第109号 平成24年10月18日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■

◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                          第109号 平成24年10月18日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。


■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


===================================

□ Index

 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック「断乳のタイミングや方法について」
 ● おくすり一口メモ「副腎皮質ホルモン外用剤」
 ● 第45回お手軽おやつレシピ!「ツナコーンパン」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)

===================================



●最近の感染症情報

 現在、小児の間で流行している感染症について、感染頻度の高い疾患順に
お知らせします。

 ①感染性胃腸炎     ・・・・・・横ばい
 ②RSウイルス感染症  ・・・・・・横ばい
 ③溶連菌感染症     ・・・・・・横ばい
 ④水痘(水ぼうそう)  ・・・・・・減少傾向
 ⑤流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・・減少傾向
 ⑥ヘルパンギーナ    ・・・・・・減少傾向
 ⑦百日ぜき       ・・・・・・少数発生
 ⑧咽頭結膜熱(プール熱)・・・・・・少数発生
 ⑨手足口病       ・・・・・・少数発生
 ⑩インフルエンザ    ・・・・・・流行なし

 毎年この季節になると、RSウイルス感染症が流行しますが、今年は例年
以上に急速に流行が拡大してきています。
 3歳以上の子どもさんは、感冒(かぜ)症状の軽症で経過しますが、2歳
以下の小児、特に乳児では細気管支炎となり悪化すると呼吸困難や肺炎、無
呼吸発作を起こすこともあり、入院加療を必要とする場合も少なくありませ
ん。
 例えば、兄弟姉妹間で年長のお兄ちゃんやお姉ちゃんは風邪症状で経過し
ても、弟や妹の赤ちゃんは発熱や鼻水症状から細気管支炎へ悪化し呼吸困難
や肺炎となって入院するといったケース見受けられます。
 子ども同士の中で感染する機会の多い病気ですので、外出からの帰宅時に
は兄弟みんなで流水とせっけんでの"手洗い"と"うがい"を行い感染予防
に努めましょう。

 また、10月からインフルエンザの予防接種が実施されています。県内で
はインフルエンザ感染者の報告はまだありませんが、冬場の流行に備えて、
できれば11月下旬までに予防接種を済ませておくことをお勧めします。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●今月のトピック

**********************************************************************

         「 断乳のタイミングや方法について 」

**********************************************************************


 授乳をやめる断乳のタイミングや、その方法などについてお話します。


Q 断乳時期の目安としては?

A 赤ちゃんが歩けるようになり、ある程度、親の言うことが理解できるこ
  ろ、次の妊娠を考えるころ、離乳食になる10カ月以降で、歯並びの悪化
  が気になる1歳半までの間を断乳時期とすると良いでしょう。
  授乳中に妊娠した場合、乳頭刺激がオキシトシンというホルモンの分泌
  を刺激し、子宮を収縮させる恐れがあるため、授乳を続けることは好ま
  しいとはいえません。


Q 卒乳との違いは?

A 断乳とはお母さんがいい時期を判断して授乳をやめること、卒乳とは子
  どもが自分から授乳をやめるまでやめないことです。
  子どもは案外、あっさりとやめられるにもかかわらず、母親が寂しさに
  つい授乳してしまい、幼児になっても断乳しきれないケースが見受けら
  れます。お子さんに納得させながら断乳することは、子どもの成長過程
  の一つの節目をつくる意味において必要であると考えます。


Q 断乳の方法は?

A まず、断乳する日を決めます。その日に向けて、しっかり話をして言い
  聞かせ、当日は十分遊ぶなど、一緒の時間を持ってください。欲しがっ
  ても決して授乳をしないことが必要です。泣いても1日か2日。3日は
  ぐずりません。乳腺炎の予防のため、次のような順序で排乳しながら止
  めていきます。

  ・度々搾っていては分泌量は減らないので、痛くない程度に乳房を張ら
   せる。痛いようなら圧抜き程度搾るようにする。すっきり軽くなるま
   で搾るのは、最初2、3日は1日に1回、その後3日くらいあけて搾
   る。そのころからは分泌量も減り、楽になってくるでしょう。

  ・今度は1週間あけて搾り、次に2週間あけて搾る、というように、徐
   々に間隔をあけて排乳することで、分泌量を減らしていきます。


Q 注意点は?

A 断乳して2、3日は乳が張るので、断乳した日は入浴はせず、シャワー
  程度にしたり、保冷剤をガーゼにくるんで乳房を冷やします。すっきり
  搾った後にきつめのブラジャーや圧迫帯で乳房を圧迫したりすると、早
  く分泌量を減らせます。
  分泌量が多過ぎる場合は、薬を使用することもあります。


      リビングふくやま(平成24年9月22日号)掲載記事より


☆-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●おくすり一口メモ

**********************************************************************

         副腎皮質ホルモン外用剤について
                         福山市薬剤師会

**********************************************************************


 副腎皮質ホルモン外用剤は、かぶれ、湿疹、じんましん、虫さされなどア
レルギーや炎症系皮膚疾患に用いられます。
 ロコイド、リンデロン、キンダベート、リドメックスなどを初め多くの製
剤、製品が使われています。

 一般的に患部を刺激しないように「薄く延ばす」ように塗り「刷り込まな
い」のが良い使い方です。
 有用な薬剤ですが副作用も考えられます。このお薬は作用の「強さ」で5
段階に分類されています。医師が症状に合わせた強さのお薬を処方されてい
ますので「症状が似ている」からといって違った疾患やご兄弟などに安易に
流用しないでください。

 剤形も液剤、ローション剤、クリーム剤、軟膏剤等があり「持続性」「浸
透力」「刺激性」においてそれぞれに特徴があります。またリンデロンのよ
うに「V」と「VG」のように末尾の記号が違うのは「抗生物質配合」の有
無になっています。感染の恐れのない疾患に「VG」を安易に使用している
といざという時に耐性菌ができて効果が減弱することがあります。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●第45回 お手軽おやつレシピ!

**********************************************************************

             「 ツナコーンパン 」

**********************************************************************


 日中も過ごしやすい季節になりました。

 子どもたちは、活動量が増えて食欲も出てくる頃なので、いつもよりボリ
ュームのあるおやつはいかがですか。

 今回のレシピはホットケーキミックスを使うので簡単に作れて、牛乳やサ
ラダなどをつければ朝食メニューにもなりますよ。


★	ツナコーンパン ★

<材料(直径8cmのアルミラップ6個分)>

 ホットケーキミックス 150g
 卵            1個
 牛乳         大さじ5
 ツナ缶          1缶
 ホールコーン缶    大さじ3
 マヨネーズ      大さじ1.5
 パセリ          適量



<作り方>

 ①ボウルにホットケーキミックス、卵、牛乳を入れ、混ぜ合わせて生地を
  作る。
  アルミカップに七分目まで生地を入れる。

 ②油をきったツナと汁気をきったコーン、マヨネーズを混ぜ合わせ、①の
  上に等分にのせて、オーブントースターで約15分焼く。

 ③みじん切りにしたパセリをふって出来上がり!

  ※上にのせる具は、ポテトサラダや、ゆで卵、チーズなどに代えても美
   味しいですよ。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
 http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html


 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
 http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html


 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」
 http://www.med.or.jp/kids/


 日本医師会「白クマ先生の子ども診療所」

 ★子どもさんの体に何か変化が生じたときの対応策を一緒に考えるコーナー
  http://www.med.or.jp/clinic/index.html


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━