いきいき健康メール 2020年8月10日発行号

【いきいき健康メール】(2020年8月号)

・・□■もくじ■□・・

1 【感染症情報】洪水被害のあとで気をつける病気
2 【トピック】 夏の便秘
3 【健康レシピ】コーヒーゼリー


■1■感染症情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎洪水被害のあとで気をつける病気

近年、全国的に洪水被害が増加しているように思われます。
洪水被害のあとで気を付けていただきたい病気がいくつかありますので紹介します。
皆様お気を付けください。

レジオネラ肺炎
水害の後は土埃や土砂を含んだ霧状のミストと共に原因菌を吸い込む恐れがあります。
被災後の後片付けの際にはマスクできれば防塵マスクを使用し、なければタオルで鼻と口を覆って下さい。もしも発熱・息苦しさなど肺炎を疑わせる症状がある場合は、早急に医療機関を受診して下さい。

レプトスピラ症
家畜やペット(犬、猫)やげっ歯類の腎臓に保菌している事があり尿中に排出されます。洪水時は、保菌動物の尿で汚染された水があふれる場合があり、傷のある皮膚を通じて感染する事があります。軽症の場合は風邪のような症状ですが、重症の場合は、黄疸(皮膚や白目が黄色に)、出血、腎障害(おしっこの量が減る)などの症状が見られます。

破傷風
洪水後に限りませんが常にけがをした時は、水できれいに泥を洗い流すなど早めに傷の処置をして下さい。深い傷を負った時や、口が開けにくいなどの症状が出た場合は、早急に医療機関を受診して下さい。
予防はワクチン接種ですが1968年の定期接種以前の人は免疫を持っていない可能性が大で、かすり傷でも発症する場合があります。定期接種済みの人も約10年おきに接種するのが理想的です。 

文責:福山市医師会 感染症対策委員 眞鍋明広

■2■今月のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎夏の便秘

季節によって便秘になりやすい原因は様々であり、夏も便秘になりやすい季節といわれています。便秘の原因を知り、しっかり対策しましょう。

原因として主に、
(1)水分不足:暑い時期は汗をたくさんかくため、水分不足となり便が硬くなる原因となります。
(2)夏バテからくる食欲不振:胃と連動して腸も活発になるため食べ物を食べないと腸の動きが鈍くなってしまいます。また便を形成するのに十分な食べ物が必要で、食べる量が少ないと便をしっかり形成できずに小さなコロコロした便になってしまいます。
(3)クーラーでの冷え:クーラーがついていると体が冷えてしまい、腸の蠕動運動が低下したり、血行も悪くなります。血行が悪くなると、腸のぜん動運動が弱まります。

対策としては、
(1)意識して水分補給を行う。
(2)食欲不振の場合には消化吸収に良く、柔らかい便ができやすい食事がおすすめです。食生活は便秘と関係していますので、しっかり対策しましょう。
(3)クーラーが効いている部屋で作業する際には薄手のカーディガンやブランケットを常備するなど、体を冷やさないようにします。

文責:福山市医師会 広報委員 西江学

■3■健康レシピ情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎今回は『コーヒーゼリー』を紹介します。

コーヒーを飲むような、ほろ苦いゼリーは食後にぴったりなデザートです。
薫り高いコーヒーと甘さ控えめのミルクの上にクラッシュゼリーをどうぞ。

「健康レシピ」は下記URLをクリックしてください
⇒https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/recipe/okashi/coffeejelly.html

 編 集 後 記
---------------------------------------
うだるような暑さが続いていますね。
COVID-19に関する報道ばかりで、気持ちが重たくなってしまうといけませんので程々にいたしましょう。
今回は夏の野菜のご紹介です。夏野菜「きゅうり」「なす」「かぼちゃ」「ピーマン」「すいか」と沢山ありますが、新鮮でとっても美味しい季節です。
力強さを増す日差しを浴びて、日毎に成長する夏の野菜をたっぷりと体に摂り入れて、COVID-19と共存する初めての夏を元気に過ごしたいですね。(川)
---------------------------------------

休日当番医(地図リンク付き)はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.fmed.jp/touban/index.html

救急医療Net広島はコチラをクリックしてください
⇒ http://www.qq.pref.hiroshima.jp/

いきいき健康メールバックナンバーはコチラをクリックしてください
⇒ https://www.fmed.jp/cnt/mag/backnumber/


■□■━━━━━━━━━━━━―...‥・・

発行:福山市医師会
http://www.fmed.jp/

※本メールは送信専用となります。
ご返信ができませんので、ご了承ください。

配信停止をご希望の方は、以下をご覧ください。
https://forms.gle/JwYisNCCGEF9iSCQ8