いきいき健康メール 2019年8月9日発行号

【いきいき健康メール】(2019年8月号)
-------
 も く じ
-------
1 【感染症情報】旅行者と水あたり
2 【トピック】熱中症対策として日傘を使いましょう


■1■感染症情報

◎旅行者と水あたり

8月は長期休暇を利用しての旅行を楽しまれるかたも多いのではないでしょうか?

現在では、国内での移動先で「水あたり」を心配する必要性は無いと言っても過言ではありません。
水質管理された水道水は、加熱することなく飲用できます。
ひょっとしたら水あたりと言う言葉は死語になっているかもしれませんが、水あたりはお腹をこわすのと似たような状態で、下痢や軟便、嘔吐などの症状が現れます。

明治時代までは、砂礫などを通過してきた湧水(井戸を含めて)を飲用していたのが普通ですが、この澄んだ水は土壌による物理的な濾過と、土壌に優勢な細菌類の化学的なバリアー(通過物質の分解など)のたまものです。
ただしそのままでは無菌という訳では無く、江戸時代の旅行者は加熱しないと水あたりを防ぐことはできなかったでしょう。
ただし免疫が対応している(慣れのある)現地の人は、そうはなりません。

現在の水道水はいわゆる塩素による殺菌が行われていますので、旅行者は水道水で下痢を心配することは無いでしょう。

少し感染症の話からはそれていますが、体に必要な水にまつわる話でした。

文責:福山市医師会 感染症対策委員 淺野誉久


■2■今月のトピック

◎熱中症対策として日傘を使いましょう

現在、全国的に熱中症患者さんが急増しています。
今年は梅雨明けが遅く、体がまだ高温に順応していないこともあり、今の時期特に注意が必要です。

不必要に日中外で活動することを控えて、こまめな水分摂取を行うなど熱中症対策をとりましょう。
ときどき冷房は嫌いと、エアコンを使用しない方もいらっしゃいますが、室内でも熱中症は発症します。
適切な温度管理が必要ですので、上手に冷房を使用しましょう。

環境省のホームページには、熱中症予防情報サイトがあり、暑さ指数(WBGT)の実況予測や、熱中症の知識、対策などの情報がまとめられており、一読されることを勧めます。

また、今年5月、環境省は熱中症対策に日傘の活用を勧める声明を出しています。
この時期外を出歩く人は、男女にかかわらず日傘を活用してみてはいかがでしょうか。

文責:福山市医師会 広報委員 平田教至


■編集後記■
熱中症や、食べ物も傷みやすい時期なので食中毒にも気を付けて、暑い夏を乗り切りましょう。(も)


▼救急医療Net広島
http://www.qq.pref.hiroshima.jp/kt/

※上記URLは、一部の携帯電話では正常に表示できない場合がございますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

---------------------
発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、以下をご覧ください。
https://forms.gle/JwYisNCCGEF9iSCQ8