いきいき健康メール 2019年4月10日発行号

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      いきいき健康メール (2019年4月号)

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】いまだにこわいB型肝炎
2 【トピック】 5月病について
3 【健康レシピ】今回は『ふき』を使った料理を紹介します。

■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎いまだにこわいB型肝炎

性行為などで感染するHIV(昨今映画で話題になったフレディーマーキュリー
もその犠牲者の一人です)と同じくB型肝炎(HBV)も血液感染をおこします。

B型肝炎は、HIVに比べても感染力が非常に強く、母子感染に加え、針刺し事故
・性行為・輸血など体液が直接体内に入る行為で感染します。感染者も多く、
なんと全世界で3億5000万人、日本でも未だに150万人の患者さんがおられます
。日本では母子感染予防が30年前から行われていますし、殆どの患者さんはき
ちんと治療を受けています。ただ若く自覚症状がない感染者もおられます。性
交渉で容易に感染するため、中国・台湾をはじめ東南アジアの方々の罹患率も
高く、風俗産業の利用がきっかけとなったり、利用しないパートナーも感染さ
せてしまうのです。

治療薬も進歩していますが、そもそもワクチンで予防できる病気です。日本で
も平成28年から新生児にはワクチンが定期接種化されましたが、成人は任意接
種です。WHOはすべての人にワクチン接種を推奨しています。国際化の時代、
ワクチン接種を検討してもいかがでしょうか?(ちなみに医療関係者はほぼ全
員ワクチンを受けています)

文責:福山市医師会 感染症対策委員 辰川匡史


■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎5月病について

五月病とは、医学的な病名ではなく、5月の連休後に憂鬱になる・なんとなく
体調が悪い・会社に行きたくないなどの軽いうつ的な気分に見舞われる症状の
ことをいいます。

以前は若い新入社員や新社会人に多く見られていましたが、現在は転勤や転職
、部署異動など新しい環境に変わる中高年の人にも増加しています。

主な原因はストレスや疲労で、症状としては、疲れやすい・頭痛がする・眠れ
ない・仕事や家事などが以前のようにテキパキこなせないなどの身体的なもの
から、やる気がおきない・気分が落ち込む・何も興味がわかない・不安や焦り
がひどくなるなど、精神的なものまでさまざまです。

これらの症状が長引くとうつ病にまで進行することがあるため、思い当たる症
状があるときは早めに心療内科や精神科を受診することが大切です。

ストレスが多い現代では、だれでも五月病になる可能性がありますが、次のよ
うな方は特に注意が必要です。

◎この春に就職・異動・転勤・転職した、職場の雰囲気や人間関係などが変わ
 った
◎生活リズムが乱れていた、冬から春にかけて繁忙期で長時間残業を行ってい
 た

方などです

自分は症状が出ていない場合も、周囲には五月病になっている人がいるかもし
れません。「ゴールデンウィーク後に様子がおかしい」と感じたら声をかけ、
みんなで五月病やうつ病を予防していきましょう。

文責:福山市医師会 広報委員 宅和直樹


■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎今回は『ふき』を使った料理を紹介します。

特有のほろ苦さと、さわやかな色合いが「春」を感じさせてくれる野菜です。
山菜の中には新芽の出る時期がふきの芽吹く時期と重なり、外見もよく似てい
ている毒草があるため、採集する時には注意が必要です。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/recipe/kukiyasai/fuki.html


 編 集 後 記
┏------------------------------------------------------------------┓

 新年度が始まり、今号より編集後記担当も交代いたしました。
 これからも皆様のお役に立つ情報をお届けできるよう目指してまいります
 ので、今後ともいきいき健康メールをご愛読くださいますようお願い申し
 あげます。(も)

┗------------------------------------------------------------------┛


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

救急医療Net広島はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/

いきいき健康メールバックナンバーはコチラをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/mag/backnumber/

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―...‥・・