第166号 平成29年9月12日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆

               第166号 平成29年9月12日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。

  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。


■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


===================================


□ Index

 ● 最近の感染症情報

 ● 今月のトピック

   「咳・熱・呼吸器障害などが出る"RSウイルス感染症"に注意」

 ● おくすり一口メモ

   「おくすりの形について(その1錠剤【2】)」

 ● 第34回 季節のお料理レシピ!

   「洋風炊き込みご飯」

 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)


===================================


●最近の感染症情報


 現在、小児の間で流行している感染症を、感染頻度の高い疾患順に
お知らせします。


(1)感染性胃腸炎

(2)手足口病

(3)RSウイルス感染症

(4)溶連菌感染症

(5)ヘルパンギーナ

(6)水痘(水ぼうそう)

(7)咽頭結膜熱(プール熱)

(8)流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

(9)インフルエンザ


※ 夏の間に小児の間で大流行した手足口病は現在まだ流行警報が県内に発
 令されていますが、7月8月と比較すると著しく減少してきています。

  特に福山地域は広島市内の患者数の半数以下で減少してきています。今
 月以降更に患者数が減少して終息に向かうことが予測されます。今しばら
 くは感染予防対策にご留意ください。

  一部地域では、RSウイルス感染症も目立ってきていますが、毎年流行
 のピークは12月で、これから段階的に感染者数が増加する可能性があり
 ます。

  基本的な予防対策を継続して、子どもの健康を支えて頂きたいと思いま
 す。
 
 <予防対策>
   ・帰宅後は「うがい」と「手洗い」をしましょう。
   ・人ごみを避け、外出時にはマスクを着用しましょう。
   ・せきエチケットを守りましょう!
   ・十分な睡眠とバランス良い食事で体力をつけましょう。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●今月のトピック

**********************************

  「 咳・熱・呼吸器障害などが出る"RSウイルス感染症"に注意 」

**********************************


 ~~「RSウイルス感染症 」について~~


 Q RSウイルス感染とはどのような病気ですか。

 A RSウイルスによる呼吸器の感染症です。感染してから4、5日で発
   熱や鼻汁などが出ます。その後重くなると、咳(せき)が激しくなる、
   喘鳴(ぜんめい)が出る、呼吸困難になるなどの症状があります。場
   合によっては細気管支炎や肺炎などの重篤な症状を引き起こすことも。
   生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の子が少なくと
   も一度は感染するとされています。また、生涯にわたって何度も感染
   を繰り返し、徐々に免疫ができて症状が軽くなります。
   ただし、幼児期に初めてかかった時は症状が重くなりやすく、入院治
   療を必要とすることがあります。例年9月頃から流行し始め、冬にピ
   ークとなります。


 Q どのようにして感染するのですか。

 A RSウイルス感染症の患者の咳やくしゃみなどの飛沫(まつ)感染、
   感染している人との直接の接触や、ウイルスが付いている手指や品物
   を触ったり、なめたりすることによる間接的な接触で感染します。


 Q 治療法や予防法はありますか。

 A RSウイルス感染症の治療に、特効薬はありません。また、予防する
   ワクチンもありません。従って治療は、症状を抑える対症療法が主体
   となります。家庭では、水分補給などを行い、安静にして、経過を見
   ることになります。
   さらに、脱水症状や、痰(たん)が詰まってゼイゼイするような咳が
   出て、苦しそうにしている場合は、医療機関を受診する必要がありま
   す。
   年長児や成人の再感染では、風邪のような症状のみで、RSウイルス
   感染と気付かないことがあるため、咳などの呼吸器症状を認める年長
   児や成人は、流行期には、できるだけ乳幼児との接触を避けることで
   す。また、マスクを着用して対応することが大切です。

       リビングふくやま(平成29年8月26日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●おくすり一口メモ

**********************************

     「 おくすりの形について(その1錠剤【2】) 」

                          福山市薬剤師会

**********************************


 胃酸によって分解されたり、効き目がなくなるお薬は「腸溶錠」とし、胃
では溶けなくて、腸で溶けるように工夫されています。

 「二層錠」「三層錠」「徐放錠」「配合錠」は違った種類や溶け方を組み
合わせて、長く効いたり、違った働きを同時にするように造られています。

 最近は一回の服用で「一週間」「一か月」の効果が持続する錠剤もありま
す。お水なしても服用できるラムネ菓子のような「口中崩壊錠」、逆に朝起
きてすぐコップ一杯のお水で服用し、30分は横になってはいけない錠剤も
あります。口内炎に直接貼りつける錠剤、溶液に溶かして目薬とする錠剤な
どなどです。

 カプセル剤も錠剤の一種であり、多種、苦み、腸溶などの工夫がされてい
ます。

 それぞれに意味がありますので飲み方、保存方法をしっかり聞きましょう。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●第34回 季節のお料理レシピ!

**********************************

       「 洋風炊き込みご飯 」

**********************************


 夏の暑い陽射しがやわらいできたら、いよいよ食欲の秋ですね。

 新米や栗、きのこなど秋は美味しいものがいっぱい。

 今回は、しめじを使った洋風炊き込みご飯を紹介します。

 コーンの甘味とベーコンのコクが出て、子ども好みの味付けです。


★★しめじの豆知識★★

 カルシウムの吸収を助けるビタミンDの他、ビタミンB1・B2などを豊
富に含んでいます。カサが開きすぎず、しまりのあるものが新鮮です。
 痛みやすいので早めに使いきりましょう。



★洋風炊き込みご飯★

<材料(4人分)>

 しめじ       1パック

 玉ねぎ       1/2個

 コーン(缶詰)   100g

 ベーコン(薄切り) 3枚

 米         2合

 固形コンソメ    1個

 塩・こしょう    各少々



<作り方>

(1)しめじは小房に分け、玉ねぎは粗みじん切り、ベーコンは1cm幅に
   切る。コーンの水気を切っておく。

(2)炊飯器にといだ米を入れ、2合分の水を加える。(1)をのせ、砕い
   たコンソメ、塩・こしょうを加える。

(3)炊き上がったら混ぜ合わせ、器に盛る。

    ※お好みで炊き上がった後に、バターを加えても美味しいですよ。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
  http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
  http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」
   http://www.med.or.jp/kids/


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 一般社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp/
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━