いきいき健康メール 2017年3月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2017年3月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】E型肝炎とジビエ料理
2 【トピック】 寒い時期、関節の痛みはないですか?
3 【健康レシピ】『みつば』を使った料理をご紹介します

■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎E型肝炎とジビエ料理

 シカやイノシシ、野ウサギ、野生の鳥などを材料にした「ジビエ料理」が静
かなブームです。ジビエ料理のレストランもできて、より多くの人が楽しめる
ようになってきました。人気の背景には、食品衛生法に基づく、2012年7
月の「牛のレバーの生食の販売・提供の禁止」、又2015年6月の「牛や豚
の肉やレバー等内臓の生食販売・提供の禁止」により希少価値が高まったこと
があるようです。これらの生食が禁止されたのは、腸管出血性大腸菌による食
中毒やE型肝炎等による感染症が懸念されるからです。
 E型肝炎はE型肝炎ウイルス(HEV)に感染して起こる急性肝炎で、慢性化す
ることはありませんが、2~9週間の潜伏期間を経て、黄疸、発熱、食欲不振、
肝機能の悪化などの症状が現れます。E型肝炎の予防は何よりもジビエを生で
は食べないことです。狩猟で獲れたばかりの新鮮な肉でもウイルスに汚染され
ているリスクは高いのです。新鮮かどうかは関係なく、必ず火を通した物を食
べましょう。
 中国地方で捕獲されたイノシシの30~42%にE型肝炎の感染歴があるこ
とが分かりました。
 厚生労働省でも野生鳥獣の衛生管理に関する検討会を行い『野生鳥獣肉の衛
生管理に関する指針(ガイドライン)を作成しました。
野生動物の肉は生で食べないように、又中心部まで火が通るように十分に加熱
して食べるように勧めています。
 そうしたことでE型肝炎の予防ができると思われていましたが、最近肝臓学
会誌で、乾燥猪胆嚢(乾燥したイノシシの胆嚢:生肉ではない)からの感染が
疑われたE型肝炎の症例が報告されました。7~8年前から猪胆を猟師より入
手し、その粉末を冷水に溶き、それを生薬として飲用していてE型肝炎を発症
したとの内容です。このようにジビエ料理を生で食べなくてもE型肝炎を発症
することもありますので、ジビエ料理を食べた後、体がだるくなったり、肝炎
症状がある場合は直ちに専門医に相談してください。


■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎寒い時期、関節の痛みはないですか?

 中高年になると手指の関節に痛みを感じて、腫れてくることがあります。加
齢と共に、骨・軟骨の退行変性・老化が進行し、特に、女性は閉経後、骨粗鬆
症・変形性関節症(OA)を発症してきます。余分の骨が作られ、骨棘が形成
されると手指の第一関節にはヘバーデン結節(こぶ状のふくらみ)、第二関節
にはブシャールの結節が出来てきます。個人差はありますが、次第に、屈曲・
伸展不全を来し、細かい手作業に支障を生じます。OAは股・膝関節にも病変
が及び、最終的に人工関節置換術を施行せざるを得ない患者さんもあります。
 OAと鑑別診断を要する疾患が「関節リウマチ(RA)」です。自己免疫と
いう免疫の異常が原因で発症する慢性の関節炎です。関節を包む滑膜に生じた
慢性炎症による肉芽の組織が、軟骨・骨を侵食して関節破壊が進み、最終的に
変形・機能障害をもたらす難病です。従来、40歳代の中年女性に多く発症す
るとされていましたが(男女比は1:4)、高齢化社会になり、60歳以上の
高齢発症も増加し、男女比が1:1と男性にも多く発症することが報告されて
います。
 19世紀後半の印象派画家・ルノワールが、晩年、RAに罹患し、不自由な
がら、変形した手指で筆を取ったことがよく知られています。近年、医学の進
歩はめざましく、生物学的製剤と呼ばれている特効薬が開発され、発症早期か
ら治療すれば「治癒」も可能な時代になっています。早期発見、早期治療、専
門医への受診を心掛けましょう。


■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回は、『みつば』を使った料理をご紹介します。
 みつばは、日本に昔からあるセリ科の植物です。香りを生かすお吸い物や茶
わん蒸しの飾りのような使われ方をよく見ますが、健康レシピでは和え物や炒
め物での使い方をご紹介しています。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/kenkou/recipe/hayasai/mitsuba.html


 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 3月2日は看護学校の卒業式でした。普段は看護学生でにぎわっている
 医師会館階ですが、4月の入学式までのしばしの間、ひっそりとした
 時間が流れます。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

救急医療Net広島はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■