第192号 令和元年11月14日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                 第192号 2019年11月14日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医などによる子育てや病気の説明、流行している
 疾患の情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
===================================
□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック
   「こんにちは赤ちゃん」
 ● おくすり一口メモ
   「"腸内細菌"と整腸剤」
 ● 第45回離乳食レシピ!
   「りんご」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)
===================================

 ●最近の感染症情報

   現在、小児の間で流行している感染症を、感染頻度の高い疾患順にお知ら
  せします。
 
  1.感染性胃腸炎 ・・・・・ 増加傾向
  2.インフルエンザ ・・・・ 横ばい
  3.溶連菌感染症 ・・・・・ 横ばい
  4.RSウイルス感染症 ・・ 横ばい
  5.手足口病 ・・・・・・・ 減少傾向
  6.咽頭結膜熱 ・・・・・・ 増加傾向
  7.水痘(水ぼうそう)・・・ 減少傾向
  8.ヘルパンギーナ ・・・・ 減少傾向
  9.伝染性紅斑 ・・・・・・ 増加傾向

 ※ 現在、小児の間で大きな流行をきたしている病気はありませんが、患者数が最も多い疾患は感染性胃腸炎です。感染性胃腸炎とは、ウイルス等をはじめとする微生物を原因とする胃腸炎の総称です。原因となるウイルスはノロウイルス、ロタウイルス、サポウイルス、アデノウイルス等があり、主な症状は、腹痛、下痢、嘔吐、発熱です。
   ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、毎年11月以降冬になると発生のピークを迎えます。
   ノロウイルスはヒトの腸管内に入るとウイルスの数が増加し、感染者の便や吐物には1gあたり100万から10億個の大量のウイルスが含まれます。
   その一方で100個以下という少量で人に感染し、感染力がとても強いことが特徴で、乳幼児から成人までどの年齢層でも感染が拡大します。
   感染すると1~2日で吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱等の症状がでます。症状の強さは個人差がありますが、通常3日以内に回復します。しかし、ウイルスは症状消失後でも一週間程度、長い場合は1ヵ月程感染者の便中にウイルスが排泄される場合があります。
   ノロウイルスに感染した人が十分に手を洗わず、ウイルスが手についたまま調理をすると、その食品を食べた人が感染します。
   また、ノロウイルスを含む便や嘔吐物を処理した後、手についたウイルスや不適切な処理で残ったウイルスが口から取り込まれ感染します。ときに、乳幼児や高齢者では、下痢等による脱水症状をきたすこともあるため、罹ったらかかりつけ医を受診しましょう。
   基本的な予防方法は「手洗い」です。特にトイレの後や嘔吐物を処理した時、また調理や食事の前には石鹸と流水で十分に手を洗いましょう。  

   インフルエンザワクチン接種はもうお済みですか?まだワクチンを接種されていない方、今この時期に済ませておくことをお勧めします。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=☆


●今月のトピック

**********************************************************************
  「 こんにちは赤ちゃん 」
**********************************************************************

  こんにちは赤ちゃん あなたの笑顔
  ・・・はじめまして わたしがママよ

 1960年代のベビーブームの頃の歌です。赤ちゃんが生まれた時の感動や喜びが伝わってきます。福山市では2013年以降年間出生数は4000人を下回りました。自然環境や生活環境も大きく変化しましたが、育児は昔も今もやりがいのある一大事業です。

【親子健康手帳】
  妊娠とわかったら親子健康手帳をもらいます。親子のため健康情報が網羅されているだけでなく、成長の記録、予防接種の記録などの個人的な情報も記載できるようになっています。これ一冊で親子がどのように歩んできたか振り返ることができるでしょう。

【むきぐせ】
  赤ちゃんを寝かせるときは仰向け寝にしましょう。乳幼児突然死症候群を防ぐためです。むきぐせにも気を付けたいものです。股関節脱臼(特に女の子)を予防し、将来の姿勢などへの影響を減らすため、頭の形をよく観察し、むきぐせがつかないようにします。

【生後2ヶ月から始まる予防接種】
  生後2ヶ月から予防接種が始まります。公費負担でできる定期接種も増え、重症の病気の予防ができるようになりました。ちょっとみると複雑と思われるかもしれませんが、かかりつけの小児科で予防接種を進めるための計画を立てましょう。

  あなたの育児を応援しています。

             文責:福山市医師会学校保健委員 池田紀和子


☆-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●おくすり一口メモ

**********************************************************************
  「 "腸内細菌"と整腸剤 」       福山市薬剤師会
**********************************************************************

 人間の腸内には100~3000種の細菌が生息していています。細菌と言えば「病原体」を連想してしまいますが、消化を助けたり、ビタミンを生成したり、病原体の侵入を防ぐに役立つ「善玉菌」が多くいます。下痢,軟便は消化吸収に関与している善玉腸内細菌の働きが弱くなって起きる事があります。そのような下痢に腸の働きを助ける善玉菌がくすりとして使われるます。整腸剤と言われ、「ビフィズス菌」(ラックビー,ビオフェルミンなど)「カゼイ菌」(ビオラクチス)「酪酸菌」(ミヤBM,ビオスリー)などです。
 ところが、病原体に感染した際に使われる抗生物質が善玉菌にも作用することがあり、そのために起きる下痢もあります。抗生物質と一緒に使われる抗生物質に負けない、特別な整腸薬があります。耐性乳酸菌(エンテロノンR,ビオフェルミンR,ラックビーRなど)で、これらは下痢,軟便がなくとも抗生物質を服用される場合予防的に予め処方されることがあります。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=☆


●第45回離乳食レシピ!

**********************************************************************
  「 りんご 」
**********************************************************************

 おなかの調子を整える働きのある「りんご」は、生でも煮ても美味しく、赤ちゃんも好きな食材ですね。今回は、りんごを使った離乳食をご紹介します。

★りんご風味のほうれん草ペースト(離乳食前期)★
<材料>
 ほうれん草(葉先) 1枚
 りんご           1/10個

<作り方>
 1.ほうれん草は軟らかく茹で、水にさらしてこまかく刻み、すり鉢ですりつぶす。
 2.りんごは皮をむき、種と芯を取り除いて、すりおろす。
 3.ボウルに"1"と"2"を入れて混ぜ合わせる。
   
★りんごのミルクポタージュ(離乳食中期)★ 
<材料>
 りんご        1/8個
 じゃがいも小     1/2個
 玉ねぎのみじん切り  大さじ3
 BFの野菜スープ   1/4カップ
 水          1/4カップ
 湯で溶いた粉ミルク  大さじ1

<作り方>
 1.じゃがいもは皮をむいて薄くいちょう切りし、さっと水洗いする。
 2.りんごは皮をむいて種と芯を取り除き、粗みじんに切る。
 3."1"と"2"、玉ねぎをBFの野菜スープと水で軟らかく煮て、すりつぶす。
 4.もう一度温めて湯で溶いた粉ミルクを加える。

★りんごとチーズのヨーグルトサラダ(離乳食後期)★ 
<材料>
 キャンディチーズ    2個
 キャベツ(葉先)    20g
 りんご(皮をむいたもの)10g
 プレーンヨーグルト   大さじ1

<作り方>
 1.キャベツは5mm大、りんごは5mm角に切る。チーズはあらみじんに切る。
 2.耐熱容器にキャベツと水(大さじ1)を入れ、ふんわりラップをして電子レンジ(500W)で1分半加熱する。りんごを加えて、再びふんわりとラップをし、さらに30秒加熱する。ペーパータオルで水気をきる。
 3."2"にチーズとプレーンヨーグルトを加えてあえる。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 
日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆
●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 一般社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp/
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

  ■配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ件名または本文へ
   「配信停止」として送信してください。
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━