いきいき健康メール 2015年11月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2015年11月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「『世界糖尿病デー』ご存じですか?」
3 健康レシピ情報
4 行事・講演会情報

■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎RSウイルス感染症が流行しています!

 赤ちゃんに肺炎や気管支炎を起こす「RSウイルス感染症」が流行しています。
 RSウイルスは、咳やくしゃみなどの飛沫、コップなどの接触を通して感染し
ます。発熱、鼻水など風邪のような症状が数日続き、ひどくなると肺炎や細気
管支炎を起こします。2歳までにほぼすべての子供が一度は感染しますが、終
生免疫が獲得されないため、流行時には注意が必要です。早産児や肺や心臓に
病気のある赤ちゃんは重症化する場合があるので、特に注意が必要です。
 また、3歳以上のお子さんの多くは、かぜ症状で経過しますが、2歳未満の
乳幼児が罹患すると、急性細気管支炎を発症し、呼吸に「ゼーゼー」と喘鳴が
出現したり、呼吸困難から入院が必要となることもあります。家族内で感染す
ることも少なくありませんのでご注意ください。また、高齢者は重症の肺炎を
起こす場合があります。
 感染予防には、うがいや手洗いの励行、マスクの着用が有効です。治療には
特効薬はなく、対症療法が基本です。予防ワクチンはありませんが、早産児な
どの感染予防のため、抗体製剤パリビズマブが投与されています。



■2■今月のトピック「『世界糖尿病デー』ご存じですか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 11月14日は「世界糖尿病デー」です。"Unite for Diabetes"(糖尿病との闘
いのため団結せよ)というキャッチフレーズとともに、国連を中心に世界中で
糖尿病抑制に向けたキャンペーンを実施しています。キャンペーンには、青い
丸をモチーフにした「ブルーサークル」マークが用いられますが、これは国連
やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインしたも
のなのだそうです。
 福山市でも、11月8日から14日の間、芦田川大橋のブルーライトアップが行
われています。

 さて、世界が注目する「糖尿病」とはどんな病気なのでしょう。

 私たちが食事をとると、体内で炭水化物が消化されてブドウ糖となり、血液
から全身の細胞に取り込まれて活動に必要なエネルギーになります。この時、
インスリンというホルモンが細胞へエネルギーを取り込む仕事をしているので
すが、このインスリンが足りない、あるいは肥満などによってインスリンが作
用しづらくなると、細胞にエネルギーが届かない状態になります。そして、取
り込まれなかったブドウ糖は血液中に流れて、常に血糖値が高い状態となりま
す。正常な状態ならば、ブドウ糖は運動などでエネルギーとして使われて血糖
値は一定に保たれていきますが、細胞に取り込まれずに異常な高血糖状態が続
くと糖尿病と診断されます。
 ひどくなると、尿が多くなる・やたらとのどが渇く・お腹がすく・体重が減
る・疲れやすい・手足のこむらがえり(足がつる)などの全身症状から、網膜
症・腎臓病・神経障害・脳梗塞・心筋梗塞などの命にかかわる合併症を起こす
危険性もあります。

 今では国民の4人に1人が糖尿病かその予備群であると言われており、とて
も身近な病気となっています。しかし、初期状態では自覚症状がないことが多
く、ご自分で気が付くのは難しいかもしれません。また、発病には遺伝的な原
因も関係しており、糖尿病になりやすい体質の方もおられます。糖尿病かどう
かは健康診断の血液検査で分かります。毎年の健康診断は必ず受けるようにし
てください。

 これから年末に向けて飲み会が増える時期でありますが、芦田川大橋の青い
光は「糖尿病になるリスクを思い出して!」と訴えています。どうか飲み過ぎ
・食べ過ぎにならないよう宴会を楽しんでくださいね。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『ごぼう』を使った料理をご紹介します。
 ごぼうは、食物繊維を多く含み、整腸作用を促し、コレステロールを抑え、
動脈硬化を防ぐ優良野菜です。
 食物繊維のリグニンは、切り口からたくさん発生します。時間がたつほど増
えますから、切ったらしばらくおいてから調理するとよいでしょう。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/konyasai/gobo.html



■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●第22回 福山医学祭
 11月15日(日) 13:00〜15:00(開場12:30〜)



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 先月秋の話題を出したと思ったら、一気に寒くなってもう冬ですね。北部
 ではもうインフルエンザが発生したそうです。うがい・手洗い励行です!
 (さ)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■