第193号 令和元年12月11日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                 第193号 2019年12月11日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医などによる子育てや病気の説明、流行している
 疾患の情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
===================================
□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック
   「高年出産のメリット・デメリット」
 ● おくすり一口メモ
   「アスベリン(咳止め)について」
 ● 第14回イベントレシピ!
   「簡単パエリア」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)
===================================

●最近の感染症情報

  現在、小児の間で流行している感染症を、感染頻度の高い疾患順にお知ら
 せします。
 
 1.インフルエンザ ・・・・ 増加傾向
 2.感染性胃腸炎 ・・・・・ 増加傾向
 3.溶連菌感染症 ・・・・・ 減少傾向
 4.咽頭結膜熱 ・・・・・・ 増加傾向
 5.RSウイルス感染症 ・・ 増加傾向
 6.伝染性紅斑 ・・・・・・ 増加傾向
 7.手足口病 ・・・・・・・ 横ばい
 8.水痘(水ぼうそう)・・・ 増加傾向
 9.流行性耳下腺炎 ・・・・ 急増


※ インフルエンザの流行期に入りました。広島県内の流行疾患で最も患者発生数が多いのがインフルエンザです。流行注意報が11月22日発令されています。これから更に患者数が増加すると考えられます。

  感染症の伝搬経路は飛沫感染、接触感染、空気感染の3ルートです。この内インフルエンザは飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトに伝搬します。
  生活する中で、ドアノブや、バスや電車のつり革などに、インフルエンザを発症した人の鼻汁や唾液などの分泌物の手指が触れた場合に、インフルエンザウイルスが付着する可能性があります。そこに別の人が手など体の一部に触れることで、ウイルスが伝搬されます。例えばウイルスに付着した手で鼻や口に触れることによって接触感染が成立して、発症に至ることも少なくありません。
  また、飛沫感染もインフルエンザウイルスの伝搬に重要な感染経路ですが、インフルエンザに罹患した人が咳やクシャミをすることによってウイルスを含んだしぶきが飛び飛沫します。これを近くで吸い込んだ人に感染が成立します。人のクシャミや咳によるウイルスの飛沫は、基本的に飛散距離1m以内ですので、それ以上の距離を保つことによって飛沫感染を免れることができます。
  しかし、人ごみや部屋の中に同時に多数の人がいる環境などでは距離を遠ざけることができないため、飛沫感染が成立します。この飛沫感染を防ぐ有効な対策は、流行期に必要以上に人ごみに出ないことですが、何より有効なのは咳をしている人がマスクを着用することです。
  インフルエンザ予防として最も大切なのはインフルエンザワクチンの接種です。手指を介する感染を防ぐために外出後、食事の前などにはうがいと流水・石鹸を使った手洗いをしっかり行いましょう。もし発症した場合には咳をする人がマスクをして感染者を増やさないことが大切です。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=☆


●今月のトピック

**********************************************************************
  「 高年出産のメリット・デメリット 」
**********************************************************************

  全国的に出産年齢は年々上昇し、第1子出産年齢は30歳を超えました。
 35歳以上の分娩を世間では高齢出産と呼びますが、医学的には「高年出産」が正式名称です。一般的に高年出産には様々なリスクがあります。子宮筋腫・高血圧・糖尿病などの母体合併症、前置胎盤などの妊娠合併症、流産・胎児の染色体異常は母体年齢が上がることで、その発生率の増加が知られています。胎児の染色体異常はNIPT検査や羊水検査を受けることで診断可能です。
  母体合併症は妊娠前から定期検診を受け、適切な治療・管理を受けておくことが重要です。しかし、高年出産のメリットもあります。人生経験があるので、仕事などで培った忍耐力や柔軟性は育児では強みになると思われます。また、高年出産の児は身長が高く、学力も高く、健康であるとの結果が出ています。各人いろいろな事情がって、高年出産を迎えていると思われます。メリット・デメリットを認識して、分娩に臨んでいただきたいと考えます。

              文責:福山市医師会母子保健委員 山本 暖


☆-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●おくすり一口メモ

**********************************************************************
  「 アスベリン(咳止め)について 」    福山市薬剤師会
**********************************************************************

  脳内の咳中枢に作用して咳を止めるくすりです。錠剤,散剤,ドライシロップ,シロップと年令や体重,症状に合わせやすいように多くの剤形があります。かぜ,気管支炎,上気道炎,肺炎などで、痰などののどの異物を出す為の咳ですが、過剰だとのどや気管支が腫れてしまいます。副作用は少ないくすりですが、小児によく使われるのは「粉」のタイプで散剤(黄みがかった橙色)とドライシロップ(赤みがかった橙色)があり、見比べれば解りますが間違いやすい色です。しかも成分の濃度が5倍も違いますから決して同じ名前の粉だからといって他人のくすりを飲んではいけません。このくすりが尿を少し赤くすることがありますが、代謝物の色なので心配はありません。またアスワート,コフデニンAのような同じ成分(チペピジン)で違った名前のくすり(ジェネリック)もあります。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=☆


●第14回イベントレシピ!

**********************************************************************
  「 簡単パエリア 」
**********************************************************************


 今月は、子どもたちが楽しみにしているクリスマスですね。
 賑やかなクリスマスパーティにパエリアはいかがですか。フライパンで簡単に作れるので、クリスマスメニューおすすめです。

★簡単パエリア★
<材料(2人分)>
 エビ(有頭)     2尾
 玉ねぎ        1/4個
 パプリカ(赤)    1/4個
 さやいんげん     6本
 ウインナーソーセージ 2本  
 サフラン       ひとつまみ 
 固形コンソメの素   1個
 お湯         3カップ
 米          1合
 塩          少々
 こしょう       少々
 オリーブ油      大さじ1
 レモン        1/6個

<作り方>
 1.エビは背わたを取り除き、ヒゲと足をハサミで切る。 
 2.玉ねぎはみじん切り、パプリカは細切りにし、さやいんげんは適当な長
   さに切る。ウインナーソーセージは斜め半分に切る。
 3.コンソメの素は湯で溶いて、サフランを加えて色を出す。
 4.オリーブ油を入れたフライパンを熱し、中火で玉ねぎをしんなりするま
   で炒める。米を加えて透き通るまで炒め、"3"と塩・こしょうを加えて強火にし、沸騰させる。弱~中火にかける。(15~20分)
 5.10分経ったら、"1"と"2"を並べて蓋をする。残り1分で蓋を取り、強火にして水分をとばす。
 6.器に盛り、適当な大きさに切ったレモンを添える。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 
日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆
●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 一般社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp/
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

  ■配信停止をご希望の方は、下記メールアドレスへ件名または本文へ
   「配信停止」として送信してください。
    Mail: kosodate-owner@fmed.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━