第49号 平成19年7月10日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                  第49号 平成19年7月10日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■ 
===================================
□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック 「夏に多い子どもの病気」
 ● おくすり一口メモ 「喘息に使われるおくすりについて(1)」
 ● 第1回ホームケアレシピ!「りんごがゆ、いちごくず湯」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)
 ● お知らせ 
===================================

●最近の感染症情報

毎年、夏になると子どもたちに流行する夏風邪が増加してきています。

咽頭結膜熱(プール熱)は、高熱と咽頭炎や結膜炎などを症状とするアデノウ
イルスによる急性感染症です。プールの水を介して流行することがあるため「
プール熱」とも呼ばれます。学校等でプールも始まり、これから更に流行する
可能性がありますので、予防としてプールから上がったらよく目を洗い、他の
人とのタオルの共用はしないようにしましょう。
 また、高熱が2?3日続いて口内疹を伴うヘルパンギーナや、手足に水泡が
出現する手足口病も増加してきていますのでご注意ください。

 ⇒詳しくは、今月のトピック「夏に多い子どもの病気」をご覧ください。

その他には、O157による出血性腸炎が散発的に発生しています。これから
の季節は食中毒の発生しやすい時期となりますので以下の予防を心がけて注意
しましょう。

【家庭でできる食中毒予防ポイント】
①手洗い(特に調理前、食事前、用便後)
②調理は十分過熱する。
③まな板・包丁・食器は熱湯等で十分消毒する(まな板等は熱湯をかける事で
 有効)。
④下痢等の症状がある時は入浴に注意し、できれば最後に入るかシャワーで済
 ませるようにする。また、下痢便で汚染された衣類、寝具、おむつは消毒液
 で十分消毒する。
⑤過労を避け、体調を整える。
☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●	今月のトピック

**********************************************************************
           「 夏に多い子どもの病気 」
**********************************************************************
― プール熱、手足口病、ヘルパンギーナなど夏に多い子供の病気 ―

梅雨が明けると夏本番。夏に多い子どもの病気についてお話します。

Q どんな病気がありますか?
A プール熱をはじめ、手足口病、ヘルパンギーナなどがあります。どれもウ
  イルス感染による病気です。

Q 症状は?
A プール熱は、高熱が出て、のどが赤く腫れて痛み、白目やまぶたの裏が赤
  くなって、目やにが出ます。高熱が1週間くらい続くこともあります。主
  な症状が消えて2日後まで出席停止です。
  手足口病は、手のひら、足の裏、口の中に赤い発疹(ほっしん)や米粒大
  の水泡ができます。ひざやお尻にできることもあります。まれに髄(ずい
  )膜炎や脳炎の合併があります。発熱のほかに、頭痛・嘔吐(おうと)が
  あれば、もう一度受診を。
  ヘルパンギーナは、高熱が出ます。のどを痛がることもあります。のどの
  奥のほうが赤くなり、小さな水泡ができたり、かいようが見られます。

Q 治療法は?
A いずれも特効薬はなく、対症療法(症状をやわらげる治療)しかありませ
  ん。のどに痛みがあると食欲が落ちるので、軟らかくてのどごしの良い食
  べ物を。水分もしっかり取るようにしましょう。

Q 夏場になると、皮膚病も気になります
A とびひは、抗生物質の飲み薬や塗り薬で対応します。虫刺されやあせもの
  部分をかいていると、その傷からばい菌が入ってとびひになるので、シャ
  ワーで清潔にしたり、虫刺されにはかゆみ止めを塗るなどしてかきむしら
  ないように。
  水いぼは、いぼの数が少ないうちに取るのが一番です。数が多いと、それ
  だけ感染源が多いということ。取るのは痛いので子供は嫌がります。数が
  少ないうちに対処しましょう。
  このほか、「溶連菌感染症」「マイコプラズマ肺炎」が流行しています。
  マイコプラズマ肺炎は長引くせきが特徴。年齢を問わずかかりますので、
  注意が必要です。
             リビングふくやま(6月30日号)掲載記事より

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●おくすり一口メモ

**********************************************************************
  「 喘息に使われるおくすりについて(1) 」    福山市薬剤師会
**********************************************************************

喘息に使われるおくすりは大きく分けて5種類ありますが、今号は「気管支を
拡げる」作用のおくすりをご紹介します。

喘息の発作は気管支が細くなって起こるため、気管支を拡げる神経を刺激する
作用のおくすりがよく使われます。このおくすりは、風邪や気管支炎等で呼吸
が苦しい時にも使われることがあります。
「気管支を拡げる」作用のおくすりといえば、内服のメプチンやベネドリン等
がありますが、その他にも吸入用のものや、貼るタイプのホクナリンテープ等
もよく使われます。
また、気管支に直接作用して拡げるタイプのテオドールという内服薬が使われ
ることもあります。
メプチンやベネドリンでは、まれに副作用で心臓がドキドキしたり、手が振る
えたりすることがありますが、量を減らしたり中止することによって改善しま
す。
また、テオドールでは吐気・嘔吐がみられたり、けいれんを起こしやすくなっ
たりすることがあります。特に発熱時には減量したり、中止しておく必要があ
ります。

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●第1回 ホームケアレシピ!
 **********************************************************************
        「 りんごがゆ と いちごくず湯 」
********************************************************************** 

雨の日が続いたり、青空の日があったりと、梅雨のシーズンは日によって気温
差があるので、子どもが体調を崩しやすい時でもあります。また、冷たい飲料
等でおなかをこわすこともありますね。
今回は、子どもが下痢ぎみの時に食べさせてあげたいメニューを紹介します。

【下痢の時のポイント】
①水分補給をしっかりと
下痢が続くと、水分を急激に失い、脱水症になる恐れがあります。湯冷ましや
お茶等でこまめに水分補給をしましょう。
②でんぷん質中心の食事を
食欲があるようであれば、おかゆやジャガイモ等の便が固まりやすくて消化吸
収よいでんぷん質中心の食事にしましょう。
③ペクチンがおすすめ
りんごや人参に多く含まれるペクチンは、でんぷん質の食事と組み合わせると
、下痢に効果的です。りんごや人参をすりおろして利用するとペクチンの効果
が高くなるそうです。

★りんごがゆ(1人分)
【材料】
ご飯   茶碗1/2杯
りんご  1/2個
【作り方】
①小鍋にご飯と水2カップを入れて火にかけ、沸騰したら底からかき混ぜる。
②蓋に箸1本をかませて、ふきこぼれを防ぎながら、ご飯がとろりとなるまで
 弱火で煮る。
③りんごは皮と芯を除き、すりおろして①に加え、ひと煮して火を止め、少し
 蒸らせば完成です。

♪ワンポイント
多めに作って冷凍保存しても良いでしょう。

★いちごくず湯(1人分)
【材料】
くず粉     大さじ1
砂糖      大さじ1/2
いちごジャム  大さじ1
【作り方】
①鍋にくず粉を入れ、水を少しずつ加えて混ぜながら少しおく。かたまりがな
 くなるように混ぜ、砂糖を加えて中火にかける。
②たえず混ぜながら、火を通し、鍋の周辺が少し泡立ったら火を弱める。くず
 の色が乳白色から、透明になったら火を止める。
③器に移し、いちごジャムをのせて出来上がり!

♪ワンポイント
ジャムは好みのものでOK。少し加えるだけでお子さんも飲みやすい味になり
ますよ。

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

☆	★ PICK UP ★ ☆
1・2・3ひろば!おもしろクッキング「まろやか!ガスパチョ」
http://www.med.or.jp/kids/seika/cooking/cook31/kc0707-2.html

☆-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  □このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━