第137号 平成27年3月26日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■

◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆

                 第137号 平成27年3月26日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。


■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


===================================

□ Index

 ● 最近の感染症情報

 ● 今月のトピック
   「子どもの乾燥肌。洗い過ぎに注意を」

 ● おくすり一口メモ
   「お薬の対症療法と原因療法」

 ● 第58回お手軽おやつレシピ!
   「ヨーグルトプリン(いちごソースたっぷりン♪)」

 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)

===================================



●最近の感染症情報

 現在、小児の間で流行している感染症を、感染頻度の高い疾患順にお知ら
せします。


 ① 感染性胃腸炎  ・・・・ 横ばい(12月11日〜流行警報発令中)

 ② インフルエンザ ・・・・ 減少傾向

 ③ 溶連菌感染症  ・・・・ 増加傾向

 ④ 流行性耳下腺炎(おたふく風邪)・・ 急増

 ⑤ 咽頭結膜熱(プール熱)・ 減少傾向

 ⑥ 水痘(水ぼうそう) ・・ 著減

 ⑦ RSウイルス感染症 ・・ 減少傾向

 ⑧ 手足口病 ・・・・・・・ 増加傾向


※インフルエンザは順調に流行が終息に向っています。
 一方で、感染性胃腸炎の流行がインフルエンザよりも上回ってきています。
 今しばらくは、両感染症に注意して感染予防策を継続しましょう。


<予防対策の基本>

1)帰宅時や調理の前後、食事前など、こまめに流水と石けんで手を洗いま
  しょう。

2)外出から帰ったら"うがい"をしましょう。

3)咳がでる人や、人混みの中ではマスクを着用しましょう。
  (せきエチケット)

4)室内では加湿器などを使って適度な湿度を保つようにしましょう。

5)なるべく人混みへの外出は控えるようにしましょう。

6)充分な睡眠と、バランスの良い食事で疲れをためないよう体調管理をし
  ましょう。


 さらに感染性胃腸炎では、嘔吐や下痢などの汚物に大量のウイルスが含ま
れていますので、2次感染を防ぐために処理の際には十分な注意が必要です。

 (参考) ノロウイルス食中毒予防対策リーフレット【厚生労働省】
   http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/dl/link01-01_leaf01.pdf


※その他に、最近は流行性耳下腺炎(おたふく風邪)の増加が目立ってきて
 います。
 まだ、予防接種を済ませていない子どもさんは、でききるだけ早く接種す
 ることをお勧めします。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●今月のトピック

********************************************************************

        「子どもの乾燥肌。洗い過ぎに注意を」

********************************************************************


 お子さんの肌の乾燥での受診が多い季節です


Q なぜ肌が乾燥するのですか?

A 皮膚には、体外の異物を体内に侵入させないバリアとしての役目があり
  ます。バリアの働きを保つためには、皮膚表面の皮脂膜とその下の角質
  層、角質層の中にある脂質や天然保湿因子が健康に保たれていることが
  重要です。乾燥肌とは、バリア機能が壊れ、体内の水分が蒸発しやすく、
  また、体外からの異物が体内に入りやすくなった状態です。


Q 乾燥するとどんなトラブルが?

A 体外からの異物の侵入が起こるため、かゆみや皮膚の炎症が起こりやす
  くなります。これは、異物を排除するための身体の防御反応です。アレ
  ルギーのある人ではアレルゲンの侵入によって、アレルギー性の皮膚炎
  が強く起こることもあります。ウイルスや細菌も侵入しやすくなるため、
  水イボやイボ、とびひも起こりやすくなります。


Q 対処法は?

A 角質層を傷つけない生活習慣を心掛けてください。思春期に入る前の子
  どもは皮膚が薄く、皮脂の分泌がほとんどありません。入浴時は、洗い
  過ぎないようにしてください。皮膚をこすって洗わないこと、せっけん
  の使用は必要最小限にすることが大切です。皮脂の多い大人と同じよう
  に洗うと皮脂が取れ過ぎることで乾燥肌がひどくなってしまいます。熱
  い風呂や長風呂も禁物です。

  入浴後はできるだけ早く保湿剤や皮膚保護剤を塗ってください。ただし、
  乾燥肌の子どもは保湿剤も皮膚に浸透しやすいため、かぶれやすい傾向
  にあります。保湿剤を使用しても改善が見られなかったり、悪化したり
  する時には、保湿剤の変更も検討してください。
  いったん皮膚の炎症が起こると、炎症によって乾燥肌が治りにくくなっ
  てしまいます。まずステロイド外用剤などの治療で炎症をきちんとコン
  トロールしましょう。きれいな肌を取り戻した後に、角質層を傷つけな
  いスキンケアを続けてください。


       リビングふくやま(平成27年2月28日号)掲載記事より



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●おくすり一口メモ

********************************************************************

          お薬の対症療法と原因療法
                         福山市薬剤師会

**********************************************************************


 お薬の働きを大きく分けると「対症療法」と「原因療法」があります。

 痛みや、熱、咳などの「症状」を抑えるお薬と、それらの「原因」となっ
ている「細菌」や「ウイルス」に対するお薬です。

 対症療法の代表的なお薬が「とんぷく薬」です。「痛い時」「熱が高い時」
「咳がひどい時」「眠れないとき」のように症状がある「時」にだけ使って
いただきます。

 原因療法の代表的なお薬は「抗生物質」や「抗ウイルス薬」があります。
これらは「〜時」でなく指示された量、回数、時間をきっちり守ってくださ
い。症状が軽くなったと思っても、出されたお薬はすべて飲んでください。

 インフルエンザに使われる「タミフル」や「リレンザ」では「5日間」の
服用を守っていただいたと思います。これはウイルスの薬に対する「抵抗力
を付けさせない」ためです。

 お薬の飲み方を聞くときには、こんなことも考えながら聞いていただけた
らと思います。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●第58回 お手軽おやつレシピ!

********************************************************************

    「 ヨーグルトプリン(いちごソースたっぷりン♪) 」

********************************************************************


 子どもに人気の果物"いちご"が美味しい季節ですね。

 今回は、いちごたっぷりのソースがかかった"ヨーグルトプリン"を紹介
します。

 いちごのへた取り、フォークでつぶす作業などは、子どものお手伝いの出
番です。

 砂糖の量はいちごの甘味で調整してくださいね。



★ いちごの豆知識 ★

 いちごはビタミンCが豊富です。ビタミンCは水溶性のため、へたを取っ
て水洗いするとビタミンCが流出するので、洗った後にへたを取りましょう。
 また、鮮度が落ちるとビタミンCも減ってしますので、新鮮なうちに美味
しくいただきましょう。



★ヨーグルトプリンいちごソースがけ★


<材料(4〜5人分)>

 粉ゼラチン      10g
 プレーンヨーグルト 400g
 砂糖        大さじ6
 牛乳        1カップ
 レモン汁        適宜

 いちご       1パック
 砂糖        大さじ2


<作り方>

1.ザルにペーパータオルを敷き、ボールの上にセットし、30分置いて水
  切りする。

2.粉ゼラチンは水大さじ3(分量外)に入れて戻し、電子レンジで30秒
  加熱して溶かす。

3.ボールにヨーグルト、砂糖(大さじ6)、牛乳、レモン汁を入れて、よ
  く混ぜ合わせて滑らかにする。溶かしたゼラチンを加えながら、さらに
  混ぜ、型に流し入れて冷蔵庫で冷やして固める。

4.ボールにいちごを入れて、フォークの背で荒くつぶし、砂糖(大さじ2)
  を加えて混ぜる。

5.②を型から抜いて、器に盛り、③のソースをかける。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
  http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
  http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」
  http://www.med.or.jp/kids/



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 一般社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp/
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━