いきいき健康メール 2014年11月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2014年11月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「そうだ 健康診断、行こう」
3 健康レシピ情報


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎おたふくかぜワクチンも忘れずに

 この10月から水痘ワクチンが無料化(定期化)されましたが、任意で有料
ですがおたふくかぜワクチンもぜひ一緒に接種しましょう。

 おたふくかぜはウイルスによる伝染病で、飛沫により感染します。耳の前下
方や顎の下の唾液腺が腫れ、痛みや発熱をともないます。特に酸味のある食べ
物を食べるときなどに痛みが強くなります。潜伏期間は2〜3週間です。通常
約1週間で軽快し、片側と両側の場合がありますが免疫は同じようにできます
。時に細菌性耳下腺炎・反復性耳下腺炎やリンパ節炎と区別が難しく、診断確
定のために血液検査が必要となるケースもあります。合併症として髄膜炎が約
1%にみられ、約1/1000人ですが難聴になる場合があり聴力の回復は困難です。
なお不妊(副睾丸炎)になることがあるのは思春期以降に発症した場合です。

 ウイルスを抑える薬はないので、対症療法になります。登園・登校はすくな
くとも発症5日経過するまではできません。ワクチンの有効率は約90%です
。まれに、約2週後に発熱や耳下腺の腫脹、頭痛・嘔吐などの症状がみられる
ことがありますが、いずれも軽度で、重篤な副反応は極めてまれです(麻疹・
風疹のワクチンと同程度)抗体維持のため就学前に2回目の接種をおすすめし
ます。

 治療手段がないこと、難聴のリスクを考えると、ワクチンをお勧めします。
任意接種ですのでかかりつけ医にご相談の上お申し込みください。



■2■今月のトピック「そうだ 健康診断、行こう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 福山市医師会紹介シリーズ第2弾です。今回は「健診課」の紹介をさせてい
ただきたいと思います。

 当会健診課の主な業務は、市民のみなさまの健康診断(健診)で、メンバーは
医師・看護師・放射線技師・保健師などの専門スタッフ総勢約50名です。
 福山市医師会館1Fにある健康支援センター(旧称:総合健診センター)で
の健診や、時には検診バスで地域を巡回しての健診で、日々みなさまの健康状
態をチェックしております。

 ところで、読者のみなさまは定期的に健康診断を受けておられますか?職場
やかかりつけの医療機関で受けておられる方も、中には当センターへお越し下
さっている方もおられるかもしれませんね。
 受診されたことがある方はご存知かもしれませんが、当センターには身体測
定・尿検査・血液検査・心電図・胃カメラやレントゲンの撮影・婦人科(子宮
がん)・マンモグラフィなど様々な検査を受ける設備があり、定期健診のほか
にも生活習慣病予防健診・人間ドック・特定健康診査・各種がん検診(大腸・
肺・胃・乳・子宮)を受けることができます。

 また、検診バスで事業所(25名以上)や各市民センター・支所・公民館へ訪問
して特定健診・がん検診などを行っています。
 みなさまは競輪のイラストが描いてある大型バスを見かけたことがあります
でしょうか?実はあのバスは胸部胃部デジタルX線検診車で、座席部分を改造
し、最新鋭のX線撮影装置を乗せているのです。他にも、可愛いピンク色のマ
ンモグラフィ検診バス・婦人科検診バスも同じ様に検診装置を乗せ、移動する
検診ルームとして活躍しています。
 こうして当センターや検診バスで撮影された胃や肺の画像は、各分野の専門
の医師達による「読影委員会」によりダブルチェックで画像診断を行い、より
精度の高い結果を受診者のお手元にお届けしています。
 そして、もし健診結果に異常が認められても不安にならなくて大丈夫です。
当センターでは医師や保健師による健康相談などのアフターフォローも行って
おります。(予約制)

 長らく健康診断を受けていないなと思われたら、どうぞお気軽にお問合せく
ださいね。当会職員一同お会いできるのを楽しみにしております。
※受付は完全予約制となっておりますので、予約状況はお電話にて
 (0120-142-980)
※なお、これらの健診はお近くのかかりつけ医(医院、病院)でも実施しており
 ます。あわせてご相談、ご利用ください。

 今号はみなさまと直接の関わりがあり親しみ深い健診課のご紹介でしたが、
次はなかなか触れることができない謎の専門集団、検査課のご紹介をしたいと
思います。

次回「健康診断で採取した血液や尿はどこへ…?」
お楽しみに!



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『えのきだけ』を使った料理をご紹介します。
 スーパーでは栽培物が一年中出回っていますが、天然物は秋から冬にかけて
が旬となります。日本ではしいたけの次に食べられている、馴染みの深いきの
こです。

 えのきだけには、ビタミンB1、ビタミンB2が多く含まれ、低カロリーで食物
繊維も豊富です。
 「健康レシピ」では、手作りなめたけの作り方もご紹介しています。ごはん
のおともにどうぞ。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/kinokorui/enoki.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 先日、アゴの下が腫れあがってひどく痛み、「もしや、おたふくかぜ!?
 」と思いきや唾石ができただけでした。子供の頃にちゃんとワクチン接種
 をしておりました。母に感謝です。(さ)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■