いきいき健康メール 2013年11月8日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2013年11月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「メタボに続く国民病?"ロコモ"」
3 健康レシピ情報
4 行事・講演会情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎RSウイルス感染症にご注意を!

 赤ちゃんに肺炎や気管支炎を起こす「RSウイルス感染症」が流行しており、
今後年末に向ってさらに本格的な流行が予想されています。
 RSウイルスは、咳やくしゃみなどの飛沫、ドアノブやコップなどの接触を通
して感染します。4〜6日間の潜伏期を経て発熱、鼻水など風邪のような症状が
数日続きます。多くは軽症で済みますが、ひどくなると肺炎や細気管支炎を起
こします。
 生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼすべての子供が1度はRSウイルスに
感染します。しかしこの感染症は、終生免疫が獲得されません。一度感染した
としても何度も感染を繰り返すため、流行時には注意が必要です。早産で生ま
れたり肺や心臓に病気のある赤ちゃん、また生後3カ月以内の感染は重症化す
る場合があるので、特に注意が必要です。
 また、3歳以上のお子さんの多くは、かぜ症状で経過しますが、2歳未満の
乳幼児が罹患すると、急性細気管支炎などを発症し、場合によっては呼吸に"
ゼーゼー、ヒューヒュー"と喘鳴が出現したり、呼吸困難をきたして入院治療
が必要となることもあります。特に兄弟姉妹がいるご家庭では、家族内で感染
することも少なくありませんのでご注意ください。
 大人は軽症で治ることが多いのですが、高齢者は重症の肺炎を起こす場合が
あり、特に長期療養施設内での集団発生が問題になっています。
 感染を予防するには、うがいや手洗いの励行、マスクの着用が有効です。風
邪のような症状のある人は、RSウイルス感染症と気付かない場合があるので、
赤ちゃんに近づかないようにします。
 特効薬はなく、症状を和らげる対症療法が基本です。RSウイルス感染には、
大量のねばい鼻水を認めるため、乳幼児の場合は積極的に鼻水吸引を行うこと
が有効です。予防ワクチンはありませんが、早産児などの感染予防のため、抗
体製剤パリビズマブが筋肉注射で投与されることがあります。



■2■今月のトピック「メタボに続く国民病?"ロコモ"」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 2006年に流行語大賞のトップテンにも選ばれた「メタボ(メタボリックシン
ドローム)」の認知度は90%を超えるといわれています。

 この「メタボ」に続く日本の新たな国民病として「ロコモ」があります。

 「ロコモ」とは、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の略称で
、運動器(筋肉、骨、関節、神経など)の障害によって、要介護になっていた
り、なる危険の高い状態のことをいい、メタボや認知症と並んで、健康寿命の
短縮、寝たきりや要介護状態になる主な要因となっています。

 寝たきりや要介護状態というと高齢者の問題と思われがちですが、40代から
注意が必要で、予備軍も含めると患者数は4700万人といわれています。

 運動器の障害は20代・30代からの生活習慣も影響しますので、日頃から規則
正しい生活習慣、栄養を配慮した食生活、生活の中でウォーキングやストレッ
チなど身体を動かす習慣を心がけましょう。

 「ロコモ」の診断に「7つのロコチェック」があります。
 一つでもあてはまるものがあれば「ロコモ」の可能性があります。また、運
動器の不調や故障は放置せず、お近くのかかりつけ医にご相談ください。

【7つのロコチェック】
1.片脚立ちで靴下がはけない
2.家の中でつまずいたり滑ったりする
3.階段を上るのに手すりが必要である
4.横断歩道を青信号で渡りきれない
5.15分くらい続けて歩けない
6.2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
  (1リットルの牛乳パック2個程度)
7.家のやや重い仕事が困難である
  (掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『カリフラワー』を使った料理をご紹介します。
 カリフラワーは、1年中出回っていますが春秋の冷涼な気候が適した野菜な
ので10〜4月が旬です。 色は純白か薄いクリーム色で、つぼみの開花して
いない硬く引き締まったものが良品です。
 ビタミンCは、100g当たり65mgと淡色野菜の中でもトップクラスです。
 茹でる時に小麦粉を少々入れると沸点が上がり、時間が短縮できるのでビタ
ミンCの損失を抑えることができます。また、レモンの切れ端や酢を入れると
白く茹であがります。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fukuyama.hiroshima.med.or.jp/kenkou/recipe/hanayasai/kariflower.html



■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●無料血糖測定イベント
 11月9日(土) 13:00〜18:00
 福山ポートプラザ天満屋店

●第4回 福山市障害福祉講演会
 11月23日(土) 18:00〜

●第20回 福山医学祭
 12月1日(日) 13:00〜17:00(開場12:30〜)

●福山市医師会看護専門学校 出願期間のお知らせ
 第一看護学科 一般入試
 12月24日(火)〜平成26年1月8日(水)必着
 http://www.fukuyama.hiroshima.med.or.jp/kango/index.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 11月7日は立冬で暦のうえでは冬がはじまりました。
 予想では今年の冬も厳しい寒さになりそうですね。
 日中はまだ日差しが暖かく過ごしやすい日が続いていますが、寒暖の差が
 大きい時期でもあります。
 紅葉狩りやイベントなどお出かけになる機会も多いと思いますが、脱ぎ着
 しやすいものを1枚準備しておくと便利ですよ。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fukuyama.hiroshima.med.or.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fukuyama.hiroshima.med.or.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■