いきいき健康メール 2015年1月9日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2015年1月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「スマイル0円 営業課!」
3 健康レシピ情報

■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎インフエンザの流行が始まりました

 インフルエンザの流行は例年1月中旬からでしたが、今年は例年より早く12
月から始まりました。ワクチンで予防できるのですが、ワクチン接種の時期に
は誤解があるようです。ワクチンによる抗体は5か月間は維持できることがわ
かっているのですが、流行期に入る前でないと春まで抗体が維持できないとの
イメージを持たれているようです。(都市伝説?)ほとんどの医療機関で10月
から接種可能ですので、ぜひ早目の接種を考えてください。1回接種の場合は1
1月から12月初旬までに接種するよう計画してください。2回接種の場合は1回
目を10月中旬から11月初旬、2回目を1回目から4週後に接種すると抗体の上昇
が最もよくなります。
 また、ワクチン製造のため鶏卵を使用しているので、卵アレルギーがあると
接種できないと思われていますが、ワクチンに残っている卵成分は理論上はア
レルギーを起こさないほど微量になっています。特に国内製造のワクチンは外
国製に比較して卵成分は10分の1です。実際に卵アレルギーのあるお子さんに
ワクチンを接種したが、アナフィラキシー発症はなかったとの研究もあります
。微量の卵摂取でアレルギーを起こすケースを除いてほぼ安全に接種できると
思われます。接種希望の方はかかりつけ医にご相談ください。



■2■今月のトピック「スマイル0円 営業課!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 福山市医師会紹介シリーズ第4弾、「営業課」の紹介です。

 福山市医師会 健康支援センター 営業課は総員56名(2014年12月現在)で
すが、全員が一つの部屋に集まっているのではなく、7つのチームに分かれて
それぞれの場所で専門の業務をしています。今回はチーム別にどんなことをし
ているのかを紹介したいと思います。

☆検査(集配)
福山市医師会と書いてある白い軽自動車が走っているのを見たことがあるとい
う方も多いはず。主に、医療機関からお預かりした血液などの大切な検体を持
ち帰って検査課へ渡し、結果をまた医療機関へお届けするという業務をしてい
ます。営業課の中では最も多くのメンバーが所属しており、中にはイケメンの
お兄さんや美魔女が居たり(!?)、多彩な人間模様でとても活気があるチーム
です。

☆受託
前号でご紹介した検査室の中にある、医療機関から検体をお預かりする受付の
窓口です。医療機関からのご質問やご要望にお答えするなど、より専門的でキ
メ細やかな対応をしています。

☆データ管理
検査課と連携して、検査結果報告書を発行したり、検査データの作成などを行
っています。毎日毎日、検査室がある2Fと執務室がある5Fを往復しており
ます。階段で。

☆渉外
営業課の他チームのお客様が医療機関なのに対して、渉外チームは医療機関で
はなく企業や学校などが主なお客様です。各事業所や学校と、健診診断のスケ
ジュールを組むなどの橋渡しをしています。もちろん、医療機関・職員様の健
康診断も行っております。

☆会員支援
クリニック開業やその他様々な相談にのって、医師会の会員さんがうまくクリ
ニックを運営していくためのお手伝いをしています。医療機関で花束を持った
男性を見かけたら、もしかしたら何かのお祝いに駆けつけたこのチームのメン
バーかもしれませんよ。

☆学術支援
お客様である医療機関に対して、新しい検査のご紹介などの情報発信と市民の
方々も対象にした出前勉強会を実施しております。当センターの臨床検査技師
が講師をつめておりますので、是非ご利用下さい。

☆医事支援
医療事務全般のサポートをしているチームです。診療報酬の計算は独特な決ま
りがあり難しいのですが(4月号ご参照!)、人間の代わりに計算や記録をして
くれるレセプトコンピュータというものがあります。医事支援チームは、その
レセプトコンピュータであります「日医標準レセプトソフト(ORCA)」の
導入及び操作説明、またトラブル時のサポートやメンテナンスなどもしていま
す。

 こうして見ると営業課というのは、医師会内と外側との橋渡しや困っている
人のサポートをしている、人助けの課と言えるかもしれませんね。人から人へ
スマイルを渡してゆく素敵な営業課の紹介でした。

 次号では、もう一つのスマイル課 地域ケア課をご紹介します。お楽しみに!



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『くわい』を使った料理をご紹介します。
 福山は日本一のくわいの生産地で全国の生産量の約5割を占めています。
 くわいは大きな芽をつけることで「芽が出る=めでたい」と縁起を担いで、
お正月のおせち料理によく用いられます。芽は縁起物なので切り落とさずに調
理しましょう。
 くわいはえぐみ・アクが強いため下ゆでしてから使用します。「健康レシピ
」では下処理の仕方も紹介しています。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/konyasai/kuwai.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 あけましておめでとうございます。また新しい年が始まりましたね。本年
 もいきいき健康メールを宜しくお願い申しあげます。(さ)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■