いきいき健康メール 2016年11月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2016年11月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】ウイルス性疣贅(ゆうぜい)―気になるイボ―
2 【トピック】 口腔アレルギー症候群をご存知ですか
3 【健康レシピ】『春菊』を使った料理をご紹介します
4 【イベント】 第23回福山医学祭市民公開講座


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ウイルス性疣贅(ゆうぜい)―気になるイボ―

 ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)に感染したことによる良性の皮膚・粘膜腫瘍で
す。ウイルスは皮膚の極小外傷から侵入するため、外傷を受けやすい手指、足
底、顔面などに多くみられます。

 傷口から侵入したウイルスは、数か月後には1mm大に隆起し次第に大きく
なります。足底にできた場合は、体重による圧迫で隆起せずに角化するため、
胼胝(たこ)やうおのめに間違われることがあります。自己判断で市販薬を使
ったり、削ったりすることでウイルスを拡散させてイボが増える場合も多いの
で、できものに気が付いた場合は早めに専門機関で治療を受けるとよいでしょ
う。

 治療は、液体窒素を使った凍結療法が一般的です。液体窒素を綿棒に含ませ、
患部が白く凍結されるまで数秒間当て、凍結と融解を繰り返します。この治療
は痛みを伴うこと、完治まで繰り返し治療を受けなければいけないことから、
ある程度イボが小さくなってきた時点で治療をやめてしまう人もいますが、成
人の場合、自然治癒する可能性は低く、疲労やストレスなどで体力が低下した
時に残っているウイルスでイボが再生増大しますので根気強く治療を続けてく
ださい。



■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎口腔アレルギー症候群をご存知ですか

 いよいよ秋も深まってきました。秋といえば食欲の秋。美味しい果物や野菜
がたくさんあります。しかし、それらを食べた後、口の中が痒くなったり、唇
やのどに違和感を感じたことはありませんか?もしかしたら、それは「口腔ア
レルギー症候群(OAS)」かもしれません。

 OAS は食物アレルギーの特殊型で、ある食べ物を食べた後、口やのどに起こ
る過敏な症状です。原因となる食物でよく知られたものは、バラ科(モモ、リ
ンゴ、ナシ、サクランボ)、キウイ、大豆類(豆乳、もやし)、などで、この
他も多数あります。

 OAS は「花粉症」と関連がつよく、シラカバやハンノキ花粉症はバラ科の
OAS を合併しやすく、スギ花粉症はトマトの OAS を、同様に秋のブタクサ花粉
症はメロン、スイカ、バナナ、キュウリ。ヨモギ花粉症はマンゴー、セロリ、
ニンジンなどの OAS をしばしば合併します。一見無関係にみえますが、いずれ
も植物由来の共通する物質があるからです。

 OAS は口やのどの違和感のような軽い症状もあれば「皮疹、気分不良、呼吸
困難、動悸、腹痛、血圧低下」といった重篤な症状もあります。これはアナフ
ィラキシーといってすぐ救急車を呼んで医療機関を受診することが重要です。

 OAS に注意しつつ実りの秋を安全に満喫いたしましょう。


■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回は、『春菊』を使った料理をご紹介します。
鍋物の材料として定番な春菊ですが、お鍋ばっかりじゃ飽きちゃいますよね...。
和風だけではなく洋風レシピでも大活躍な春菊の使い方は下記をクリック!

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/hayasai/syun.html


■4■行事・講演会情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●第23回 福山医学祭 市民公開講座

★普段聞くことのできない専門家による公開講座に是非ご参加ください。
 誰もが安心して暮らせる地域づくりを、聞いて感じて考えましょう。

[日  時] 11月27日(日) 13:00~14:30(開場12:30~)
[場  所] 福山市医師会館 4階講堂
[特別講演] 災害は忘れる前にやってくる
[講  師] 県立広島病院救命救急センター長 山野上敬夫先生
[特別企画] ◎災害時における薬剤師のかかわり
      ◎見て!触れて!臨床検査
[体験コーナー] ◎CPRとAED体験コーナー

⇒ http://www.fmed.jp/cnt/news/event/2016igakusai.html

 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 11月27日に今年も福山医学祭を開催いたします。今年のテーマは
 防災なのですが、折しもこの日に全市一斉防災訓練が実施されます。
 朝9時から訓練開始で携帯電話に緊急速報メールが配信されるそうです。
 私も福山市民としてできる範囲で訓練に参加して防災に備えようと思い
 ます。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

広島県救急医療情報ネットワークはコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■