いきいき健康メール 2014年2月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2014年2月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「タバコ」
3 健康レシピ情報
4 行事・講演会情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎『インフルエンザ注意報』発令中!

 冬休みが終わり、3学期が始まってから、インフルエンザ患者が、急激に増
加し、広島県は、1月23日、県内に『インフルエンザ注意報』を発令しました。

 咳や鼻水とともに、悪寒戦慄や、38℃を越える高熱が急に起こり、頭痛、筋
肉痛、関節痛、全身倦怠感があれば、インフルエンザの可能性があります。

 高齢者や持病のある方は、肺炎などを合併する可能性があります。また、小
児についても、インフルエンザ脳炎、脳症など、重篤な合併症を起こす可能性
がありますので、早めに、かかりつけ医を受診してください。

次のことに注意して、インフルエンザの感染を予防しましょう。
・積極的に流水と石鹸を用いた手洗いやうがいをしましょう。
・人混みに出かけるときはマスクを着用しましょう。
・『咳エチケット』を守りましょう。
・睡眠をしっかりとり、バランスの取れた食事をして体力をつけましょう。
・室内は、加湿器などを使って、適度な湿度(50〜60%)を保ちましょう。
・予防接種を受けましょう。

 インフルエンザについての疑問やご質問は、かかりつけ医にご相談いただく
か、福山市医師会広報誌『かがやき』をご覧ください。
http://www.fmed.jp/info/kagayaki_17.pdf



■2■今月のトピック「タバコ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ここ20〜30年、日本における禁煙はかなり進んできていると感じていま
す。今、福山における禁煙活動は、完全に満足できる状態ではありませんが、
年々喫煙者が減っている事は喜ばしい事であります。

 先日、所属する大学の教室に中国から留学している医師のボス(教授)が来
岡されました。その時のおみやげが、ダンヒルのタバコ1カートンであったの
には教室員皆驚きましたが、思い出してみますと、40年前は日本においても
外国へ行った帰りのおみやげは免税のタバコとウイスキーと決まっていました
。

 タバコを止められない理由として、タバコは多少体に悪いのだろうがまわり
の人たちがたくさん吸っているし、それ程ではないのだろうという意識の低さ
が挙げられます。

 確かにタバコに対して合う人、合わない人があります。少々タバコを吸って
もさほど肺気腫が進まない人、少し吸っただけで急速に肺気腫の進む人とあり
ます。急速に肺気腫が進む人は約15%いると言われています。今、この人た
ちを遺伝子で見つけることができないか研究中でありますが、この遺伝子を見
つけるにはまだまだ時間が必要です。

 この15%を大きな数字と考えるか、わずかの確率と考えるかは個人差があ
ると思われます。例えば、交通量の多い国道に大型トラックが何台も走ってい
る中、急に道路に飛び出し、85%の確率でトラックが止まり、15%の確率
ではねられるとします。はねられる確率が15%だからといって飛び出すでし
ょうか。タバコを吸うということは道路に飛び出すことです。タバコを止めれ
ば飛び出さずにすみます。

 タバコの肺に対する直接の害は、肺気腫と慢性気管支炎です。慢性気管支炎
の症状は咳と痰ですが、気管支粘膜は3ヶ月で入れ替わると言われていますの
で、タバコを止めると日々咳と痰は少なくなってきます。理論的にはタバコを
止めて3ヶ月経ったら慢性気管支炎は治るということになります。

 肺気腫は肺胞壁の破壊がおこり、一旦破壊された肺胞壁は再生されることな
く、肺気腫はタバコを止めても治りません。しかし、タバコを止めると肺気腫
の進行は止まります。

 禁煙場所を広げるだけではなく、喫煙者本人がタバコを止められるように指
導していく必要があると思っています。従来のニコチンパッチによる禁煙指導
では成功者は2人に1人も出ていませんでしたが、チャンピックスでは4人に
3人以上が成功しています。

 本年はタバコの害で苦しんでいる人が一人でも少なくなってほしいと思って
います。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『キウイフルーツ』を使った料理をご紹介します。
 たん白質分解酵素であるアクチニジンは、肉や魚などのたんぱく質を分解し
消化を助けてくれます。また、腸内の悪玉菌のエサとなっている"異種タンパ
ク質"を減らし腸の機能低下を防ぎます。ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、
ペクチンも豊富です。
 「健康レシピ」では、キウイフルーツを食べると舌がピリピリする理由もご
紹介しています。ピリピリが苦手な方は必見です♪

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/kudamono/kiwi.html



■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●福山市医師会看護専門学校 出願期間のお知らせ
 第一看護学科 一般入試
 2月24日(月)〜3月5日(水)必着
 http://www.fmed.jp/kango/index.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 インフルエンザの流行時期ですが、2月中旬頃からは花粉の飛散が始まる
 ようです。花粉症とかぜは似たような症状がありますので、おかしいなと
 思ったら医療機関を受診するようにしましょう。
 まだまだ寒い日が続きますが春はもうすぐです。
 バランスのとれた食事と十分な休養、適度な運動で風邪に負けない体をつ
 くり、冬を乗り切りましょう。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■