第182号 平成31年1月19日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


◆◇◆     福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆

               第182号 平成31年1月19日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。

  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。


■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■


===================================


□ Index

 ● 最近の感染症情報

 ● 今月のトピック

   「タバコ、コイン、ボタン電池などの誤飲が乳幼児に多発
    口に入りそうなものや興味を示すものは手の届かない所へ」

 ● おくすり一口メモ

   「おくすりの量について②」

 ● 第39回 季節のお料理レシピ!

   「かぶ」

 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)


===================================


●最近の感染症情報


 現在、小児の間で流行している感染症を、感染頻度の高い疾患順に
お知らせします。

(1)インフルエンザ

(2)感染性胃腸炎

(3)溶連菌感染症

(4)RSウイルス感染症

(5)水痘(水ぼうそう)

(6)咽頭結膜熱

(7)流行性角結膜炎

(8)流行性耳下腺炎(おたふく風邪)



 いずれの感染症も過去5年間の流行規模を下回っていますが、インフルエ
ンザは5年間の平均水準に近づいています。

 特に、インフルエンザは流行警報が1月17日に発令されました。昨年よ
りも3週間ほど遅い発令ではありますか、今猛威をふるっています。
 アレルギー等でインフルエンザワクチン接種不可以外の方は速やかにワク
チン接種をおすすめします。効果が現れるまで2週間程度かかります。

 この時期こそ、特にマスクの着用と手洗いが重要です。鼻だしマスク、あ
ごだしマスクはやめましょう。
 マスクの前面を触らないようにして、適切なマスクの着用と、手指衛生の
徹底を心がけましょう。

 接触感染もあるため、外出からの帰宅時には流水・石けんを使った手洗い
が大切です。

 飛沫がかかる距離で人と接触する時、人ごみにでる時等もマスクの着用を
励行しましょう。

 インフルエンザワクチンを接種している場合は、症状が軽い場合もありま
す。体調が悪いのに登校したり、出勤して周りに感染させる可能性もありま
す。軽症であっても症状が疑われる場合は、かかりつけの医師への受診をお
すすめします。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●今月のトピック

**********************************

  「タバコ、コイン、ボタン電池などの誤飲が乳幼児に多発
    口に入りそうなものや興味を示すものは手の届かない所へ」

**********************************


   ~~「乳幼児の誤飲」について~~


 Q どんなものをよく誤飲するのですか。

 A ハイハイを始めたばかりの赤ちゃんから、2、3歳までの幼児は目に
   するものすべてが珍しく、何でも口に入れてその性質を知ろうとしま
   す。このため、子どもが異物を飲み込んでしまう危険な事故が毎年多
   発しています。タバコ、コイン、ボタン電池などが多く、身の回りに
   あるさまざまなものを誤って飲み込んでしまっています。

   中には、家族が内服している医薬品を飲んでしまったという例もあり
   ます。


 Q 主な誤飲の特徴と処置について教えてください。

 A 誤飲事故の中で最も多発しているのが「タバコを飲んでしまった」と
   いうものです。

   タバコは食べにくく、大量に飲み込むことはほとんどありません。危
   険なのは吸殻を浸した水を飲むことで、このときは緊急に胃洗浄など
   の処置が必要です。タバコや吸い殻を浸した水を飲んだら、ただちに
   病院で診察を受けてください。ニコチン中毒の最も多い症状は吐き気
   と嘔吐(おうと)です。嘔吐は誤飲後1時間以内にみられます。通常
   医療機関で診察を受けて問題がなく、飲み込んだタバコの量が2㎝以
   下であれば特に処置を必要としません。

   次に「コインを飲んでしまった」というケースです。通常は2、3日
   で大便とともに排せつされますが、食道の途中にひっかかっている時
   は、食道の壁に穴が開くことがあるので、早めに取り出さなければい
   けません。

   「ボタン電池の誤飲」は、新しいアルカリ電池やリチウム電池は接触
   部位で放電し、食道や胃の粘膜を傷付けて穴を開けることがあるので
   至急病院へ行き、受診して取り出す必要があります。


 Q 誤飲事故防止の注意点を教えてください。

 A 乳幼児の口に入りそうなものや、興味を示しそうなものは、子どもの
   手の届かない所に片付ける手間を惜しまないようにしましょう。

   また、乳幼児はテーブルクロスを引っ張って卓上のものを落としたり、
   踏み台を使って片付けたものを手に取ろうとすることもあるので、注
   意が必要です。


      リビングふくやま(平成30年12月29日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●おくすり一口メモ

**********************************

     「 おくすりの量について② 」
                          福山市薬剤師会

**********************************


 前回おくすりの量の単位について記しましたが、今回は使う量のおはなし。

 小児へのおくすりの使う量を決める目安に年齢と体重があります。
 多くは体重を目安としますが、単純に体重で比較してはいけないおくすり
もあります。

 その時の基準のひとつに体表面積があります。
 1㎏あたり比率で 成人:6歳:12ヵ月では 1:1.5:1.7 と
 小児のほうが、体表面積比率が広くなります。

 また、くすりの必要量を測ってみると、同様に1㎏あたり比率で
 成人:6歳:12ヵ月では最大1:1.9:2.2となっています。

 したがって12ヵ月10㎏の赤ちゃんのおくすりを、6歳20㎏のお兄ち
ゃんに体重が2倍だからと2倍を使用した場合には多すぎる量になってしま
います。
 逆に60㎏の成人のおくすりを20㎏だから3分の1だと効果が期待でき
なくなります。

 あたりまえのことですが、医療用のおくすりは、その子供さん専用ですか
ら、兄弟姉妹でも兼用してはいけません。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●第39回 季節のお料理レシピ!

**********************************

             「 か ぶ 」

**********************************


 冬が旬の根菜類といえば、「かぶ」ですね。

 今回のレシピは、かぶを丸ごと使った栄養たっぷりスープです。

 朝食にもおすすめですよ。


★かぶのミルクスープ★

<材料(4人分>

 かぶ(葉つき) 3個

 ベーコン    2枚

 牛乳      2.5カップ 

 洋風スープの素(チキン・固形)1/4個

 サラダ油    小さじ1 

 塩       小さじ1/2

 こしょう    少々


<作り方>

(1)かぶは1㎝ほど茎を残して切り、皮をむいて8つに切る。
   葉は長さ3㎝に切る。
   ベーコンは幅1cmに切る。

(2)鍋にサラダ油を熱し、ベーコン・かぶ・かぶの葉の順に入れて炒める。
   全体に油が回ったら水1カップを加え、煮立ったら弱火にして蓋をし、
   5分煮る。

(3)竹串をかぶに刺して、すぐに通るくらいの軟らかさになったら、洋風
   スープの素と牛乳を加えて中火にする。
   温まったら塩・こしょうを加える。



★★かぶの栄養

 かぶは、根と葉で異なる栄養をもっています。
 葉も捨てずに丸ごといただきましょう!

 根:淡色野菜で、ビタミンCやカリウムが豊富

 葉:緑黄色野菜で、ビタミンCやビタミンA・Eが豊富



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
  http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
  http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」
   http://www.med.or.jp/kids/


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 一般社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp/
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━