第153号 平成28年8月8日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆

               第153号 平成28年8月8日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。


■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


===================================


□ Index

 ● 最近の感染症情報

 ● 今月のトピック

    「この季節、熱中症にご注意ください!」

 ● おくすり一口メモ

    「咳などのひどい時に貼るテープについて」

 ● 第29回 季節のお料理レシピ!

    「納豆と夏野菜のドライカレー ~レタス包み~」

 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)


===================================


●最近の感染症情報


 現在、小児の間で流行している感染症を、感染頻度の高い疾患順にお知ら
せします。


①感染性胃腸炎 ・・・・・ 減少傾向

②溶連菌感染症 ・・・・・ 減少傾向

③流行性耳下腺炎(おたふく風邪)・・ 横ばい

④流行結膜熱(プール熱)・ 減少傾向

⑤ヘルパンギーナ ・・・・ 減少傾向

⑥伝染性紅斑(りんご病)・ 減少傾向

⑦水痘(水ぼうそう) ・・ 減少傾向

⑧RSウイルス ・・・・・ 減少傾向

⑨マイコプラズマ肺炎 ・・ 減少傾向


 ※ 県内で流行の警報が出ているのは咽頭結膜熱です。

 現在は、例年に比べて比較的感染症の流行があまり目立たない状況で、
上記感染症のうち、咽頭結膜熱以外はいずれも減少傾向です。

 特に、この時季に流行しやすい手足口病は、今年はその兆候は見られませ
ん。しかし、今しばらくはプール熱と呼ばれる咽頭結膜熱に感染しやすい状
況が続きます。やはりプールから上がったら、タオルを他の子と共同で使う
ことは夏休みが終わるまではしないように留意しましょう。

 また、溶連菌感染症は減少しているとはいえ、2番目に多い疾患です。合
併症として、急性腎炎等を起こすことが時にありますので、溶連菌感染症の
診断を受けた場合は、かかりつけ医の指示に従って十分に治療を受けること
が大切です。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●今月のトピック

********************************************************************

       「 この季節、熱中症にご注意ください! 」

********************************************************************


 ~~「熱中症」について~~


 Q 熱中症とはどういう時に起こりますか。

 A 毎年、梅雨明けから患者が急増します。高温、あるいは高湿度の環境
   で、体温を調節する仕組みが障害されて起こります。


 Q 原因は?

 A 過度の体温上昇から体を守るために大量の汗をかいて脱水になること
   から始まります。激しい運動をすると起こりやすく、この場合、ただ
   の水だけを取り続けると体内の塩分が不足して、さらに症状が進みま
   す。


 Q よく見られる症状は?

 A まず、脱水による低血圧症状(立ちくらみやボーッとする)がみられ
   ます。また、体内の塩分が不足してくると、こむら返りが起きたり、
   頭痛や吐き気、脱力感などを訴えます。室内などでゆっくり症状が進
   むときには、何となく元気がないなどの症状だけのこともあります。
   さらに進行すると、応答が鈍い、言動がおかしい、日時や場所が分か
   らない、足元がふらつくなど神経症状が現れます。


 Q 予防と処置は?

 A 熱中症は予防が大切です。天気予報などでこまめに熱中症予報を確認
   して、日中、屋外での運動には特に注意をしてください。風通しの良
   い涼しい衣服にする、帽子や日傘を上手に使う、日陰や冷房のある所
   を選ぶ...などの対策も必要です。暑い時には、のどが渇いたと感じる
   前からこまめに水分を取っておきましょう。長時間にわたる時には、
   塩分を含んだ飲み物も必要です。症状が出現したら、涼しい場所に移
   動し、冷たいぬれタオルで、頭や首すじを冷やし、塩分を含んだ水分
   を取ります。これらで改善しないときは、直ちに病院へ。 


 Q 特に気を付けたいことを教えてください。

 A 舗装され熱くなった道路では、身長の低い子どもは成人より高い気温
   にさらされていますので、配慮が必要です。また、子どもを車内に一
   人残さないこと。炎天下でなくても車内温度は高温になることがある
   ので注意が必要です。


       リビングふくやま(平成28年7月30日号)掲載記事より




☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●おくすり一口メモ

********************************************************************

      「 咳などのひどい時に貼るテープについて 」
                           福山市薬剤師会

********************************************************************


 咳がひどい時に、気管を拡げて呼吸を楽にするために「胸」「背中」「腕
の肩に近い方」などに貼るおくすりが使われることがあります。

 経皮吸収薬と言って、皮ふからくすりを吸収します。

 気管支喘息や肺気腫,慢性,急性の気管支炎のときに使われます。
 薄いセロテープのような貼り薬で1日1枚を貼ればよく、とくに夜間まで
の持続性の効果が期待できます。

 薬の量が「0.5mg」「1mg」「2mg」の3種類あり、テープもそ
れにあわせて大きくなります。大体9歳以上から大人用の「2mg」を使い
ますがもちろん体重,症状により違うこともあります。

 また、貼って直ぐには効果が期待できませんから、貼り忘れに気をつけま
しょう。小さなお子さんの場合無意識にはがしてしまうこともありますので、
手の届かない「背中」などがいいでしょう。ただ皮ふが弱い子どもさんでか
ぶれたり、赤くなったりすることがあります。場所を変えて使用すればよい
場合もありますが、症状によっては医師に相談された方がいいでしょう。

 まれに心臓がドキドキしたり、手足がふるえたり、気分が悪くなる子ども
さんもおられますが勝手に中止しないで速やかに相談してください。

 「ホクナリン・テープ」が先発品ですが、最近はいわゆるジェネリック医
薬品で「ツロブテロール」「ツロブテン」「ツロブニスト」などがあります。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆



●第29回 季節のお料理レシピ!

********************************************************************

    「 納豆と夏野菜のドライカレー ~レタス包み~ 」

********************************************************************


 毎日暑い日が続いていますね。


 暑さで食欲ダウンしがちな夏は、スパイスを効かせた料理を食べて、元気
アップ!したいものです。


 今回はカレーとの相性が良い納豆と、ビタミン・ミネラルが豊富な夏野菜
を使ったドライカレーを紹介します。



★納豆と夏野菜のドライカレー ~レタス包み~★


<材料(2人分)>

 合いびき肉  100g
 納豆     2パック(80g)
 ピーマン   1個
 オクラ    3本
 玉ねぎ    1/2個
 サラダ油   適量
 カレー粉   小さじ1
 醤油     大さじ1強
 みりん    小さじ2
 レタス    4枚
 ごはん    2膳分


<作り方>

 ①ピーマンと玉ねぎはみじん切りにする。オクラはあらかじめ茹でて小口
  切りにする。

 ②フライパンに油を熱し、合いびき肉を炒める。肉の色が変わり始めたら、
  納豆を加えて、糸が引かなくなるまで炒める。

 ③①を加えてさらに炒める。カレー粉を入れて香りが立ったら、醤油とみ
  りんを加える。

 ④お皿にレタスをのせて③を添え、別の器にご飯を盛りつける。食べる時
  は、レタスを食べやすい大きさにちぎり、③とご飯をのせて、くるくる
  と巻いて食べる。


<ポイント>

 納豆は糸を引くと食べにくいので、よく炒めましょう。

 納豆が苦手な人は、ザルに上げて水洗いすると匂いも少なくなり、食べや
すくなりますよ。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
  http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
  http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」
   http://www.med.or.jp/kids/


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 一般社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp/
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━