第187号 令和元年6月18日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                 第187号 2019年6月18日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医などによる子育てや病気の説明、流行している
 疾患の情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
===================================
□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック
  「鼻詰まりは疲れやすさや集中力低下などの原因に。成長にも影響」
 ● おくすり一口メモ
  「マイコプラズマ肺炎」
 ● 第73回 お手軽おやつレシピ!
  「バナナとキウイと豆乳のジュース」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)
===================================

 ●最近の感染症情報

  現在、小児の間で流行している感染症を、感染頻度の高い疾患順にお知ら
 せします。
 
(1)感染性胃腸炎 ・・・・・ 横ばい
(2)溶連菌感染症 ・・・・・ 減少傾向
(3)手足口病 ・・・・・・・ 増加傾向
(4)咽頭結膜熱 ・・・・・・ 横ばい
(5)ヘルパンギーナ ・・・・ 増加傾向
(6)流行性耳下腺炎(おたふく風邪)・ 増加傾向
(7)RSウイルス感染症 ・・ 減少傾向
(8)水痘(水ぼうそう)・・・ 減少

※ 現在、広島県で「咽頭結膜熱」の流行警報が発令されています。特に、県北部と東広島市を中心とする西部東を中心に罹患者数が多い状況にあります。そして、あわせて「手足口病」と「ヘルパンギーナ」も増加傾向が認められ、例年同様の現象ですが、子どもの夏かぜの流行期に差し掛かっています。
  例年6月から8月にかけて三つの感染の流行ピークが相次いで迎えますので、特徴や注意点を確認して、事前の感染対策に備えましょう。
  まず、今回は「咽頭結膜熱」を取り上げます。咽頭結膜熱はアデノウイルスが原因で、プールの水を介してヒトからヒトへ流行が拡大することが多いため、プール熱とも呼ばれています。年間を通して発生しますが、6月下旬から夏にかけて流行します。
  潜伏期間は2~14日。のどの痛みを伴う咽頭炎、目の充血を伴う結膜炎、39℃前後の発熱が数日から1週間続くことから咽頭結膜熱という病名がついています。
  頭痛、食欲不振が3~7日続き、目やにや涙目が多くなり、しばしばまぶしがります。アデノウイルスに対する特効薬はありませんが、のどの痛みと結膜炎等に対して、かかりつけ医で対処療法を受けて、症状を和らげましょう。のどの痛みがあるため、のどごしのよいものを与えましょう。噛まずに飲み込める刺激の少ない食べ物が有利です。
  そして、感染を拡大されないために対策しましょう。咽頭結膜熱は咳やクシャミによる飛沫感染と目やにや唾液からの分泌物が感染源になるため、タオルの共用や手指を介した接触感染によって感染します。塩素消毒が不十分なプールに入ると感染する場合があります。しっかり流水と石鹸で手を洗いましょう。そしてマスクで飛沫感染を予防しましょう。
  また、感染を未然に防ぐための予防対策としても、これからの季節、プールでのタオルの共用を防いだり、手洗い、マスクの使用等は感染予防のためにも有利です。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=☆

●今月のトピック

**********************************************************************
「 鼻詰まりは疲れやすさや集中力低下などの原因に。成長にも影響 」
**********************************************************************

~~「鼻詰まり」について~~

 Q 子どもの鼻詰まりについて教えてください。
 A まず鼻から空気を吸って息をする鼻呼吸の重要性について話をします。鼻の粘膜は、空気中のごみや細菌をろ過して取り除き、適度に湿気を与えて温め、良い空気を取り込むことで呼吸を助けてくれます。においを感じる部位も鼻の粘膜にあります。
   鼻詰まりがあると困るのは、鼻呼吸が妨げられ、良い呼吸ができず、体が酸素不足になることです。酸素を使って体はエネルギーをつくるので、疲れやすい、だるいといった症状が出ます。脳が酸素不足で機能低下を起こすと集中力がなくなり、キレやすく、落ち着きがなくなったりします。睡眠中に口呼吸になり口が開くと、さらに喉が狭くなり呼吸がしにくくなります。すると酸素不足の刺激が脳に行き、深い睡眠を得られなくなります。成長ホルモンや抗利尿ホルモン(おしっこを出しにくくするホルモン)は睡眠中に多く分泌されるので、鼻詰まりが長引くと身長の伸びが悪くなったり、おねしょが治らなくなります。口呼吸ではごみや細菌の混じった空気が直接入るので、喉を痛めやすくなります。鼻詰まりでにおいが分かりにくくなると、風味障害にもなります。

 Q 原因は?
 A 鼻詰まりの原因で最も多いのは、風邪による急性鼻炎、鼻副鼻腔(くう)炎です。長期間続く場合は慢性副鼻腔炎(ちくのう症)、アレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲(わんきょく)症、アデノイド肥大などが原因になります。子どもの場合、異臭がする片側だけの鼻詰まりでは鼻の中に異物が入っていることがあります。

 Q 親が気を付けることはありますか。
 A 子どもは鼻詰まりを訴えられなかったり、慣れてしまうと、鼻詰まりを感じなくなってしまいます。いつも口を開けて息をしている、夜間のいびき、寝ているときに息が止まる、お乳の飲みが悪い、集中力がないなどの様子から、保護者が気付いてあげることが必要です。

       リビングふくやま(平成31年5月25日号)掲載記事より


☆-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●おくすり一口メモ

**********************************************************************
  「 マイコプラズマ肺炎 」     福山市薬剤師会
**********************************************************************

 病原微生物は極小で人の細胞の中で増殖するウイルスと皮膚、粘膜などで増殖する細菌などがありますが、マイコプラズマとは通常の細菌よりは小さいですが、細胞内で増殖するウイルスよりは大きな病原体です。感染してからの潜伏期間は2~3週間と長めで、幼稚園や小学校で流行りだした時には、すでに感染している場合があります。症状は風邪のようで熱と咳が主です。少し長引き肺炎となる場合もありますが、重症例は多くありません。治療薬として、通常のセフェム、ペニシリン系は効果がありませんが、マクロライド、テトラサイクリン、ニューキノロン系など有効な抗菌薬がありますので安心です。1984年1988年と4年おきに大流行したため「オリンピック熱」と呼ばれてましたが、現在は例年に、秋から春先にかけて流行が確認されています。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=☆

●第73回 お手軽おやつレシピ!

**********************************************************************
  「 バナナとキウイと豆乳のジュース 」
**********************************************************************

 今回は、果物と豆乳を使ったジュースをご紹介します。
 バナナやキウイなどの果物に含まれる糖質は、すばやくエネルギーにかわるので、朝食のドリンクとしてもおすすめです。

★バナナとキウイと豆乳のジュース★
<材料(4人分)>
 バナナ   2本
 キウイ   2個
 豆乳    400ml
 はちみつ  大さじ2~4(お好みで)
 ※1歳未満のお子さんには、はちみつの代わりに砂糖を使用してください。

<作り方>
(1)バナナとキウイは皮をむき、適当な大きさに切る。
(2)バナナ、キウイ、豆乳、はちみつをミキサーにかけ、なめらかになったら止める。
   お好みで水を加えて、濃さを調節してください。

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 
日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆
●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 一般社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp/
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

  ■配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ件名または本文へ
   「配信停止」として送信してください。
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━