いきいき健康メール 2020年2月10日発行号

【いきいき健康メール】(2020年2月号)

・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】インフルエンザウイルスに抗菌薬(抗生物質)は効かない
2 【トピック】 睡眠不足(不眠症)のお話
3 【健康レシピ】今回は、『こんぶ・わかめ』を使った料理をご紹介します

■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎インフルエンザウイルスに抗菌薬(抗生物質)は効かない

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因で起こる病気です。ウイルスをやっつけたいときに、抗菌薬を使っても全く効果がありません。
抗菌薬はその名の通り「菌」をやっつける薬です。ウイルスも細菌も人に感染して病気を起こす小さな生物だと漠然と理解されていることが多いと思われますが、ウイルスと細菌は全く違います。

ウイルスが感染して起こるかぜやインフルエンザの時に、抗菌薬を服用しても、かぜもインフルエンザも治りません。それどころか、体にいきわたった抗菌薬は、副作用として下痢や腹痛を起こしたりします。インフルエンザで具合が悪いところに、効果のない抗菌薬を飲むことにより、副作用で苦しむかもしれないのです。

さらに、不必要な場合に抗菌薬を飲むことは、薬剤耐性菌を生み出したり増やしたりする環境を作ってしまいます。このようなことを繰り返していると、抗菌薬が必要な時に、実際に使えなくなってしまいます。

文責:福山市医師会 感染症対策委員 岡本 毅

■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎睡眠不足(不眠症)のお話

睡眠は充分とられていますか?
睡眠不足では以下のような事がおこります。

1.意思決定力低下
睡眠不足により、調子悪くなる脳回路は、集中力、注意力、視野、行動障害に関わる回路で過敏性が高まり、躁状態と鬱状態を繰り返し、目が焼けるような痛み、チクチクした感覚や幻覚が出現し、会話や理論的な推論が困難になり、記憶低下、時間や空間の中で自分の方向づけが困難となります。

2.心血管システムの乱れ
睡眠中に放出されるモルモンと体の安定状態で睡眠中は心拍数や血圧が低下しますが、睡眠不足により夜間や日中に高血圧となり、心血管疾病のリスクを増加させます。

3.太りやすくなる
空腹を感じやすくなり、食物の代謝作用が悪化し、体重が増加します。
グルコースの消費が増加し、インスリン分泌が増加し前糖尿病が発症しやすくなります。
また夜は満腹ホルモンが空腹ホルモンより優勢となりますが、睡眠不足により空腹ホルモンが優勢となり、肥満になる傾向が強くなります。

4.免疫力の低下
感染に対する免疫による防御機能の働きが悪化します。
一晩眠らないと血液中のコルチゾール、糖、白血球が増加(ストレス反応)しますが、慢性睡眠不足により身体は追いつかなくなり、免疫による防御機能は崩れます。
身体はがん細胞をつくりますが、免疫機能が崩れ、がん細胞を取り除く能力が低下します。

睡眠は大変重要で、睡眠不足の代償は大きいと思われます。
一晩で約7時間の睡眠をとることが望ましいでしょう。

文責:福山市医師会 広報委員 桑田秀範 

■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎今回は、『こんぶ・わかめ』を使った料理をご紹介します。

日常的に使いやすく馴染みのある海藻のこんぶとわかめ。体内の代謝を活発にし、髪や皮膚、爪を健康にするヨウ素が豊富です。健康レシピではそれぞれの選び方のコツや調理のポイントも紹介しています。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/recipe/kaisou_gyokai/konbu.html

 編 集 後 記
---------------------------------------
新型コロナウイルス、感染者が拡大していて本当に怖いですね。
十分注意をしていても、何かの菌が付着しています。
手洗い・うがい、消毒、除菌、歯磨き...頑張りましょう。(川)
---------------------------------------


休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

救急医療Net広島はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/

いきいき健康メールバックナンバーはコチラをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/mag/backnumber/


■□■━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、以下をご覧ください。
https://forms.gle/JwYisNCCGEF9iSCQ8