第17号 平成16年11月10日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆  福山市医師会子育て支援メールマガジン  ◆◇◆
             第17号 平成16年11月10日

 福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援し
 ており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信いた
 します。
 小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行をしている疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■ 

===================================
 □ Index
  ● 最近の感染症情報
  ● 今月のトピック 「タバコの害から子どもを守るために」
  ● お薬一口メモ 「インフルエンザワクチンってな~に・・・(?_?)」
  ● 第11回 お手軽おやつレシピ! 「かぼちゃプリン」
  ● 子育て支援事業のご紹介
  ● イベント情報
  ● お知らせ
===================================

●最近の感染症情報

現在増加傾向にある感染症は、水痘(みずぼうそう)と溶蓮菌感染症で、冬
季にかけてさらに増える可能性があります。例年冬に流行する嘔吐下痢症に
ついても、増加する兆しが見え始めてきておりますので、手洗いをしっかり
して下さい。加えて、福山地域では流行性角結膜炎の増加も見られるようで
す。
また、インフルエンザの予防接種は計画されていますでしょうか?
早くも、広島県内で1件の感染報告がありました。例年12月の下旬から流
行期に入ることが一般的ではありますが、早めにインフルエンザの予防接種
を受けられることをお勧めします。(お薬一口メモに関連記事あり)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●今月のトピック

**********************************************************************

         「タバコの害から子どもを守るために」

**********************************************************************

- タバコの害から子どもを守るためには
         受動喫煙の防止や親自身の禁煙が必要です -

最近、子どもの喫煙経験率が高くなっているようです。

子供の喫煙実態は?
「日本の未成年者の喫煙経験率は中学1年生で20%というデータがあります。
子どもとタバコの問題では、受動喫煙と子ども自身が喫煙を始めるという2
つがあります。受動喫煙のリスクはいくら強調しても足りないほど。一種の
虐待と言っても過言ではないでしょう」

受動喫煙にはどんなリスクがあるのでしょう?
「よく知られているのが乳幼児突然死症候群です。ぜん息、中耳炎のリスク
も高くなります。また、身長の伸びや知能の発達が悪くなることも報告され
ています。成人後の発がんリスクが高くなるというデータも出ています」

子どもの喫煙の問題は?
「大人より子どものほうがニコチン依存に陥りやすく、禁煙が困難になりま
す。タバコを吸うと血中の一酸化炭素が増えて低酸素に近い状態となり、成
長や知能の発達が妨げられます」

親自身の禁煙も必要ですね。
「はい。禁煙補助剤などを使って禁煙する、子どもの前で吸わない、家庭内
分煙を確実にするなど、できることから始めましょう。市内に禁煙支援クリ
ニックがあり、禁煙したい方をサポートします。詳しくは医師会までお問い
合わせください。」

         リビングふくやま(10月30日号)掲載記事より

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●お薬一口メモ

**********************************************************************

     「インフルエンザワクチンってな~に・・・(?_?)」
                        福山市薬剤師会
**********************************************************************

インフルエンザワクチンには、不活化した(ウイルスは死んでいて、感染す
る力の無いもの)Aソ連型・A香港型・B型の計3株の成分が入っています。
中国大陸での流行・偏西風を加味したその年のWHOの流行予測は精度が向
上し、ワクチン株と流行ウイルス株はよく一致しており80%の的中率で、
どの型が流行しても対応することができております。
インフルエンザワクチン接種をしたことで、インフルエンザにかかったり、
咳や鼻汁などのかぜの症状が出たりする事はありません。
ただし、接種した部分が赤くなったり、熱を感じたりすることも有りますが、
放置していても数日で治ります。
インフルエンザワクチンは接種後、約1ヶ月で効果があらわれ、およそ5ヶ
月間効果が持続します。インフルエンザの流行は毎年12月の下旬位から始
まります。
ワクチン接種は流行する前に早めに接種しましょう。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

● お手軽レシピ第11回 「かぼちゃプリン」

立冬が過ぎて朝晩が冷え込み、体調を崩しやすい季節が近づいてきました。
特に、抵抗力の弱い子どもの体調変化には気を付けてあげたいですね。
この冬もインフルエンザの流行が心配ですが、食事やおやつで栄養補給して
しっかり予防しましょう。

★ ビタミンAでウイルスの進入をストップ! ★
風邪などウイルスの通り道になる鼻や喉の粘膜。その粘膜を強くする働きが
あるのがビタミンAです。
かぼちゃ、人参、ほうれん草などに含まれるβ-カロテンは、私たちの体内
でビタミンAに変わるので風邪予防にピッタリの食材です。
今回はカロテン以外のビタミン類も豊富なかぼちゃを使ってプリンを作って
みましょう!


【材料】  (プリンカップ5個分)

かぼちゃ(大)  1/4個(裏ごし後、100g必要)  
牛乳      250cc
砂糖      50g
卵       3個

1,かぼちゃの種を取り除き、適当な大きさに切ってラップをかける。
  電子レンジで約3~5分(柔らかくなるまで)加熱したら皮を取り除き、
  万能こし器で裏ごしする。
2,鍋に牛乳と砂糖を入れて、中火で温め、沸騰直前に火をとめる。
3,やかんでお湯を沸かす。(オーブンで蒸し焼きするため)
4,ボールに卵を割り入れ、泡だて器で溶きほぐす。
  2を泡だて器で混ぜながら、少しずつ加えてよく混ぜ、別のボールに万
  能こし器を通して裏ごす。
5,カップに4を入れて、表面に浮いた泡をスプーンで取る。
6,オーブンの天板にお湯をはり、170℃で約30分蒸し焼きにする。
 (オーブンによって加熱時間が違うので調整して下さい。)
7,天板を揺すって、プリンの中央がゆっくりと波打つくらいで出来上がり!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●子育て支援事業のご紹介

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」
       ⇒ http://www.med.or.jp/kids/
このホームページでは、お医者さんのこと、病気のこと、育児のこと、お菓
子づくりのことなどを、イラストで分かり易く紹介しており、マスコットの
「にっちー」が案内してくれますので、お子さまと一緒に楽しくご覧いただ
ける内容となっておりますので、是非ご覧下さい。

- - ☆ ★ PICK UP ★ ☆ - -

 ◇元気な毎日な~るほど!
  ・気をつけよう!「考えよう-3」
   ⇒ http://www.med.or.jp/kids/genki/kb0411/
  ・こんなときどうする?「目がゴロゴロ」
   ⇒ http://www.med.or.jp/kids/genki/ka0411/

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所

福山市医師会では毎日、夜間における子供さんの急病(内科的疾患)の診療
を行っております。
福山小児科医会の小児科医師が19時から23時(受付は22時45分)ま
で交代で担当し年中無休で診療しています。

投薬は、基本的に1日分の処方となります。
翌日かかりつけ医を受診するまでの間のお薬を処方致しますので、あらかじ
めご了承ください。

受診の際は、健康保険証と母子健康手帳をお持ち下さい。

 □福山夜間小児診療所出務医当番表(11月)
  http://www.fmed.jp/syoni/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)

妊娠や赤ちゃんの健康や育児について、心配のある方に安心して子育てして
いただくため、産婦人科医師、小児科医師、看護師、保健師、ボランティア
等が協力して育児をサポートします。

(対象の方)
 ・妊婦さんとその家族
 ・1歳までのお子様の保護者とその家族

詳しくはお住まいの市町村へお問い合わせください。
(実施市町村)
福山市、府中市、沼隈町、神辺町、油木町、神石町、豊松村、三和町

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●イベント情報

○子育てセミナー2004(予定)

今年度は「次世代の育児を考える」と題して、現代人に不足しているコミュ
ニケーション能力を高め、家庭・地域での子育て力を高めることをテーマと
したセミナーを開催する予定です。

コミュニケーションは、夫婦、子供、隣近所、友人、知人・・・と人が生き
ていく上で、非常に重要なツールです。
そこで、具体的なコミュニケーション方法について実技を交え分かり易く身
につけて頂くことを目的に下記の通りセミナーを開催致します。

講師には、鳥取県立赤碕高校の高塚人志先生をお招きする予定です。
高塚先生は、高校生と幼児・老人との触れ合いから「人との関わり方を学ぶ」
レク授業を実践され、鳥取大学医学部では医学生を対象とした講義にも取り
入れられるなど、全国的にも非常に注目されている先生です。

  日時:平成17年3月12日(土)14:00~16:00
  場所:医師会館(予定)
  定員:200名
     ※場所は変更となる場合があります。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●お知らせ

  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  □このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆