の症状があります。

 逆流性食道炎のほとんどは薬を飲むことで症状が改善します。ただし、再発
しやすい病気のため、自己の判断で服用を中止せず、かかりつけ医の先生の指
示にしたがって、きちんと服用しましょう。

 そして、再発を防ぐためには、食生活や生活習慣の改善も大切です。

 脂肪分や刺激物は控え、食べすぎや食後すぐに横になることは避けましょう。
また、背筋を伸ばした姿勢を心がけ、寝るときは頭部を高くしましょう。

 薬で改善しない時や大きな食道裂孔ヘルニアを合併している時などは、手術
(腹腔鏡手術)が必要になる場合もありますので専門医に相談して下さい。

 胸やけなどの症状は、逆流性食道炎以外の病気でも起きることがあります。
おかしいと思ったらかかりつけの病院を受診しましょう。


■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『豆腐』を使った料理をご紹介します。
 豆腐に含まれるカルシウムは消化のよいのが特徴です。歯や骨を強化し、精
神安定にも働くとされています。また、大豆に含まれるイソフラボンがカルシ
ウムの吸収を助け、骨粗しょう症の予防に期待できます。
 「畑の肉」と呼ばれるように、大豆に含まれるたんぱく質は肉などの動物性
たんぱく質に近いため良質とされています。さらに豆腐は水分を多く含むため
、胃腸での吸収率は極めて高く離乳食、老人食などにも適しています。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/sonota/toufu.html


■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●児童発達障害いろは学習会
 1月24日(木) 19:00〜
 福山市医師会館4F 講堂

●福山市医師会看護専門学校 出願期間のお知らせ
 第一看護学科 一般入試
 2月18日(月)〜2月27日(水)必着

 第二看護学科
 1月21日(月)〜1月30日(水)必着

 准看護科 一般入試
 1月15日(火)〜1月24日(木)必着
 http://www.fmed.jp/kango/index.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 新年あけましておめでとうございます。
 2013年、新しい1年が始まりました。
 皆様によってよりよい1年となりますよう心からお祈り申しあげます。
 本年も「いきいき健康メール」をどうぞよろしくお願い申しあげます。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
            ⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/
            
            ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■