いきいき健康メール 2019年3月8日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2019年3月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】破傷風ワクチンの勧め
2 【トピック】 「花粉皮膚炎」を知っていますか
3 【健康レシピ】今回は、お菓子レシピ『生菓子 "桜"』をご紹介します


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎破傷風ワクチンの勧め

破傷風という病気をご存じですか?

破傷風菌は、土の中や動物の糞の中に生息し、傷口から体内に侵入、潜伏期間
3日から3週間で発症します。菌が作る毒素でけいれんなどが起き、死亡率が高
い恐ろしい病気です。

発症すると対症療法しかなく、傷を負ったことに気づかない感染経路が不明な
こともあることより、ワクチン(トキソイド)で予防しておくことが重要です。
正しくワクチンを接種していれば、ほぼ100%の予防効果があります。

小児期にワクチンを接種しますが、定期接種化されたのは、1968(昭和43)年
で、中高年以上の方は抗体を持っていない人が多いとされています。また、年
月とともに抗体価は減っていき、10年ごとの追加接種(ブースター)が必要と
なります。

現在の日本でも毎年100人前後が発症しており、決して過去の病気ではありま
せん。

また、東日本大震災の時には、震災関連で10人ほどの方が破傷風を発症してい
ます。震災時やボランティア時のけがが原因と考えられています。

すべての人がワクチン接種対象者ではありますが、特に、普段から土いじりを
している・動物と接する機会が多い・屋外での仕事に従事している・災害ボラ
ンティアに参加している・海外旅行に行く機会が多い―などに該当される方は、
ワクチンを受けることを考えましょう。

文責:福山市医師会 感染症対策委員 平田教至



■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎「花粉皮膚炎」を知っていますか

今年も春の花粉症の季節がやってきました。

スギ花粉が目や鼻の粘膜に付き、アレルギー反応が引き起こされると、鼻水や
くしゃみなどの鼻炎症状が出たり、目の痒みや流涙などの結膜炎症状が出ます。

花粉が皮膚に付くと、同じ機序で皮膚炎が起こります。それが花粉皮膚炎です。

毎年春になると、顔や首などの露出した皮膚に痒み、赤みが出る人は、花粉皮
膚炎かもしれません。皮膚が腫れぼったい、化粧ののりが悪い、皮膚がカサカ
サする、化粧水を塗っても塗っても浸透しないと訴える人もいます。

ふつうは、鼻炎症状と平行して皮膚症状も増悪しますが、時には皮膚症状しか
出現しないこともありますので、注意が必要です。疑わしい場合は、血液検査
で花粉に対する抗体を調べて診断をつけることもできます。

予防のためには、花粉を皮膚に触れさせないこと。つまりマスク、メガネ、帽
子の着用、花粉の付きにくい衣服で皮膚を覆うことが大切です。花粉にひどく
さらされた時には、水で軽く洗い流してください。

バリア機能が障害された皮膚からは花粉が侵入しやすいため、症状が強くなり
ます。皮膚をこすったりひっかいたりしないこと、皮膚を過度に洗わないこと、
しっかり保湿をして乾燥させないように気をつけてください。

症状が強いまま放置しておくと、皮膚がますます傷つき、悪循環を引き起こし
ます。早めに医療機関を受診し、治療を受けた方がよいでしょう。

文責:福山市医師会 広報委員 徳毛幸枝



■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎今回は、お菓子レシピ『生菓子 "桜"』をご紹介します

もうすぐ桜の季節です。桜のかわいらしい和菓子を食べながらのお花見はどう
でしょう?この時期ならではのお菓子づくりに挑戦してみてはいかがでしょう
か。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/recipe/okashi/sakura.html



 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 数年前のこの時期に、掻いたところが跡になってかゆみが引かず、
 病院でお薬を処方してもらったことがあります。思えばこれも
 花粉皮膚炎だったのかもしれないですね。今年は例年より花粉飛散量が
 多いと予想されておりますので私自身も気をつけたいところです(今)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

救急医療Net広島はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/

いきいき健康メールバックナンバーはコチラをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/mag/backnumber/


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
 ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ空メールを送信して
ください。
fma-can@fmed.jp

・・‥...―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■