いきいき健康メール 2014年6月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2014年6月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「男性にも知って欲しい『月経前症候群』」
3 健康レシピ情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ポリオを予防しよう!

 ポリオ(急性灰白髄炎)は、急性の弛緩性麻痺(だらんとした麻痺)がおこ
る病気です。
 ポリオは、ポリオウイルスが、口から入って、腸の中で増えることで感染し
ます。
 感染後、1〜2週間の潜伏期間の後、発熱、頭痛、のどの痛み、嘔吐、下痢
などの風邪に似た症状が現れます。症状は、1〜4日続き、熱が下がるころ、
手や足に弛緩性麻痺が現れ、その麻痺が一生残ってしまうことや、呼吸困難で
死亡することもあります。乳幼児がかかることが多いことから、小児麻痺とも
呼ばれています。
 麻痺の進行を止めたり、回復させるための特効薬はなく、残された機能を最
大限に活用するためのリハビリテーションが行われます。
 日本では、1960年に、ポリオ患者数が5000人を超え、かつてない大流行にな
りましたが、生ワクチンの導入により、流行は収まり、1980年を最後に、現在
まで、野生の(ワクチンによらない)ポリオ患者の発生はありません。
 生ワクチンは、免疫力は強いものの、生ワクチンによるポリオ患者の発生が
見られることから、2012年9月1日から、生ポリオワクチンの定期接種は中止さ
れ、不活化ポリオワクチンの定期接種が導入されました。
 日本国内では、ポリオ患者の発生はなくなりましたが、アフガニスタン、ナ
イジェリア、パキスタンの3か国では、流行が続いています。患者発生が、周
辺諸国に拡大していることから、WHOは、2014年5月5日、国際的拡大リスク
に関して、声明を出しました。
 日本でも、ポリオに対する免疫を持つ人が減ると、再流行する可能性があり
ます。
 ポリオワクチンの予防接種を、必ず受けてください。
 ポリオは、口から感染するので、食事の前には、手洗いを十分しましょう。
 予防接種については、かかりつけ医にご相談ください。



■2■今月のトピック「男性にも知って欲しい『月経前症候群』」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 生理の3〜10日位前から身体や心の不調を感じたことはありませんか?調
子の波は誰にだってあるものですが、その不調が毎月起こるようなら「月経前
症候群」という病気かもしれません。

 月経前症候群とは、腹痛・腰痛・頭痛・肩こり・むくみ・乳房の張り・吹き
出物・イライラ・情緒不安定・眠い・不眠・無気力などの生理前に起こる様々
な症状のことです。原因はまだハッキリとはわかっていませんが、女性ホルモ
ンのバランスが変わることでこのような症状が出ると考えられています。健康
で生理のある女性なら誰にでも起こる可能性があります。

 月経前症候群は、有酸素運動を日常に取り入れることや食事内容の変更で症
状が軽くなることが知られています。
 効果的な栄養素はビタミンB6やビタミンE・γ-リノレン酸・カルシウム・マ
グネシウムなどです。大豆はそれらの栄養素に加えて女性ホルモンに似た働き
をする成分が含まれているのでオススメです。また、血糖値を一定に保つため
に、食事を4〜6回に分けてとることも効果があります。
 逆に、アルコールやカフェインやお砂糖は症状を悪化させる可能性がありま
すので、月経前症候群の時期には摂取をひかえた方が良いでしょう。ただし、
我慢することでストレスが溜まるようなら、ほどほどに摂取するのは可です。
ストレスは症状を重くする原因になるからです。

 さてさて、「えっ?それって病気だったの!?」と思われているでしょうか
。この病気は人によって症状やその重さが大きく違っていて、判断が難しいの
です。同じ女性であっても、もしかしたらご本人でさえも病気という認識はあ
まりされていないかもしれませんね。ましてや男性にとってはますます理解が
難しいのではないでしょうか。
 この家族やパートナーに理解されないことがストレスになり、なんとそのス
トレスが原因で月経前症候群の症状が重くなるという悪循環が起こることがあ
るようです。どうか気をつけてあげてくださいね。
 ご本人も周りの方に自分の症状について知ってもらえるよう、「私はこの時
期にはイライラしがちに(または、体調が悪く)なるけど、こういう理由だから
ごめんね」などと予め伝えて理解してもらうと良いかもしれません。

 運動や食事の変更で症状が軽くならない場合、「生理がくれば治るから…」
などと我慢せずに、かかりつけのお医者さんに相談してみてください。漢方薬
や低用量ピルなどのお薬も、楽になるよう助けてくれます。
 周りの理解と時には医療の力を借りて、毎月の不調の波とうまく付き合って
いきましょう!



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『梅』を使った料理をご紹介します。
 梅を調理する上で大切なのは"熟度"です。用途によって違いますが、梅干し
の場合は黄熟してやや軟らかくなったもの、梅酒などには青くて硬いハリのあ
るものを選びましょう。梅は収穫後もどんどん熟していくので青梅を使う場合
は低温で貯蔵し、早めに加工するようにします。
 ただし、青梅の果肉と種子にはシアン系の毒が含まれているので生食は避け
ましょう。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/kudamono/ume.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 月経前症候群について自らにも思い当たることが多々あり…。読者のみな
 さまはいかがでしたか?私は習慣になっている朝のコーヒーを期間限定で
 麦芽豆乳に変えようか検討中です。(さ)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■