いきいき健康メール 2013年3月8日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  いきいき健康メール (2013年3月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「生活習慣病を予防しましょう」
3 健康レシピ情報
            

■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎風疹が流行中です!

 風疹(3日ばしか)が大流行中です。妊婦さんへの感染を防ぎ、赤ちゃんを
守るために妊娠可能年齢の女性と夫(パートナー)の予防接種をお勧めします
。

 風疹の症状ですが、子どもは比較的軽症で、通常は2〜3日の発熱と発疹(
ほっしん)、風邪症状とリンパ節の腫れだけですが、脳炎などの重い合併症を
起こすこともある病気です。

 昨年の春以降、関東や関西を中心に大流行していて、昨年1年間の患者数は
、過去5年間で最も多くなりました。今年はその昨年を上回るペースで報告が
され、昨年の同時期の9倍となっています。そして、最も特徴的なのは、患者
さんの8割近くが20〜40代の男性だということです。流行の背景にあるのは、
平成6年までは、風疹の予防接種の対象が女子中学生に限られるなどしたため
、子どものころに予防接種を受けていない人が多いことです。

 妊娠初期の女性がかかると、胎児がウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内
障などの障害(先天性風疹症候群)が生じる恐れがあります。その確率は、妊
娠初期に感染するほど高く、妊娠1カ月では50%以上、2カ月で35%、3カ月
で18%というデータがあります。女性が中学時代に予防接種を受けていても、
抗体価が下がり妊娠可能年齢に感染することもあります。

 これを防ぐ唯一の方法は、予防接種(風疹ワクチン)です。しかし、風疹ワ
クチンはウイルスの毒性を弱めたもので、胎児に影響を及ぼす可能性があるの
で、妊娠中は接種できませんし、接種後2ヶ月間は避妊が必要です。現在の風
疹患者の多くが、20〜40代の男性であることから、夫(パートナー)に、特に
風疹の予防接種をお願いします。

 風疹ワクチンの接種にあたっては、福山市のホームページ上の「予防接種実
施医療機関一覧」を参考にして下さい。事前に医療機関へ電話で確認の上、受
診されることをお勧めします。



■2■今月のトピック「生活習慣病を予防しましょう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日本人の約3分の2が生活習慣病が原因で亡くなっています。

 生活習慣病は、食事や運動、飲酒、喫煙などの日々の生活習慣によって引き
起こされる病気です。

 生活習慣病のなかでも高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満は『死の四重奏』と
呼ばれ、互いに合併しやすく動脈硬化の発症リスクを高めます。

 また、これらの病気は発生するまでほとんど無症状です。心臓で動脈硬化が
起これば心筋梗塞・狭心症等の心臓病に、脳で起これば脳卒中になります。

 生活習慣病の予防は日々の生活習慣の見直しが大切です。
 4月からの新しいスタートに向けて生活習慣を見直すチャンスです。

 適度な運動と栄養バランスのとれた規則正しい食生活、適正エネルギー量の
摂取を心がけて、生活習慣病を予防しましょう。

○適正エネルギー量(1日量)の出し方

 ◆適正体重=身長(m)×身長(m)×22

 ・事務職、主婦の人など
     適正体重(kg)×25(kcal)

 ・販売員、セールスマンなど
     適正体重(kg)×30(kcal)

 ・重労働をしている人
     適正体重(kg)×35(kcal)



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『あさり』を使った料理をご紹介します。
 あさりの旬は、冬から初夏にかけてです。春先からコハク酸の含有量が増え
て旨味が一段と増します。
 産卵期は5月と10〜11月の2回でこの時期のアサリはとれる場所によっ
て中毒の原因となることもあるので注意が必要です。
 多くは砂出しして出荷されますが、『砂吐き』『砂抜き』と表示してあって
も家で再度砂を吐かせた方が安心です。砂抜きは、2〜3%の食塩水で貝がや
っと浸るくらいがベストで、塩分が多すぎると脱水作用を起こすのでご注意く
ださい。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/kaisou_gyokai/asari.html


            
 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓
 厳しい寒さが続いていますが、さくらんぼのできる桜の木につぼみがふく
 らみ始めました。
 3月1日には中国地方で「春一番」が吹いたと発表され、春らしい暖かさ
 ももうすぐ感じられそうです。
 卒業式のシーズンですが、インフルエンザの報告が続いています。
 「うがい」と「手洗い」を徹底し、かぜやインフルエンザにお気をつけく
 ださい。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■