いきいき健康メール 2013年12月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2013年12月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「脂質代謝について」
3 健康レシピ情報
4 行事・講演会情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎恋愛の数だけHIVを語ろう

 これは、今年の「世界エイズデー」のキャンペーンテーマです。
 12月1日は、「世界エイズデー」でした。
 『HIV/エイズの基礎知識』(エイズ予防財団発行)によれば、2012年末
現在、約3530万人のHIV感染者およびエイズ患者が世界中でこの病気と闘っ
ています。
 日本でもHIV感染者・エイズ患者数は増加を続け、2012年の新規感染者・
患者の報告数は1449件と、9年連続して1000件を超え、これまでに報告された
感染者・患者数の累計は23000人を超えました。この増加は、都市圏だけでは
なく、地方においても同じような傾向にあり、福山市の2012年の報告数は5件
でした。
 感染者の多くは男性ですが、女性の感染者も増えています。
 HIV感染症/エイズを予防するためには、感染経路を正しく理解して、常
に感染を防ぐ方法を実行することが重要です。
 HIVは、主に3つの経路で感染しますが、感染力は弱く、性行為以外の社
会生活の中でうつることは、まずありません。
(1)性行為による感染
   最も多い感染経路です。HIVは主に血液や精液、膣分泌液に多く含ま
  れています。HIVは感染者の血液・精液・膣分泌液から、その性行為の
  相手の性器や肛門、口などの粘膜や傷口を通ってうつります。
(2)母子感染
   母親がHIVに感染していると、出産時や母乳を介して赤ちゃんに感染
  することがあります。日本では、母親がHIV治療薬を飲むことや母乳を
  与えないことで、赤ちゃんへの感染を1%以下に抑えることができます。
(3)血液を介しての感染
   HIVが存在する血液の輸血や、覚せい剤などの依存性薬物の「回し打
  ち」による注射器具の共用などによって感染します。日本では、現在、献
  血された血液は厳重な検査により世界最高水準の安全が確保されています
  が、感染の可能性は完全には排除できません。
  最近も、検査目的で献血された血液がHIVに汚染されていたため、その
  血液を輸血された患者さんが、HIVに感染するという不幸な事例が報告
  されました。
 HIV検査目的での献血は、絶対にしないようにしてください。
 福山市内では、三吉町南の福山市保健所(すこやかセンター)、三吉町の広
島県東部保健所福山支所で、毎月無料でエイズ相談・HIV抗体検査を行って
います。



■2■今月のトピック「脂質代謝について」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 脂質代謝は、大きく分けると中性脂肪とコレステロールがあり、健診で最も
異常となる方が多い検査です。悪玉コレステロールと言われる「LDLコレステ
ロール(LDL-C)」が150程度であれば運動と食事で改善が期待できますが、それ
以上高い方には薬による治療との併用が必要な場合が多くなります。また、女
性は閉経に伴い10〜20程度上昇しますので、新たに治療が必要となったり、治
療法が変わったりする場合もあります。

 善玉コレステロールと言われる「HDLコレステロール(HDL-C)」の低下は狭心
症などの原因となると言われています。軽く汗をかく程度の有酸素運動でHDL-
Cが上昇し、LDL-Cが低下します。

 また、中性脂肪は食事の影響を受け易く、食後6時間以上空けないと正確な
値が採れません。健診は食事を取らずに受けてください。

 脂質は甲状腺ホルモンの影響で異常値を示すことがありますし、ネフロー
ゼといった腎疾患が原因で異常値となることもあります。治療だけでなく、原
因疾患の鑑別判断(診察のみで可能な場合もあります)が重要となりますので
軽い場合でも一度は医療機関を受診してください。

【高脂血症予防法】
1.動物性脂肪の多い食品は控え、植物油を適度にとる。
2.サバやイワシなどの青魚を積極的に摂る。
3.魚の卵・動物の内臓は控えめに。
4.食物繊維を摂ろう。
5.適量のお酒は、悪玉(LDL-C)の増加をおさえる。
  (飲みすぎは中性脂肪を増やすので注意しましょう)
6.生活の中で積極的に運動を!



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『わけぎ』を使った料理をご紹介します。
 わけぎは、ネギに比べて臭みや辛みが少なく、独特の香りと甘みがあります
。
 わけぎは、免疫力を強化し細菌やウイルスから身体を守る働きがあるβ-カ
ロテン、コラーゲンの生成を促しメラニンの生成を抑えシミを予防してくれる
ビタミンCが豊富に含まれます。さらに、便秘を改善し整腸作用のある食物繊
維、ナトリウムの排泄に関係のあるカリウム、貧血予防の鉄などの栄養成分も
多く含んでいます。わけぎのヌルヌル成分(水溶性食物せんい)は、たんぱく
質の消化を助け、胃腸の粘膜を保護してくれる働きがあります。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/konyasai/wakegi.html



■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●児童発達障害いろは学習会
 12月19日(木) 19:00〜
 福山市医師会館4F 演習室

●福山市医師会看護専門学校 出願期間のお知らせ
 第一看護学科 一般入試
 12月24日(火)〜平成26年1月8日(水)必着

 第二看護学科
 平成26年1月27日(月)〜2月5日(水)必着

 准看護科 一般入試
 平成26年1月14日(火)〜1月22日(水)必着
 http://www.fmed.jp/kango/index.html


 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 2013年も残すところあと少しとなりました。
 今年もいきいき健康メールをご愛読いただき誠にありがとうございました。
 大掃除や年始の準備など「あれもこれも」と気持ちも落ち着かない時期で
 すが、体調管理にお気をつけて元気で充実した年末年始をお過ごしくださ
 い。来年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fukuyama-med.or.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■