いきいき健康メール 2014年3月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2014年3月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「乳がん検診を受けましょう」
3 健康レシピ情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎「はしか」が流行しています!

 今年に入って福山市内で7件、麻疹(ましん=はしか)が発生しています。
全国的にも、海外の流行国から帰国した人やその接触者が麻疹を発症すること
が増えており,問題となっています。
 症状は咳・鼻みず・目やになどから始まり、2〜3日熱が続いた後、高熱と
ともに全身に発疹が現れます。一見かぜのような症状で始まるので、注意が必
要です。経過中に、肺炎や脳炎などの合併症も多く、重症になりやすいため、
死亡する割合は、1000人に1人といわれています。
 麻疹は、せきやくしゃみによる飛まつ感染だけでなく、空気感染するため非
常に感染力が強いのが特徴です。免疫を持っていない人が感染すると、ほぼ1
00%の確率で発症します。
 麻疹は、予防接種によって防げる病気であり、「麻しん風しん混合(MR)
ワクチン」が有効です。ただし、この予防接種は、2回受ける必要があります。
MRワクチンの定期接種の対象年齢(1歳児と5歳以上7歳未満で小学校就学
前の1年間)のお子さんは、無料で予防接種を受けられます。該当年齢でまだ
受けていないお子さんは、至急予防接種を受けてください。
 更に、定期接種の機会を逃している子は、任意接種(有料)となりますが至
急予防接種を受けることをお勧めします。今年、麻疹にかかっている子は約4
分の3がワクチン接種なしという報告があります。麻疹は95%以上の接種率で
流行を防げます。1歳になったときと小学校入学前の段階でMRワクチンを必
ず接種しましょう。



■2■今月のトピック「乳がん検診を受けましょう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 現在、日本人女性の15人に1人が乳がんにかかるといわれており、日本人女
性のがんの罹患率で最も高いのが乳がんです。

 乳がんにかかる女性は年々増加しており、今では年間約5万人の女性が乳が
んにかかり、約1万3000人の方が亡くなっています。乳がんの年間死亡者数は
50年間で約7倍にもなっています。

 原因としては、食生活の欧米化により肉類や乳製品など脂肪分の多い食事が
多くなったことが考えられます。また、乳がんを発症した血縁者の方がいらっ
しゃる場合は発症リスクが2倍以上高くなるといわれています。その他、アル
コールの摂取、肥満(特に閉経後)も乳がんの発症リスクを高めるものとして
知られていますので規則正しい食生活と生活習慣を心がけましょう。

 乳がんは、発見が早いほど治癒率が高い病気です。そのためには定期的な自
己検診と乳がん検診がとても大切です。
 鏡の前で乳房の形を確認したり、しこりや出血がないかを触って確認したり
することを習慣づけることで、異常に早く気づくことができます。もし、異常
に気づいたら、検診ではなく、早く専門の医師を受診するようにしましょう。

 平成24年度の福山市の乳がん検診の受診率は18.5%で、広島県内では呉市、
府中市に次いで低い数値です。

 胃がんや大腸がんは高齢になるほど罹患率が高くなりますが、乳がんは20代
から罹患率が上昇し、40代〜50代でピークを迎えます。そして、35歳〜64歳で
は女性の死亡原因の第1位が乳がんとなっています。

 30代後半〜60代は仕事や家庭のことで忙しい時期ですが、自分のためだけで
なく、大切な家族や周りの人たちのためにも定期的に乳がん検診を受けましょ
う。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『菜の花』を使った料理をご紹介します。
 早春を告げる野菜として人気の菜の花。栄養価も高く、量がたくさん出て、
値段も安くなる3月頃が食べどきです。
 きれいに咲いている菜の花といえば黄色のイメージですが、おいしく食べる
、野菜としての菜の花は、緑色が正解です。お店で選ぶときは、薄い緑色のつ
ぼみがびっしりと詰まり、そのまわりの葉は、濃い緑色をしているものがよい
でしょう。
 菜の花の持ち味である、ほのかな苦味、香りを楽しみましょう。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒http://www.fukuyama.hiroshima.med.or.jp/kenkou/recipe/hanayasai/nanohana.html


 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 暦のうえでは春ですが、朝夕は冬を感じる寒さが続いています。
 学校や会社では年度末の時期でもあり、お忙しくされている方も多いと思
 います。
 まだインフルエンザの報告が続いていますので、体調管理にお気をつけて
 体調を万全にして4月からの新しいスタートをきりましょう!

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■