第32号 平成18年2月10日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆  福山市医師会子育て支援メールマガジン  ◆◇◆
                  第32号 平成18年2月10日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■ 

===================================
 □ Index
  ● 最近の感染症情報
  ● 今月のトピック 「子どもと脱水症について」
  ● お薬一口メモ  「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」
  ● 第2回 季節のお料理レシピ!「ぶりのトマトグラタン」
  ● ママ・パパへ
  ● 子育て支援事業のご紹介
  ● お知らせ
===================================

●最近の感染症情報

 広島県内では1月下旬にインフルエンザの流行警報が発令されました。
 今年は去年に比べA型インフルエンザの流行が早くに始まり、多数の子ど
も達が感染しております。福山市内では感染者が一時期減少した印象もあり
ますが、学級閉鎖となっている学校もあり、広島市内、東広島市内、広島県
北地域では現在も多くの子ども達が感染しております。インフルエンザの流
行は現在もまだ増加傾向にあるようですので、人ごみの中ではマスクを着用
し、外出後の手洗い・うがいを引き続き励行して下さい。

 昨年秋から流行しているRSウイルスによる細気管支炎は減少傾向にあり
ますが、前号でもお知らせしたように、乳児(1歳未満の赤ちゃん)がRS
ウイルスに感染すると、風邪の症状から後に喘鳴や呼吸困難をおこし、細気
管支炎に罹患する場合もありますので、乳児のいるご家庭では特に注意して
下さい。

 その他では、ロタウイルスによる感染性胃腸炎の流行が続いており、水痘
も福山市内では増加傾向にあります。
 また、広島県では溶連菌感染症の発症者が多く、現在も増加傾向にありま
す。この感染症は合併症として腎炎を発症するケースもみられます。感染し
た場合、抗生物質を10〜14日内服して咽頭の溶連菌を根絶する必要があ
りますので、かかりつけの医療機関などで十分に加療してください。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●今月のトピック

**********************************************************************
         「 子どもと脱水症について 」
**********************************************************************

  ― ウイルス感染症での嘔吐や下痢、発熱による脱水は
      安静、保温、食事に気を付けて予防しましょう ―

今回は「子供と脱水症」についてお話します。
「冬から春にかけて、ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎やイ
ンフルエンザが流行します。主な症状は嘔吐(おうと)や下痢、発熱ですが、
そのため脱水に陥りやすくなります」


子供は大人に比べてひどいように思いますが。

「子供は体重あたりの1日水分量が多いこと、腎臓の働きが大人ほどでない
ことなどがその理由で、乳児ほど脱水症を起こしやすいのです」


脱水症とはどんな状態を言うのですか。

「元気がなくなる、尿量減少、舌や口の乾燥、四肢冷感、皮膚の弾力の低下、
食欲減少などで、重症になると、意識障害やけいれんが見られます。
このような症状が強くなれば、入院などによる点滴が必要です」


家庭での注意点は?

「①安静 ②保温 ③食事。この3つですが、特に水分補給が必要。
もし、高熱が出た場合は、2、3時間ごとにお茶や経口補液飲料(アクアサ
ーナ、アクアライトなど)を飲ませます。 嘔吐の場合は吐き気が鎮まるの
を1、2時間待って飲ませます。吐き気止めの薬があれば使用しましょう。
下痢のときは、野菜スープ、みそ汁で十分な水分と塩分の補給を。峠を越え
たら元気なときの食事に戻して構いません。
水分補給は必要ですが市販のスポーツドリンクは電解質濃度が低く、不適格
です」 

            リビングふくやま(1月28日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お薬一口メモ

**********************************************************************
  「 ジェネリック医薬品(後発医薬品) 」    福山市薬剤師会
**********************************************************************

 いまTVのコマーシャルで高橋英樹や加山雄三などの有名俳優が出てきて
盛んに「ジェネリック医薬品」と言っています。

ジェネリック医薬品とは何でしょうか?

 世界的に優秀な技術・開発を保護推進するために「特許制度」があります
が、いつまでも「独占」されると資源・経済的に不利益が生じることとなり
ます。従って「特許」は認められても一定期間後に消滅することとなり、特
許期間が過ぎた良い商品や技術は様々な形で自由に活用できることとなりま
す。医薬品においてもこれを活用し、各製薬企業が順次特許期間を過ぎた医
薬品を製造し、発売してきております。業界用語では、「先発医薬品」「後
発医薬品」などという言葉を使っていましたが、この「後発医薬品が」が今
「ジェネリック医薬品」と表現され、開発費用が必要なくなることにより
「低価格」が実現できたものです。

 しかしながら「医薬品の有効成分」は全く同じではありますが、その製造
工程や使用される添加物等に多少の相違があるようです。小児のくすりは一
般的に微量であるため、その相違が効果に影響を及ぼすことが少なくありま
せん。選択肢としては広がっていますが「なにがなんでも安く」とはいかな
いこともご承知おきください。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●季節のお料理レシピ!

**********************************************************************
       「 第2回  ぶりのトマトグラタン 」
**********************************************************************

冬のこの寒い時期においしい魚は、やはり「ぶり」!

 ぶりは、名前が変わっていく俗に言う出世魚。(わかなご→いなだ→はま
ち→ぶり)脳の働きをよくするDHA(ドコサヘキサエン酸)、血液の流れ
をよくするEPA(エイコサオエンタエン酸)を多く含んでいます。子供た
ちにはもちろんですが、少しコレステロールが高めのお父さん達にも食べさ
せてあげたい魚です。
 刺身や照り焼きは定番ですが、今回は子供たちの好きなトマト味のお料理
をご紹介します。


≪魚の選び方(切り身の場合)≫ 

①透明感のあるもの。
 身と血合、身と皮の境目がはっきりしているものがよい。
②弾力があり、皮がしっかりしているもの。
③赤身の場合、赤身がきれいで、切り口が油っぽくないもの。


<ぶりのトマトグラタン>

● 材 料 ●
 ぶりの切り身        1切 
 小麦粉        大さじ1杯 
 塩・こしょう        少々

<トマトソース の材料>
 玉ねぎ         1/4個 
 にんじん         2cm 
 ピーマン          1個 
 トマトジュース(無塩) 200cc 
 小麦粉大さじ        1杯
 塩・こしょう        適量
 溶けるチーズ        適量
 グリンピース      大さじ1


― 作り方 ―

①トマトソースの材料はすべてみじん切りにし、小麦粉をふり、少しとろみ
 が出るまで炒める。
②①にトマトジュースを加える。水分を蒸発させ、量が1/2なるまで煮詰
 める。塩・こしょうで少し薄めに味をつける。
③ぶりの切り身に塩・こしょう・小麦粉を少々ふり両面を焼く。
④③を耐熱皿に入れ、その上にトマトソースをかける。チーズをのせてオー
 ブンで焦げ目がつくまで焼く。
⑤④にグリンピースをかけて出来上がり。

☆ ワンポイント ☆
 トマトソースは多め目に作って小分けにし、冷凍しておくと便利です。
ひき肉を入れると、ミートソースになりますし、その他にもハンバーグの
ソースやオムライスの具にも使えます。

※次回のお料理レシピは5月の予定です。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●ママ・パパへ

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」
    ⇒ http://www.med.or.jp/kids/

 このホームページでは、お医者さんのこと、病気のこと、育児のこと、お
菓子づくりのことなどを、マスコットの「にっちー」がご案内します。

− − ☆ ★ PICK UP ★ ☆ − −

◇ドクターフェネックのメールチェック!
    ⇒http://www.med.or.jp/kids/fenec/index.html

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●子育て支援事業のご紹介

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所(年中無休)

 福山市医師会では午後7時〜11時まで年中無休で夜間における子供さん
の急病(内科的疾患)診療を行っております。
 健康保険証等ご持参の上、ご来院ください。

◇詳細は下記URLへ
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

◇福山夜間小児診療所出務医当番表(2月)
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/syouni_touban.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)

 妊娠中のこと、赤ちゃんの健康や育児についてなどの疑問や心配のある方
に安心して子育てをしていただくため、産婦人科医師、小児科医師、看護師、
市町村保健師が協力して育児をサポートします。
 詳しくはお住まいの市町村へお問い合わせください。

◇詳細は下記URLへ
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  □このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━