いきいき健康メール 2016年2月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2016年2月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 感染症情報
2 今月のトピック「花粉症は突然に」
3 健康レシピ情報

■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ジカ熱って何? 

 最近テレビやインターネットでジカ熱という言葉を聞く機会が増えてきまし
た。これはブラジルやメキシコなど中南米で流行している感染症です。一昨年
から日本でも話題になったデング熱と同様、蚊によって媒介される伝染病です
。アフリカのジカという場所で発見されたのでジカ熱と呼ばれます。2〜7日の
潜伏期の後、発熱・頭痛・関節痛・発疹・結膜炎などの症状がみられますが、
かかっても症状が出ないこともあります。ワクチンはありません。対症療法に
より一週間程度で軽快しますが、女性が妊娠中に感染した場合、赤ちゃんが小
頭症となり障害を持って生まれてくる可能性が報告され問題となっています。
現時点で流行は中南米に限られ日本国内では確認されていません。必要以上に
心配しなくてもよいですが、妊婦や妊娠の可能性がある女性の渡航は控えるほ
うがよいでしょう。



■2■今月のトピック「花粉症は突然に」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 くしゃみ、鼻水、鼻づまりがひどいのに熱はない。風邪にしてはおかしいな
?と思ったら、それはもしかしたら花粉症かもしれません。
 花粉症は、現在では4人に1人がかかっているとも言われており、とても身
近な病気です。そして、昨日までは何ともなかったのに、今日から突然!?と
いうこともありえるのが花粉症の怖いところです。
 花粉が身体の中に入りアレルギー反応が起こることで、くしゃみ、鼻水、鼻
づまり、目のかゆみなどの症状を起こすのが花粉症ですが、同じ地域に住んで
いるのなら花粉は平等に飛んでくるはずです。どうして花粉症になる人となら
ない人がいるのでしょう?

 人体へ花粉が侵入するたび、それと戦うためにIgE抗体というものが蓄積さ
れ、これが一定量以上に達するとついに発症!というのが花粉症のしくみです。
 この「一定量」には個人差があり、遺伝的に元々抗体が多いアレルギー体質
であったり、肉類やインスタント食品中心の食生活によってアレルギーに過剰
反応しやすい体になった、また、外出が多く花粉の多い場所に居る時間が長い
など、遺伝や普段の行動で発症に個人差がうまれるようです。

 既に花粉症になってしまっている人は、花粉の飛散が開始する前に治療を開
始することで、症状を抑える効果が期待できます。お医者さんに相談してみて
くださいね。また、お酒は、鼻粘膜の血管が拡張して腫れがひどくなり鼻づま
りを悪化させますし、タバコは直接鼻粘膜を刺激するため症状を悪化させます
。花粉症を禁酒・禁煙のキッカケにするのも良いですね。

 今年は暖冬の影響で、スギ花粉の飛散開始がやや早くなるとのことです。ま
た西日本は飛散量が多くなるとの予報もあります。外出時にはマスクやメガネ
で花粉を吸いこむのを防ぐ、帰宅時に家に入る前に衣服や髪を払って家の中に
花粉を持ち込まないなど、普段から予防されることをオススメします。
 これから春風に乗って花粉がやってきます。花粉症の人もまだそうでない人
も、心構えをしっかりしておきましょう。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『あしたば』を使った料理をご紹介します。
 あしたば(明日葉)はせり科の植物で、原産地は伊豆諸島で、中でも八丈島
は産量が最も多いです。福山ではあまり馴染みのない植物ですが、島民は古く
から薬草や野菜として食べてきたそうです。生命力がとても強い植物で、今日
摘んでその翌日にはすぐ新芽が出ることから"明日葉"と名付けられました。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/hayasai/ashitaba.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 今シーズンは暖冬だったせいか、なかなかインフルエンザの患者さんが増
 えなかったのですが、いつだったかの冬将軍と一緒についにインフルエン
 ザの流行期がやってきました。気温と体調って関係あるんだなぁと、今更
 ながらに感心したのでした。(さ)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■