いきいき健康メール 2013年9月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  いきいき健康メール (2013年9月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「乳幼児の誤飲・誤嚥(ごえん)に注意しましょう」
3 健康レシピ情報
4 行事・講演会情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎B型肝炎ワクチンについて

 B型肝炎ウイルスに感染すると、一部の人がキャリア(持続感染:ウイルスを
体内に保有した状態)となり、キャリアのうち約10%の人は慢性肝炎を発症し
、肝硬変、肝臓がんへと進行する可能性があります。肝硬変になると3人に1人
が肝臓がんを発症します。そのため、B型肝炎ワクチンは、「肝臓がん」の予
防ワクチンといわれています。

 キャリアである母親から出生児への感染(垂直感染)を予防する目的で、19
86年から母子感染予防策が実施され、母子感染は激減しました。しかし近年、
キャリアである父親から子供への感染(水平感染)や感染経路不明で乳幼児が
B型肝炎ウイルスに感染する例が増えています。

 さらに、B型肝炎ウイルスの遺伝子型ですが、近年は欧米からの外来株であ
るA型が認められるようになり、感染によりキャリア化しやすく、この点が問
題となっています。

 WHO(世界保健機関)は、1992年、世界中の子どもたちに対して、生まれた
らすぐにこのワクチンを国の定期接種として接種するように指示しており、ほ
とんどの国で定期接種になっています。これは、ユニバーサルワクチネーショ
ンといい、母子感染、父親などからの乳児期の水平感染、性交渉での成人の水
平感染を予防し、感染源の撲滅や肝硬変や肝臓がんなどによる死亡をなくそう
としています。

 B型肝炎ウイルスの感染を防ぐ唯一の方法は、ワクチンを接種することです
。しかも、このワクチンは、低年齢で受けるほど抗体形成が良好です。最も望
ましいのは、生後2ヶ月のワクチンデビューの際に、ヒブ・肺炎球菌・ロタワ
クチンとの同時接種から始めることです。もちろん、乳幼児に限らず、抗体を
お持ちでない方には、積極的な接種をお勧めします。十分な免疫を獲得するに
は3回の接種を完了することが大事です。また、ワクチンの効果は10〜20年前
後とされており、その時期での追加接種が望ましいと思われます。



■2■今月のトピック「乳幼児の誤飲・誤嚥(ごえん)に注意しましょう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 食べ物以外のものを誤って飲み込んでしまう「誤飲」や、誤って飲み込んだ
ものが気管や肺に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」は、8割以上が3歳未満の
乳幼児に起こっています。

 赤ちゃんは6ヶ月頃になると上手に物をつかめるようになり、つかんだ物を
何でも口にもっていくようになります。

 豆類やアメなどの食べ物だけでなく、ボタンやコイン、薬、タバコ、ボタン
電池なども飲み込んでしまうことがあります。

 豆類やお餅、ゼリーなどは窒息する危険がありますので、3歳未満の乳幼児
には食べさせないようにしましょう。

 特に危険性の高いものとしてボタン電池と灯油があります。
 ボタン電池は、食道や胃にとどまると放電により粘膜を傷つけます。灯油は
、逆流して肺に入ると肺炎を起こし非常に危険なので、吐かせてはいけません
。

 乳幼児は何でも口に入れて確かめようとします。
子どもにとって成長する過程のひとつですが、その中で「誤飲」「誤嚥」が起
きないよう子どもの目線で危険な物はないか確認してみましょう。

 子どもが大きく口を開いた大きさは直径39mmで、トイレットペーパーの芯と
ほぼ同じ大きさです。この大きさよりも小さい物は「誤飲」「誤嚥」の可能性
がありますので、ご家庭にある物を通してチェックし、子どもの手の届かない
ところに置くようにしましょう。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『胡桃(くるみ)』を使った料理をご紹介します。
 胡桃の栄養素の65%が脂質です。その脂質の中に、リノール酸やリノレン
酸などの必須脂肪酸がバランスよく含まれています。その他ビタミンB1、E、
鉄分なども含まれています。
 胡桃は、紀元前7000年前から人類が食用としてきた最古のナッツです。
胡桃をはじめ、ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類は栄養価が非常に高い
食品ですが、その中でも胡桃は最もカロリーが高いので食べ過ぎには注意が必
要です。
 
「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/shujitsu/kurumi.html



■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●児童発達障害いろは学習会
 9月19日(木) 19:00〜
 福山市医師会館 4階 演習室



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 8月18日(日)に開催いたしました「第3回 市民のための健康フェア
 」では434名の方にご来場いただき、どのブースも大変なにぎわいと
 なりました。子どもたちの明るい笑顔と真剣に取り組む姿勢に、私たち
 もたくさんの元気をいただきました。
 暑い中、大変多くの方にご来場いただきありがとうございました。
 来年も開催予定です。また皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■