第100号 平成23年12月17日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                          第100号 平成23年12月17日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


===================================

□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック「女性の晩婚化と高齢妊娠・出産」
 ● おくすり一口メモ「ペリアクチンについて」
 ● 第22回 離乳食レシピ!「さつまいものレシピ」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)

===================================


●最近の感染症情報

現在、小児の間で流行している感染症は、多い順に
①感染性胃腸炎、②インフルエンザ、③水痘(水ぼうそう)、④溶連菌感染
症、⑤RSウイルス感染症、⑥手足口病、⑦流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
 となっています。
 
 インフルエンザの流行期が近づいています。現在は、まだインフルエンザ
流行警報が出る状況ではありませんが、感染者数が増加しています。
 インフルエンザに対する備えの第一は予防です。インフルエンザワクチン
は、2回目接種終了後、概ね1ヶ月後から感染防護効果が実現し、3ヶ月程
度効果が続くことが期待されます。まだ予防接種を済ませていないお子さん
は今からでも早めに接種しておくことをお勧めします。

また、感染性胃腸炎が流行期に入ってきています。
まず、ノロウイルスによる胃腸炎から始まり、その後、遅れてロタウイルス
による胃腸炎も流行するというパターンが通例です。
 主な感染経路は、吐物や排泄物を触った手指による接触感染です。排泄物
を処理するなどして手指の汚染が考えられるときには、流水と石けんで十分
に手洗いを行い、予防を心がけましょう。
 また、外出からの帰宅時にも流水と石けんで手洗いを行なうことが大切で
す。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●今月のトピック

**********************************************************************

      「 女性の晩婚化と高齢妊娠・出産について 」

**********************************************************************

 今回は、女性の晩婚化と高齢出産についてお話します。

Q 現状は?
A 厚生労働省によると、平成21年の妻の平均初婚年齢は28.6歳(昭
  和50年は24.7歳)で、第一子の平均出産年齢も29.7歳(同2
  5.7歳)と高齢化しています。さらに結婚後から第一子出生までの期
  間も平成21年には平均2.2年(同1.6年)と長くなっています。
  晩婚化と出生までの期間延長が、高齢妊娠・出産につながる要因ともい
  えます。

Q 産科リスクが高まる年齢は?
A 35歳以上の初産婦を高年初産と定義していますが、35歳以上で急に
  リスクが高くなるのではなく、30歳を超えたあたりから除々に産科リ
  スクが高まるといわれています。初産に限定しないで、年齢別の比率を
  みると、35歳以上の出産は平成2年には8.6%、平成19年では1
  9.4%、平成21年で全体の約23%と増加しています。その背景に
  は女性の高学歴化・就業率の増加に伴う晩婚化や生殖補助医療により、
  以前よりさらに高年齢での妊娠が可能になったことなどが考えられます。


◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆

【母体の妊娠・分娩時合併症の増加】

 流産・死産、早産、糖尿病(妊娠糖尿病含む)、妊娠高血圧症候群、
 多胎妊娠(生殖補助医療によるものと思われる)、胎位異常、
 前置胎盤、胎盤早期剥離(はくり)、妊産婦死亡、難産、帝王切開

【児へのリスクの増加】

 染色体異常、先天奇形、低出生体重児、巨大児、新生児合併症、
 周産期死亡


◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆


Q では、高齢妊娠・出産のリスクとは?
A 表(=上)のような産科リスクが増加するといわれています。高齢妊娠
  だけが、さまざまなリスクがあるわけではないのですが、もし可能であ
  るならば第一子の出産年齢は20代半ばくらいが望ましいと思います。
  ただ、高齢妊娠・出産の産科リスクも最近の産科医療の発達、十分な管
  理によりリスクも低減している傾向がみられます。
  産科管理(産科検診)は、どの年齢の方も大事ですが、特に高齢妊娠の
  方は、妊娠初期から十分な産科管理を受けることが大事です。

     リビングふくやま(平成23年11月26日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●おくすり一口メモ

**********************************************************************

       ペリアクチンについて
                        福山市薬剤師会

**********************************************************************

 身体を守るために、免疫があります。

 その作用が過剰になってしまうことを、アレルギー反応と言います。その
反応によって分泌される、「ヒスタミン」という物質がかゆみを起こしたり、
気管を収縮して呼吸困難や咳、鼻汁分泌を促進したりします。その作用を柔
らかくする働きのおくすりが「抗ヒスタミン薬」と呼ばれ、なかでも代表的、
一般的に使用されているのがペリアクチンです。

 ペリアクチンは蕁麻疹、虫刺さされのかゆみや風邪の諸症状のうち、鼻水、
咳などがひどい時に使われます。
 特徴として「眠気」の副作用があらわれることが多いのですが心配いりま
せん。大人にも処方される場合もありますので、その時は車の運転、機械操
作などに注意していただき、アルコールとの併用も避けていただきます。ま
れに「食欲亢進(=食欲が高まる)」がみられることもあります。このお薬
は少量で有効ですので量の飲み間違えの無いようにしましょう。また、粉や
錠剤やシロップ剤もありますので重複に気をつけてください。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●第22回 離乳食レシピ!

**********************************************************************

       「 さつまいもを使ったレシピたち 」

**********************************************************************

 さつまいもが美味しい季節になりました。さつまいもは甘味があって、赤
ちゃんも大好きな食材ですね。栄養面では、風邪を予防する働きのあるビタ
ミンCや便通をよくする食物繊維がたくさん含まれています。

 茹でて皮を剥いたさつまいもをすりつぶし、ペースト状にして冷凍してお
くと、下ごしらえが省けて離乳食作りに便利ですよ。

今回は、冷凍を活用した離乳食レシピをご紹介します。


<離乳食前期>

★ さつまいもミルクスープ ★

<材 料(1回分)>
 さつまいもペースト(冷凍) 大さじ1
 湯でといた粉ミルク     大さじ1

<作り方>
 ①さつまいもは耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで約30秒加
  熱する。
 ②湯で溶いた粉ミルクでのばして完成。



<離乳食中期>

★ さつまいもと白身魚のとろとろ煮 ★

<材 料(1回分)>
 さつまいもペースト(冷凍) 大さじ1
 白身魚           小さじ2
 だし汁           大さじ2

<作り方>
 ①白身魚は茹でて、骨と皮を取り除き、こまかくほぐす。
 ②鍋に①、さつまいもペースト、だし汁を入れてとろとろになるまで煮て
  出来上がり。



<離乳食中期>

★ さつまいもおやき★ 

<材 料(1回分)>
 さつまいもペースト(冷凍) 大さじ2
 キャベツ          1/4枚
 桜えび           3尾
 卵(全卵)         小さじ2
 塩             少々
 サラダ油          少々

<作り方>
 ①キャベツは茹でて、粗みじん切りにし、桜えびは熱湯で塩抜きして、こ
  まかく刻む。
 ②さつまいもペーストは耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで約
  1分加熱する。
 ③ボウルに①、②、卵、塩を入れて混ぜ合わせる。サラダ油を熱したでフ
  ライパンで両面を焼いて出来上がり。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 
日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

☆★ PICK UP ★☆
 あそび・かんさつ「おうちで たのしく、 からだ あそび!」
 http://www.med.or.jp/kids/seika/nature/sizen1107/index.html

日本医師会「白クマ先生の子ども診療所」
★子どもさんの体に何か変化が生じたときの対応策を一緒に考えるコーナー
http://www.med.or.jp/clinic/index.html


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━