いきいき健康メール 2018年4月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2018年4月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】溶連菌感染症にご注意を
2 【トピック】 自己免疫疾患とはどんな病気ですか?
3 【健康レシピ】今回は『鯛(たい)』を使った料理を紹介します


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎溶連菌感染症にご注意を

溶連菌感染症は一年中みられますが、毎年、春の新学期がはじまったあたりか
ら増加します。

子供に多くみられる、のどや皮膚などの感染症で、咳やくしゃみの飛沫や、唾
液・鼻水の付着した手や物への接触により伝染するので、流行時にはマスク、
手洗い、うがいなどで感染を予防することが重要です。

症状は、熱、のどの痛み、イチゴ舌(舌が苺状に赤く腫れる)や皮膚の病変(
溶連菌の出す毒素による鮮紅色の発疹や、皮膚への感染による水疱や膿疱)な
どで、医療機関を受診して、処方された抗生剤をきちんと決められた日数飲め
ば速やかに治癒することが多いのですが、そうでないと、ときに急性糸球体腎
炎やリウマチ熱(心臓弁膜に障害を起こす病気)などの合併症につながること
もあるので要注意です。

また、急性糸球体腎炎は、児童ではほとんど完治しますが大人では30~40%は
慢性化します。

さらに、重篤な合併症の劇症型連鎖球菌感染症は近年増加傾向で死亡率は約
30%、特に30歳以上の大人に多く、マスコミで「人食いバクテリア」として紹
介されています。溶連菌感染をありふれた子供の病気だと軽く考えないで十分
に注意しましょう。 



■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎自己免疫疾患とはどんな病気ですか?

心臓病・腎臓病・肝臓病・肺病など臓器別の疾患ならば理解が出来るが、多臓
器に病変が及ぶ全身の病気ならば、原因が不明である。

免疫反応は本来、細菌・ウイルス・異物など、外からの侵入物に対する反応で
す。ところが、免疫機構の破綻によって、自分の細胞・蛋白・核成分・臓器に
対して反応する病的な反応が自己免疫です。

自己免疫疾患と呼ばれる病気は関節リウマチ(RA)・全身性エリテマトーデ
ス(SLE)・多発性/皮膚筋炎・全身性硬化症(強皮症)・多発性動脈炎な
どの膠原病、慢性甲状腺炎(橋本氏病)・重症筋無力症・自己免疫性肝炎/膵
炎などが含まれます。いずれも、病変が多臓器に及ぶ原因不明の難病です。

治療は抗リウマチ剤、ステロイド・ホルモン、免疫調整剤、免疫抑制剤などが
使用されます。近年、遺伝子組み換えで作成された、炎症を惹起する特定の蛋
白に対する抗体が治療に応用され、画期的な効果を挙げています。

関節の痛み、蛋白尿、皮疹、不明熱、食欲不振、体重減少、筋肉痛、脱力感な
どの自覚症状が出現したら、早めに医療機関を受診しましょう。



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎今回は、『鯛(たい)』を使った料理を紹介します。

鯛は『おめでたい』魚とされ、日本人にとても愛されている魚ですが、なんと
『古事記』や『日本書紀』にも載っているほど大昔から愛されているお魚です。
「健康レシピ」では鯛の栄養も紹介しています。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/recipe/kaisou_gyokai/tai.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 激しい寒暖差や、進学、就職などの環境の変化のせいか、
 なんとなく気分が落ち込んだり、調子が悪いことがあります、
 そういう症状を「春バテ」というのだそうです。
 「春バテ」のほかにも「梅雨だる」「夏バテ」「秋バテ」等など、
 結局、現代人は年中疲れているんですね・・・
 日ごろからの体調管理も大事ですが、しんどいときは無理をせず
 最寄のかかりつけ医にご相談くださいませ。

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

救急医療Net広島はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/

いきいき健康メールバックナンバーはコチラをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/mag/backnumber/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■