いきいき健康メール 2015年12月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2015年12月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「息が上がるのは年のせいではないかもしれません」
3 健康レシピ情報

■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎知っていますか? アニサキスは届出感染症

 近年内視鏡検査の普及とともに、生検鉗子での虫体摘出が可能となり、多数
のアニサキス症例が発生していることが明らかになりました。診断技術の高度
化に並行して、生鮮食料品の輸送体系が近代化されたことが、アニサキス症例
の多発と広域化につながっているようです。
 サバ(加工品としての「しめ鯖」を含む)が最も重要な感染源と考えられま
すが、その他アジ、イワシ、イカ、カツオ、サンマ等も感染源になる機会の多
い魚介類として注意が必要です。
 魚介類の生食後、数時間して激しい上腹部痛、悪心、嘔吐をもって発生する
のが胃アニサキス症の特徴で、食歴に関する問診と臨床症状から、胃アニサキ
ス症が疑われる場合は胃内視鏡検査で虫体を探索して、検出虫体の形態から確
定診断します。
 平成24年12月28日の食品衛生法施行規則の一部改正で、アニサキスが
食中毒の病因物質の種別として、食中毒事件票に新たに追加されました。既に
平成11年12月28日の同法施行規則の一部改正で、アニサキスは食中毒の
原因物質として食中毒事件票に例示されていましたが、今回の改正では食中毒
患者の発生状況を的確に把握する等を目的としています。従って、アニサキス
による食中毒が疑われる患者を診断した医師は、24時間以内に最寄りの保険
所に届け出ることが必要です(食品衛生法第58条・中毒に関する届け出)。



■2■今月のトピック「息が上がるのは年のせいではないかもしれません」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 動物は呼吸によって酸素を細胞に取り込み、生命活動に必要なエネルギーを
常に作り続けています。当たり前のことではありますが、私たちは呼吸せずに
生きてはいけません。
 もしちょっとでも息苦しいと、なんだか気持ちもイライラしてしまいますよ
ね。呼吸はそれほど大切なものです。しかし、辛い息苦しさがずっと続く病気
があるのをご存じですか?

 最近は呼吸器の病気として「COPD」という言葉をよく聞くようになりました
。COPDとは慢性閉塞性肺疾患のことで、咳・痰が続く、坂道や階段を上るくら
いで息切れになるなど、呼吸し辛くなるという肺の生活習慣病です。酷くなる
と酸素ボンベが手放せなくなったり、風邪などが悪化して死亡するケースもあ
る深刻な病です。
 縁遠いことのように思えますが、実は身近な病気で、40歳以上の約8.6%、5
30万人以上の患者さんがいると言われています。
 COPDになる最も大きな原因は、タバコの煙です。その中には化学物質が4000
種類以上含まれています。他にも大気汚染が原因となることもあります。それ
らの有害な物質が気管支や肺で炎症を起こしたり、肺胞という酸素と二酸化炭
素を交換する小さな器官が破壊されて機能しなくなることでも呼吸がし辛くな
ります。沢山の水を吸ったり絞ったりできるスポンジが、ヘチマのように硬く
なってしまうのをイメージしていただけたら分かり易いかと思います。

 COPDは痛みがなく、なかなか自身では気付かないのが恐ろしいところです。
高齢者に多い病気ではありますが、残念ながら一度壊れた肺胞は元に戻らない
ので、予防や早期発見が大切です。気付かぬうちに病気が進行してしまう40〜
50歳台のうちに検査をされることをオススメいたします。
 COPDかどうかはスパイロメーターという機械で肺機能を調べることで分かり
ます。呼吸器の専門医が居る医療機関で診断してもらうのが良いでしょう。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『牡蠣(かき)』を使った料理をご紹介します。
 『海のミルク』とたとえられるほど濃厚な味わいと栄養価の高さで古今東西
珍重されてきた牡蠣。各地の貝塚からアカガイやアサリに混じって、たくさん
の牡蠣が発見されており、縄文人も好んで牡蠣を食べてきたことがわかります。
 日本で採れる牡蠣の品種には真牡蠣と岩牡蠣があり、一般的に冬が旬と言わ
れるのは真牡蠣です。真牡蠣は寒い時期に栄養分をたっぷりと吸収するため冬
に味が最もよくなります。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/kaisou_gyokai/oyster2.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 毎日ドタバタ走り回っていたらあっという間の師走です。少し早い年末の
 ご挨拶になりますが、2015年もいきいき健康メールのご愛読ありがとうご
 ざいました!来年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。(さ)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■