いきいき健康メール 2018年10月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2018年10月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】A型肝炎の流行と感染予防
2 【トピック】 地域包括ケアシステム
3 【健康レシピ】今回は『黒豆』を使った料理を紹介します


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎A型肝炎の流行と感染予防

このほど、厚生労働省は「A型肝炎患者の報告数増加に伴う注意喚起について
」の通知を出しました。

通知によると、本年第1週から第24週(6月11~17日)におけるA型肝
炎患者の報告数は417件で、例年の年間約100~300件と比べて、約3
~8倍と大幅に増加しています。

発生状況については、都市部を中心に、国内の複数の地域で報告があります。

感染経路としては、食事などによる経口感染のほかに性的接触があることです。
特に、本年第1~24週の報告例で推定される感染経路として性的接触が多い
ことが挙げられています。

日本性感染症学会、日本エイズ学会、日本感染症学会などは、A型肝炎を性感
染症と位置付けています。

A型肝炎は感染症法では4類感染症に規定されており、医療機関は診断した場
合には直ちに最寄りの保健所長を経由して都道府県知事に届け出なければなり
ません。感染経路として性的接触が疑われる場合には、梅毒やHIV感染症など、
性的接触により感染する他の疾患の重複感染にも留意が必要となります。

60歳以下のほとんどの日本人はA型肝炎に対する免疫を持っていません。感
染者の同居者やパートナーなど、特にA型肝炎ウイルスへの曝露リスクが高い
人への対応としては、A型肝炎ワクチン(不活化ワクチン)の接種が推奨され
ていますので、最寄りの医療機関にお尋ねください。

文責:福山市医師会 感染症対策委員 坂田達朗



■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎地域包括ケアシステム

「地域包括ケアシステム」という言葉をお聞きになったことがありますか?

高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援を目的とし、住み慣れた地域で自分らし
い暮らしを最期まで続けられるために提供される、地域の包括的な支援・サー
ビス体制のことです。

このシステムには医療機関、介護施設、ヘルパー・デイサービスなどの介護保
険サービス、ボランティアなどの私的組織等々、高齢者に関わるあらゆるサー
ビス・組織が含まれます。これらが連携なく動いたのでは切れ目のないサービ
スにはなりませんので、国や各市町村では各組織を有機的に結びつけ、みんな
が安心して暮らせるシステムの確立をめざしています。

各地域で中核となる存在が「地域包括支援センター」です。

福山市では市内を15の地域に分け、それぞれに地域包括支援センターが置かれ
ています。高齢者の医療・介護などについて相談が必要な際には、お住まいの
地域の地域包括支援センターにご相談ください。

文責:福山市医師会 広報委員 吉岡 孝



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎今回は『黒豆』を使った料理を紹介します

黒豆にはアントシアニンが含まれ、これが黒豆特有の黒い色の素となっていま
す。このアントシアニンには抗酸化作用があり血管の老化現象である動脈硬化
の予防をしてくれる優れものです。アントシアニンを取って血管から元気にな
りましょう。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/recipe/shujitsu/kuromame.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 いまさらですが、10月10日は目の愛護デーです。
 歴史は古く1931年に定められた「視力保存デー」にはじまる失明予防の
 ための目の記念日だそうです。最近年のせいか、近くのものが見づらく
 なっており、とうとうゆるい遠近両用メガネにチェンジいたしました。
 いままで一度も眼科にかかったことが無いのですが、これを機に目の
 検診も受けないといけないなぁと思う今日この頃です。(今)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

救急医療Net広島はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/

いきいき健康メールバックナンバーはコチラをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/mag/backnumber/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■