いきいき健康メール 2019年11月11日発行号

【いきいき健康メール】(2019年11月号)
-------
 も く じ
-------
1 【感染症情報】感染症の流行のようすが変わってきている!
2 【トピック】こどもの食物アレルギーについて考えませんか~福山医学祭 市民公開講座 へのお誘い~
3 【健康レシピ】今回は『かき』を使った料理を紹介します。


■1■感染症情報

◎感染症の流行のようすが変わってきている!

今年は、9月にもう、福山市内でインフルエンザ様疾患による学級閉鎖があったことに驚かれたかたも多いと思います。
日本国内で、インフルエンザの流行のようすが、例年とちがうことの原因として、ラグビーW杯に伴う海外からの持ち込みがあるといわれています。

日本感染症学会も注意喚起していますが、オリンピック・パラリンピックのような国際的大規模イベント(マスギャザリング)では、感染症流行のリスクが高まると言われています。
また、訪日外国人(インバウンド)の増加に関連して、普段わが国ではあまり見かけない感染症が海外から持ち込まれる可能性が高まります。
競技会場は主に東京ですが、参加選手団の事前キャンプ地やホストタウンは日本全国に広がり、わが国の臨床医はいつどこでこれらのインバウンド感染症と遭遇しても不思議ではありません。

これらに対する備えは変わりません。
ふだんの手洗い(手指消毒)の励行と、うがい、そして、休養をしっかりとることです。
インフルエンザの予防接種も早めに受けておきましょう。


文責:福山市医師会 感染症対策委員 小山 祐介


■2■今月のトピック

◎こどもの食物アレルギーについて考えませんか~福山医学祭 市民公開講座 へのお誘い~

食物アレルギーはまれな疾患ではなく、多くの人々が正確な知識を持つことが大切です。
特に全身的なアレルギー症状を示すアナフィラキシーでは、病気の理解と共に、出現時の初期対応が重要です。

食物アレルギーに携わる医療機関・学校そして保護者の方々が、確かな情報を共有し、地域として支え合うことが重要です。
きたる11月17日(日)の「第26回福山医学祭」では、13時から15時(開場12時30分)、市民の方が参加できる公開講座として、「こどもの食物アレルギー れいわの新常識」と題し、福山市内のアレルギーの専門家によるシンポジウムを行います。
シンポジウム終了後には、お気軽にご質問いただけるように別会場に質問ブースを設けております。
ご不明な点や気になることがございましたら、是非この機会にご質問ください。

福山医学祭ではまた、インストラクターによるAEDや心肺蘇生法(CPR)の指導が受けられる「CPRとAEDの体験コーナー~あなたの大切な命を救う技術を身につけよう~」や、
広島県臨床工学技士会による特別企画「きて!みて!さわろう!病院の最新メカ カッコいい臨床工学技士」では、様々な医療機器の操作体験や臨床工学技士についてご紹介します。
ご期待ください。

⇒ https://www.fmed.jp/cnt/news/event/2019igakusai.html

文責:福山市医師会 広報委員 小山 祐介


■3■健康レシピ情報

今回は『かき』を使った料理を紹介します。

▼「健康レシピ」はコチラ
https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/recipe/kaisou_gyokai/oyster.html
※上記URLは、一部の携帯電話では正常に表示できない場合がございますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。


■編集後記■
今年で第26回目を迎える福山医学祭ですが、毎年たくさんの方のご参加があり、大賑わいする会です。
ご興味のある方はこの機会にぜひ、福山医学祭へいらっしゃってください!(も)


▼休日当番医(地図リンク付き)
http://www.fmed.jp/touban/

▼救急医療Net広島
http://www.qq.pref.hiroshima.jp/kt/

▼いきいき健康メールバックナンバー
https://www.fmed.jp/cnt/mag/backnumber/

※上記URLは、一部の携帯電話では正常に表示できない場合がございますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

---------------------
発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、以下をご覧ください。
https://forms.gle/JwYisNCCGEF9iSCQ8