第179号 平成30年10月18日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


◆◇◆     福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆

               第179号 平成30年10月18日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。

  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。


■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


===================================


□ Index

 ● 最近の感染症情報

 ● 今月のトピック

   「子どもの包茎のほとんどは
         成長と共に解消されるので特別の処置は不要」

 ● おくすり一口メモ

   「メプチン(プロカテロール)について」

 ● 第70回 お手軽おやつレシピ!

   「もちもちドーナツ」

 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)


===================================


●最近の感染症情報


 現在、小児の間で流行している感染症を、感染頻度の高い疾患順に
お知らせします。

(1)感染性胃腸炎 ・・・・・ 横ばい

(2)溶連菌感染症 ・・・・・ 増加傾向

(3)RSウイルス感染症 ・・ 減少傾向

(4)手足口病院 ・・・・・・ 横ばい

(5)ヘルパンギーナ ・・・・ 減少傾向

(6)インフルエンザ ・・・・ 増加傾向

(7)咽頭結膜熱(プール熱)・ 増加傾向

(8)流行性角結膜炎 ・・・・ 減少傾向

(9)水痘(水ぼうそう)・・・ 増加傾向

(10)流行性耳下腺炎 ・・・ 減少傾向


 今年はすでにインフルエンザの患者数が増加傾向になっています。
 例年に比べて時期的に早いようです。

 ご存知のようにインフルエンザはインフルエンザウイルスを病原体とする
急性の呼吸器感染症で、毎年世界中で流行がみられています。毎年冬を中心
に多数の罹患者と高齢の超過死亡、乳幼児ではインフルエンザ脳症等の合併
症が見られています。

 数種の抗インフルエンザ薬が利用可能ではありますが、最も大切なのは未
然に予防することです。かかりつけ医にご相談の上、予防接種をできるだけ
早く受けて発症予防に努めましょう。

 流行時には、帰宅時の流水・石けんによる手洗いやうがいも大切な防衛策
です。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●今月のトピック

**********************************

  「子どもの包茎のほとんどは
          成長と共に解消されるので特別の処置は不要」

**********************************


   ~~「子どもの包茎」について~~


 Q 包茎とはどういうものですか。

 A 男の子のおちんちんは、皮膚(包皮)に包まれています。おしっこは、
   おちんちんの先端(包皮口)から出てきます。
   「包茎」とはおちんちんの先端の包皮口が狭いために包皮をむくこと
   ができない状態をいいます。
   生まれてきた赤ちゃんはみんな包茎です。包茎は年齢が上がるにした
   がって少なくなり、5歳の時点では約90%の男子が少しはむける状
   態になります。
   包茎のおちんちんをよく見ると、包皮の下に黄色い脂肪の塊のような
   ものが透けて見えることがあります。
   これは、あかの一種で「恥垢(ちこう)」といいます。これにより、
   自然と包皮と亀頭表面の分離が進み、むけやすくなります。成長と共
   に包皮がむけてくると自然に排出されるので特別な処置は必要ありま
   せん。


 Q 治療が必要ですか。

 A 一般的に、子どもの包茎はほとんどが治療を必要としません。医療機
   関の受診が必要なケースは3つあります。

   ①おちんちんに赤味や腫れがみられ、触らなくても痛かったり、おし
    っこのときに痛みを感じる場合、亀頭包皮炎が疑われます。抗生物
    質を飲んだり軟こうを塗って治療します。何度も繰り返す場合は、
    包茎の治療を考えます。

   ②おしっこをする時に、包皮におしっこがたまって先端が膨らんだり、
    おしっこが細くしか出ないような場合。

   ③5歳になっても、全くむけない場合。

   包茎に対して絶対にやってはいけないのは、包皮を引っ張って無理に
   むいてしまうことです。
   亀頭が狭い皮膚で締め付けられて血行障害を来たし、緊急治療が必要
   となります。
   包茎の治療は、最近では痛みを伴わない治療(ステロイド外用療法)
   が主体となってきました。
   合併症にも配慮が必要であり、小児外科での治療をお勧めします。
   子どもの包茎がいわゆる"病気"ではないことを認識して、大人の思
   惑によって健康な子どもを肉体的・精神的に傷つけることがないよう
   に心を配ることが大切です。

       リビングふくやま(平成30年9月22日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●おくすり一口メモ

**********************************

      「 メプチン(プロカテロール)について 」
                          福山市薬剤師会

**********************************


 神経を刺激して、気管支を拡げ呼吸を楽にし、咳を止めるくすりです。

 錠剤,顆粒剤,ドライシロップ,シロップや噴霧式のエアゾール,ネブラ
イザー等で吸入療法に用いる吸入液と年令や体重,症状に合わせやすいよう
に多くの剤形があります。

 ドライパウダーといって粉を吸い込む剤形もあります。気管支喘息,気管
支炎,上気道炎,肺気腫などの呼吸がくるしい症状の時に使われます。

 交感神経を刺激しますと心臓の働きも活発になり、脈が速くなり、動悸を
感じることもあります。まれに手足が振るえることもあります。

 しかし、もしそのような副作用が疑われる時でも勝手に中止しないで必ず
 医師、薬剤師にご相談ください。気管支喘息等は発作が重篤な場合、中止
のほうが危険なこともあります。

 また同じ成分(プロカテロール)で違った名前のくすり(ジェネリック⇒
エステルチン,エプカロール,カテプチン,カプテレノール,メチレフト)
もありますので同様な注意が必要です。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●第70回 お手軽おやつレシピ!

**********************************

             「 もちもちドーナツ 」

**********************************


 秋は芋や栗などが美味しい季節です。

 今回は、さつまいもを使ったもちもち食感のドーナツを紹介します。

 ほどよい甘さで、見た目も丸くて可愛いので、子ども達も大喜び!


★もちもちドーナツ★

<材料>

 さつまいも 300g

 砂糖     30g

 バター    20g

 牛乳    大さじ1

 片栗粉    50g

 揚げ油     適量


<作り方>

(1)さつまいもは皮をむいて1cm程度の輪切りにし、水にさらす。

(2)さつまいもの水気をきって鍋に入れ、ひたひたの水を注いで、やわら
   かくなるまで茹でる。

(3)ざるに(2)をあけて湯をきり、熱いうちにマッシャーなどでつぶす。
   砂糖、バター、牛乳を加えてよく練る。

(4)片栗粉を加え、手でよくこねる。
   べたつくようなら、少しずつ片栗粉(分量外)を加え、ひとまとめに
   する。

(5)20等分してひと口大に丸め、180℃に熱した油できつね色になる
   まで3~4分揚げる。


★★冷めてかたくなってしまったら、電子レンジで軽く温めればもちもちの
  食感が復活しますよ。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
  http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
  http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」
   http://www.med.or.jp/kids/


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 一般社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp/
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━