いきいき健康メール 2017年11月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2017年11月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】それって、いつもの風邪ですか?
2 【トピック】 検診に行きましょう!
3 【健康レシピ】今回は『こんにゃく』を使った料理を紹介します。
4 【イベント】 第24回 福山医学祭 市民公開講座


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎それって、いつもの風邪ですか?

これは、厚生労働省が、毎年9月の結核予防週間に、結核についての理解を深
めるために作成した今年の啓発ポスターの標語です。

今年のポスターでは、症状を上手に医師に伝えられない患者さんと、診断に必
要な情報が得られないために診断を進めにくい医師とのやりとりが描かれ、「
感染症の早期診断に役立つ情報」が例示されています。

感染症の正しい診断には、患者さんしか分からない情報を医師に伝えること、
医師は必要な情報を患者さんから聞き出すことが重要です。患者さんと医師の
間でそういった情報のやりとりが無いと、診断の遅れや誤った診断につながる
ことになります。

結核の症状には特徴的なものはなく、私たちが日常的に経験する「風邪」の症
状とよく似ています。いつもの風邪の症状とは異なるところ(例えば、痰の絡
む咳が2週間以上続いている、微熱や身体のだるさが2週間以上続いている等
)を患者さんが医師に伝える、医師は患者さんの「いつもの風邪」の症状とは
異なるところを聞き出す、これにより結核の早期発見、早期診断につなげるこ
とが出来ます。

この例以外にも、自分自身にしか分からない、医師に伝えることで感染症の正
しい診断に役立つ情報にはいろいろなものがあります。

たとえば、
□最近、海外旅行から帰って来た→麻しん、腸チフス、赤痢アメーバなど。
□身体に淡いポツポツが出て来た→麻しん、風しん、猩紅熱など。
□山遊びでダニに咬まれた跡がある→日本紅斑熱、ツツガムシ病、発疹チフス
  、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)など。
□海外旅行で何度も蚊に刺された→マラリア、デング熱、ジカ熱など。
□耳の後ろのリンパ腺が腫れている感じがある→A群溶血性連鎖球菌急性咽頭炎
 、流行性耳下腺炎、伝染性単核球症、急性HIV感染症など。
いずれかに該当していれば医師に伝えましょう。

すると医師は矢印の右に記したような、「いつもの風邪」とは違う様々な感染
症の可能性も考慮に入れながら診察することになり、正しい診断につながりま
す。

皆さん、病院を受診する時は「いつもの風邪とは違うところはないかな?」と
考えてみてください。思い当たることがあれば是非医師に伝えましょう。
(出典:厚生労働省ホームページ)


■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎検診に行きましょう!

ずいぶん寒くなってきました。今年は秋を飛び越えてすぐ冬が到来しそうです
ね。

皆さんも、デーモン閣下のポスターを街でご覧なったことがありますか?私は
医師会の健診担当理事というのも担当させていただいていますが、そこで問題
となるのは広島県の検診受診率の低さ。広島県はなぜか検診受診率が低く、全
国でも下位に位置しています。健診はいろいろな病気の早期発見のきっかけに
なります。症状がなくても健診をうけることで病気を予防できるわけですが、
広島県の健康寿命のランキングは、女性に関しては都道府県別で46位。ワース
ト2位なんです。

これは考えてみればかなり不思議なことです。医療機関の数などから推し量れ
る医療の充実度や、県の経済規模など、広島県は、全国の平均から上位に位置
しているいわば「普通の県」なんですよね。だからよく新製品のモニターは広
島県でされることが多いらしいんです。気候も温暖ですし。

個人的に広島の特徴といえば災害が少ないこと。

それに付随する防災意識のなさ、危機感の低さ、というのが健康診断の受診率
の低さにも関係しているのかもしれません。

ともあれ、皆さんも検診には行きましょう!


■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎今回は、『こんにゃく』を使った料理を紹介します。

こんにゃくは97%が水分で、食物繊維も豊富なヘルシーで健康に良いとされる
食材です。アクがある食材なので調理の前にさっと茹でるか、塩でもみ洗いし
てから調理すると良いです。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/recipe/sonota/kon.html


■4■イベント情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎第24回 福山医学祭 市民公開講座

★福山市医師会では11月26日(日)に、「第24回福山医学祭」を開催いたします。
 今年は一般市民の方が参加できる市民公開講座として、何もないとは言わせ
 ないin福山医学祭~ここまできたがん治療~」と題し、福山市内の様々な
 診療科の医師による「がん治療」に関するシンポジウムを行います。
 普段聞くことができない専門家による話が聞ける貴重な機会です。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

[日 時] 11月26日(日) 13:00~15:00(開場12:30~)

[場 所] 福山市医師会館 4階講堂

[テーマ] 何もないとは言わせないin福山医学祭~ここまできたがん治療~

[特別企画] ◎歯医者さんに伝えていただきたい病気と薬

[体験コーナー] ◎CPRとAED体験コーナー

⇒ https://www.fmed.jp/cnt/news/event/2017igakusai.html


 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 福山医学祭とは、福山地区の医療・介護に携わる多くの職種の方が一堂
 に会し、様々な症例や取り組みの成果などを発表する会で、今年で24回
 目を迎えます。毎年600名を超える医師や医療従事者が参加され、会場は
 朝から大いに賑わいます。一般市民のみなさまも午後からの市民公開
 講座にご参加いただけますので、ご興味のある方はこの機会にぜひ足を
 運んでみてください!

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

救急医療Net広島はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/

いきいき健康メールバックナンバーはコチラをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/mag/backnumber/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■